メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2018 8月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
房総坐禅道場
房総支部 房総坐禅道場

〒284-0032
  四街道市吉岡1010

お問い合わせは⇒こちら




このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
検索

房総ブログ - 20180827のエントリ

有楽流茶道部 大丸盆乱置真

カテゴリ : 
ブログ » 静坐会・行事
執筆 : 
惟然 2018/8/27 23:50
今日(26日)は8月最後の日曜日。
例年ならば、木陰を流れる風に秋の気配を感じる頃ですが30度は優に超えているでしょう『異常』としか言いようのない暑さです。
 
いつも早く来て準備して下さっていたYさんが都合で欠席ということで替わって準備しました。
暑さのせいでか、花も軸も完全に忘れてしまっており急ぎ取り繕った始末でした。
 
参加の生徒は2名、新しい方の入室はなくチョット寂しい感ではありましたが、会員が5名と裏千家のオブザーバがお客様として入室して盛り上げて下さいました。
 
先ずお客様に冷茶を差し上げて何時もの稽古に入りました。
生徒が2名でしたので『大丸盆乱置真』の稽古を先輩は一度、私は二度やらせていただきました。
 
稽古の間に裏千家オブザーバーが『行の行(乱荘り)』という奥秘伝のお点前を披露して下さいました。
お手前の違いはともかく、立ち振る舞いの所作の重厚さにはいたく感服致しました。
あのようになりたいものでございます。
 
軸は、耕雲庵老大師筆の『好児不使爺銭』でした。
入室のMさんが、座禅修行上の観点から解説を加えてくださいました。
芸道上からは『守・破・離』の“離”の世界のことかと思いましたが、“守”が精一杯の段階では何をか言わんやでした。
 
お菓子は何時もどおり先生ご持参の「ご息女様お土産のキャラメル最中」と「富士の羊羹」でした。
「キャラメル最中」は写真に撮るタイミングを失してしまったので画像はありません。
 
花は道場山内からの「ギボウシ」を先輩が活けてくださいました。
手元が狂ってピンボケになってしまいましたのでこれも画像はありません。ゴメンナサイ。
 
9月の稽古は16日です。多くのご参加をお願いします。
 
合掌 元禮 拝
Copyright © 2013 人間禅 房総坐禅道場 (Powered by ImpressCMS)