メインメニュー
このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
検索

ブログ - 信を万事の本と為す(その10)

信を万事の本と為す(その10)

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
栃木坐禅会 2020/2/13 10:45
信を万事の本と為す(その10
おわりに
 いま古い仏教から脱皮を目指せという人もいますが、本物は変わらないもので
す。その変わらないものが世界に誇る日本文化を育ててきたのであります。「信
を万事の本と為す」私共はその変わらないもの、宇宙の大生命、万古不易の真理
 - 62 -
を体達し、現代の危機を救い得る宗教として骨を折らねばなりません。今世界は
米中の貿易戦争、北朝鮮の核問題、英国のEU離脱、南米ベネズエラやアフリカ
の政変、中国の台湾問題、日露の平和条約、貧富格差の急拡大、難民問題など、
問題は山積しております。国内においても消費税増税や参議院選挙と環境は厳し
く正念場を迎えています。
 人間禅の使命は洵に重大であります。
私共は歴代の祖師方に学び、国難を乗り切ってきた英傑に学び、日本の歴史
を学びまことの道を研鑽することにあります。国家百年の計は本物人間をつくる
ことです。「名を残さず行を残せ」。在家禅人間禅が主流になる時代は必ず来ると
確信しています。世界の人々にこの「信を万事の本と為す」ことを示し、この
「まこと」を礎として修行する楽しさを変革する現代人に合わせた布教を工夫し、
力の限り頑張ろうではありませんか!
 今晩はこれで終わらせていただきます。

合掌
(令和元年51 126回本部摂心会での法話)
         『禅』65号 「信を万事の本と為す」了空庵老師の法話より転載

トラックバック

トラックバックpingアドレス https://www.ningenzen.jp/tochigi/modules/d3blog/tb.php/2506