坐禅と数息観の仕方⑤ 左右揺振(さゆうようしん)

トップ  >  坐禅の仕方  >  坐禅と数息観の仕方⑤ 左右揺振(さゆうようしん)
⑤左右揺振(さゆうようしん)

坐っている姿(坐相)が、美しーく 、安定するように身体を揺らして身体の位置を整えます。
お尻は動かさないで、
腰から上だけを、ゆっくり左右に倒して、
だんだん揺れを小さくして、身体がしっくりくる位置で動きをとめます。
今度は前かがみになって、座布団の前半分に体重をかけてから、腰をたてるように徐々に起き上がって安定する位置を決めます。




右ーーーーakn



左ーーーーaknakn
プリンタ用画面
前
坐禅と数息観の仕方④ 手を組む
カテゴリートップ
坐禅の仕方
次
坐禅と数息観の仕方⑥ 目線