人身得ること難し(2)

 私は、坐禅の修行をやりながら、色々の人の経歴なり、境涯というものを見ておりますが、どうしても本当の自分を取り戻すということのためには、ある大きな壁ー近代的な表現ですと、限界状況ーというものに当って本当にそれを命がけて越えていくという、作業を続けていかなければ、ほんものにはならない、そう思います。
 外から与えられたもの、知識として持つのとは違って、本当に自分で命がけで取り組み゛これでいいんだ。これがほんものなんだ゛ということを、自分自身に納得させることができるというのは、やはり大きな壁にぶつかって、苦心しながらそれを突き破ることによって以外はできません。そうしないと、本当の自分というものが甦って来ないのです。
 つまり、大きな平坦な道ではなくて、非常に厳しい状況の中にそれを耐えながら、そういうものを突き破っていくという過程を通じて、己の殻が破れ、本当の己れ自身というものが甦ってくると思うのです。そういうことを経ない人は、却って非常に不幸で、結局は自分というものを本当の意味で取り戻し、本当の自由を体験することはできない。
 坐禅ということは、そういう自己を殺すことを積極的に身に引き受けて、それを敢行してゆく道です。
rand=714508559
プリンタ用画面
前
人身得ること難し(1)
カテゴリートップ
人身得ること難し 磨甎庵白田劫石老師
次
人身得ること難し(3)