出堂

トップ  >  擇木道場での作法  >  出堂
坐禅が終わって、退出するときは、入堂の逆の要領になります。

 静かに坐を解き、一礼して坐具を胸の前に抱え、掛け軸に問訊して、禅堂の後方より退出します。

 座布団は坐具置場に返しますが、その際、ファスナーは向こう側にすることが作法です。
プリンタ用画面
前
途中入出堂
カテゴリートップ
擇木道場での作法
次
禅堂での注意