坐禅と数息観の仕方③ 姿勢を整える(調身)

トップ  >  坐禅の仕方  >  坐禅と数息観の仕方③ 姿勢を整える(調身)
③姿勢を整える

①で、座布団を2つ折りにして重ねました。なんでこんなことをするのかというと、、
試しに、床でそのままあぐらをくんでみてください。

どうしたって、前かがみになっちゃうでしょ?ガクリガクリ

お尻よりも膝が高くなると、前かがみになっちゃうのです。だから、折った座布団の上に坐ることで、膝よりもお尻が高くなるようにするのです。

膝よりお尻が7~8cm持ち上がる状態がベスト 横から見てみまひょう




ここで注意

両膝は確実に床につけるようにしましょう。
両膝とお尻の3点で体重を支えます。
そして、あごをひいて、姿勢よく。

頭のてっぺんを天から引っ張りあげられるようなイメージで。
二等辺三角形を描くように坐るのがポイント。

背中のラインを整えたら、下腹を意識しながら、口と鼻から息をゆっくり吐き出して、肩や背中など上体の力みを抜いてください。

姿勢を保つのに必要な力だけ残して、後はできるだけゆったりと。
富士山 をイメージして、どっしりゆったりした姿勢で坐りまひょー。
プリンタ用画面
前
坐禅と数息観の仕方② 足を組む
カテゴリートップ
坐禅の仕方
次
坐禅と数息観の仕方④ 手を組む