メインメニュー
このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
検索

ブログ - 講演会「禅のある生活」を拝聴して

講演会「禅のある生活」を拝聴して

カテゴリ : 
ブログ » 日常
執筆 : 
横浜座禅会 2020/1/7 23:01
人間禅に入会して1年半の翠玉と申します。

「座禅を継続したことで、決断が早くなったと思います・・・結局、どちらを選んでも同じなんです。もし選んだ側で苦労することがあっても、それも修行と楽しめばいい。」

これは、昨年12月に行われた、千城台クリニック 光永伸一郎院長の講演会「禅のある生活」の中で、私が特に印象に残った一節です。座禅歴30年の光永先生が、私のように座禅を始めて間もない人にも分かる言葉で、丁寧にお話ししてくださいました。


1.座禅を続けることで、自分の中の不要なものを捨てていった結果、研ぎ澄まされて、決断も早くなる。

座禅を始めて2年の私ですが、日常生活で少しだけ実感するところがあります。例えば、日々の食材の買い物に迷いが無くなりました。料理の不得意な私が、簡単な食事を作るために、お決まりの食材を短時間で買うようになっただけと言えばそれまでですが。以前の私は、不得意を克服しなければならないと、残業で疲れていても無理をして作っていました。不得意だから時間もかかり、他の事をする時間が無くなる・・。
私にとって不要なものは、料理ではなく、頭でっかちに無理をしていたことでした。

2.選んだ先に苦労があっても楽しめばいい。

残業後の料理は有意義ではないので やめましたが、仕事はそうもいきません。
昨年、自分が関わっていない業務の改善指示を受けました。全体最適を考えて選択した提案でしたが、実際に進めていくと、関係者の協力を思うように得られず、投げ出したい気持ちに駆られました。今振り返ると、その時の私は 問題や当事者と一体になることが出来ず、楽しむには程遠かったのだと分かります。

光永先生の講演を拝聴して、これからはうまくいかないときも、力まず、目の前のことに心を尽くそうと思いました。少しずつでも変わっていきたいです。



トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.ningenzen.jp/yokohama/modules/d3blog/tb.php/77