コンテンツマネジメントシステム(CMS)とは?

トップ  >  ImpressCMSとは?  >  コンテンツマネジメントシステム(CMS)とは?
ホームページを作るには以下の通り、いくつかの方法があります。

方法1.ホームページビルダーやDreamweaverのような専用ソフトを使って、html言語でファイルを作成します。できたデータをサーバに転送すればホームページが表示されます。

 以前はこの方法しかなかったので、古くからホームページを作っていたところや、ホームページビルダーは現在でも売れているので、ガイドブックも多く出版されており、この方法を使っている個人や会社が多いと言えます。

 人間禅の中では札幌支部四国支部がこの方法を使っています。

 しかし簡易なツールが普及してきた現在では、ホームページの出来や見栄えが会社や商品の売上げや信用を左右する大企業、映画、新製品キャンペーン等のサイトが使うプロ向けの方法だと言えます。




メリット:
ホームページを作成する基本の方法であり、レイアウトやデザインは自由である。
ホームページを製作するプロはこの方法を取ることが多い。

ソフトに添付されているテンプレートを使う限り、一番早く簡単にできる方法である。

デメリット:
レイアウトやデザインが自由であるかわり、html言語やスタイルシートの知識、ホームページビルダーやFTPソフトの操作方法、アクセス権や設定などサーバの知識が必要で、技術的な敷居が高くなります。

ホームページビルダーは操作を簡素化している為、標準添付のテンプレートを使えば初心者でも静的、固定的なホームページは簡単に作成できます。しかし、テンプレートの機能を越えるものを作ろうとした時にとたんにプロレベルのスキルが必要になってしまいます。

静的なホームページは簡単に作れますが、動的な機能(例えばブログやお問合せ、カレンダー等)をつけようとすると、これも困難になり、結果的にアクセス数が伸びないことになります。

更新が面倒な為、ユーザには手に負えないことが多く、プロに代価を払って更新してもらうか、そのまま更新が滞りがちになってしまいます。またアクセスアップのためのSEO(検索エンジン最適化)の方法も技術的に高度になります。

ドメイン(ningenzen.jp等)はサーバの知識があれば取得できますが、なければ困難になります。

また複数の人が同時に更新してしまうと、お互いにファイルを上書きしあってしまうので、複数の人がホームページの更新をするには向かない方法です(上書きされた事故 経験済み・・・orz)

 
方法2.無料のブログやホームページ作成のサイトを使って、コンテンツを入力する方法。個人ユーザをはじめ、個人事業主のお店や中小企業が使う方法だと言えます。またFacebookページを作成することも、この方法に入ります。

 人間禅の中では鎮西支部京浜禅会鹿児島禅会がこの方法を使っています。


メリット:
インターネットが使えて入力さえできれば、気軽にホームページやブログを始められます。

デメリット:
レイアウトやデザインは用意されているものから選ばなければならず、ホームページに必要な機能(独自ドメインや、メール、リンク機能等)が無いことが多く、後から追加することもできません。

無料であるかわりに宣伝のため無関係な広告が大量に入ったり、広告のメールが来るのが普通です。広告内容はこちらで制御できない為、坐禅と無関係な不適切なものが入ることがあります。

運営会社や広告へのリンクが、一番目立つ左上や左右に並んだりすることが多いので、せっかく訪れたお客様が他のページへ飛んでいってしまいがちです。

ドメイン(ningenzen.jp等)は自由に取得できないことが普通で、例えば鎮西支部は、chinzei02.blog99.fc2.com というものになっています。

特にブログは日記形式なので、日付の古いコンテンツは埋もれていってしまいがちです。またその会社がサービスをやめれば、なくなってしまうことになります(これもInfoseek で経験済み・・・)。
 

方法3.CMSソフトを使い、コンテンツの内容をオンラインで作成して即座に反映させる方法。



メリット:
2の方法と同様に、インターネットが使えて、入力ができる人なら使えます。

必要な機能やデザインは有志やプロが、無償、有償いろいろと開発していることが多く、後から追加、適用ができます(とは言え、デザインは1の方法ほど自由度はない)。

最大のメリットはブログやお問合せ、ニュースやカレンダー、新着情報など動的にコンテンツ内容が変化するホームページが作成できるので、更新しやすく、この為、検索にもかかりやすくなります。

無料のサーバを使うと広告は入りますが、有料のサーバであれば広告は入らず、独自のドメインが使えるので、ホームページのアドレス、メールアドレスともに、独自ドメイン(ningenzen.jp等)が使えます。

CMSソフトはコンテンツ管理の名前の通り、コンテンツを管理する機能が優れています。例えば記事に有効期限を設定すれば、その日に自動的に非表示になります(予定やニュースなどは更新不要で古くなれば自動で消えます)。

サーバで動いている為、複数の箇所から同時に更新することが可能なので、みんなで更新することに向いています。

デメリット:
CMSソフトの使い方を覚える必要があります(1の方法ほど難解ではないが、2よりは少し上くらい? またExcelで作った簡易な更新用のツールを用意しています)。

CMSソフトそのもののインストールや設定には、技術的なスキルが必要です(インストールや設定には、サーバ側の知識が必要なので、ここはプロの領域です)。

ボランティアで開発されているので、開発が個人レベルであり中止されるリスクがあります。とは言え、Xoops(ずーぷす)の時代から既に10年以上、ImpressCMSは4年の実績があるのであまり心配はないと言えます(フリーソフトは普及しているものを使えば、本人がやめても誰かが開発を引き継いでいくのが普通です)。

またフリーソフト(無償のソフト)は自己責任の世界であり、何か不具合があっても文句を作者に言うべき立場ではなく、サポートが無いと言えます(不具合があれば、自分でなおすか、修正をできればなおしてくださいと頼むことになります)。

注:サポート付の有料のCMSもあります一般的には高価です。
 
ImpressCMSは最後の3の部類になります。
さて、このImpressCMSはどんなところが優れているのでしょうか?
プリンタ用画面
前
ImpressCMSとは?
カテゴリートップ
ImpressCMSとは?
次
ImpressCMSの特徴