入堂

トップ  >  擇木道場での作法  >  入堂
坐禅会は場所によって、細かいところで少しづつ作法が違います。
このページでは擇木道場での作法について説明します。

入堂

1.坐禅開始の「5分前」には入堂するようにします。

2.禅堂に入ったときから修行だと考えます。

 禅堂を歩くときは、「 叉手当胸 ( さしゅとうきょう) 胸の上に右手を上にして、両掌を重ね、両手の親指を他の指から離し合わせる」をします(手をぶらぶらさせて歩かないこと)。

  

3.入堂
 二階の座具置き場から、座蒲団を必要な枚数(2~4枚)取り、脇にかかえ、禅堂の後方、畳2畳(ここが出入り口と考えている)から、堂内に入ります。

 あいている所まで進み、自分の坐ろうと思う位置まで来たら、「文殊菩薩(もんじゅぼさつ)」の掛け軸の正面に向かって立ち、「問訊(もんじん) 合掌しながら低頭する」します。

 どこに坐ればいいかですが、直日(坐禅会の責任者)など役位の方が前方、聖持(出入りを取り締まる人)が後方に坐るので、そこ以外なら自由です(ありていに言えば早い者勝ちw)。

 摂心会の時などイベントの時は役位の方が坐る位置が決まっている為、そこは避けるのですがわからない時は聞いて下さい。

問訊後、自分の座布団で坐るところを設けて、坐します。
プリンタ用画面
カテゴリートップ
擇木道場での作法
次
警策を受ける時