メインメニュー
このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
検索

ブログ - 人間って何? by Can徹

人間って何? by Can徹

カテゴリ : 
ブログ » 人生
執筆 : 
Kakuken 2018/1/18 22:45
北欧バルト海周辺が物騒だ、とニュースがありましたが、皆様、いかがお座りですか。各国の指導者、政治家さんたち、まあ、座れ、ですな。
ところで、八王子ではCan徹さんに会えましたでしょうか。
久々、Can徹さんにメールをいただきましたので、ご紹介します。
もちろん3つの写真も巨匠Can徹さんからイタダキマシタ。

人間って何?
これは、ロボット工学で有名な石黒浩先生の言葉です。
小生、今から10年ほど前に、NHKのテレビで、『知るを楽しむ』というシリーズの、『ロボット未来世紀』を興味深く見ました。その番組に、石黒先生が出演していました。
そして、今年1月、テレビで、久しぶりに先生の講義を聞かせてもらいました。
石黒先生は、大阪大学 基礎工学科の教授です。
先生の研究目標は、“人間とは何か?”を追求し、“人間らしいロボットを制作する”ことだそうです。
先生は、子供時代、ご両親に、『人の気持ちを考えなさい!』とよく叱られたそうです。
“人とは何だろう?”、“人の気持ちとは一体何だろう?”、“心とは何だろう?”と疑問を持つようになり、結局、“大人も、その問題に対して全くわかっていない!”と思ったそうです。
高校時代になり、“人間に価値があるのか?”、“価値を探すために生きるのが人間の生き方ではないのか?”と考えるようになったそうです。
【存在とは何か?】、【人間の価値とは何か?】、【アイデンティティーとは?】と考えるようになって、現在、『ロボットは人間を映す鏡である。』と結論付けたそうです。
 
実際、先生とそっくりのアンドロイドを制作し、南米での講演を代行させたところ、聴衆はその講義に大いに感銘したそうです。アンドロイドが人間の代わりになるという具体的な実例です。
同様に、落語家の桂米朝のアンドロイドを制作し、高座で落語を披露させたところ、観客に大いに受けたそうです。まさに、亡くなった桂米朝さんをアンドロイドで生き返らせたのです。現在、夏目漱石のアンドロイドを制作しているそうです。
冬の赤い情熱
さらに、未来について語られました。
人に『生身』の体は必要ない。生身の体は人間の定義に必要ない。
100年以内に、脳はコンピューターに置き換わる。
そして、コンピューターがコンピューターを作っていく。
1000年後の未来の人間はどのように進化するのか?と自問自答しています。
人間は、有機体から無機物知的生命体になる。なぜなら、有機体はこの地球の環境変動についていけない。それに比較して、無機体の人間は環境変動に対しても全く問題ない、肉体の制約から解放される、と結論づけています。
雄大な青雲
さて、小生思うのですが、禅は、人間の『心』、『五欲』(五欲とは、食欲・睡眠欲・性欲・金銭欲・名誉欲)について、実践的に追求していく修行です。まさに、般若心経で云う『色 即 是空 空 即 是色』、『五蘊皆空』の世界をワガモノにする修行です。
はたしてコンピューターに入力できるのでしょうか? いつの日か石黒先生にお聞きしたいと思っています。 お互い、人間とは何でしょうか? 一緒に坐禅をしてみませんか。


いかがでしたか?人間の定義を議題にドン、と掲げるなんて、大胆ですね。一番身近な人間は、自分自身。見せかけではない本当の自分を、ガッチリつかまえる事が出来たら!答えに近づくかも。さあ、各地(川崎、関内野毛、大和、茅ヶ崎)の座禅会で、我々と大胆に座っちゃいましょう。

 

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.ningenzen.jp/yokohama/modules/d3blog/tb.php/50