宏道会(人間禅附属剣道場) 稽古日誌

青年部 座禅ブログ - 宏道会(人間禅附属剣道場) 稽古日誌

宏道会(人間禅附属剣道場) 稽古日誌

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
青年部静坐会 2019/6/10 19:19
毎週水曜日の夜は、1830分から宏道会の自主稽古がある。
この日、私は残業をしないと決めている。
帰りの電車の中では、稽古の目標を決め、各種イメトレ。
18時40分過ぎに道場に到着し、19時まで静坐。
静坐中は、気を下に落としたいが、気が散ってしまいアレアレと思うこともしばしば。
静坐の後は、参加者全員で宏道会 目標を唱える。
「正しく・楽しく・仲良く」
この辺りから、気合が入ってくる。
 
宏道会に入って、剣道をはじめた。
45歳ではじめ、おおよそ2年になる。
習いはじめた頃は、足や腕の動きがわからず四苦八苦。
両肩に力が入り、身体はガッチガチ。
子供の頃から、かなりの不器用でリズム感がない私は、
フォークダンスの覚えが人よりえらく遅かったことを思い出す。
先ずは、小野派一刀流の形稽古。
一本目は、一ツ勝。
先生は、雄大な気持ちで、車輪前転、捨て身で、腹をくくれ!と言われるが、上手にできない。
しかし、稽古の甲斐あってか最近少しうまくできるようになってきた。
さあ、打ってみろ!捨て身だ!と言う気迫で臨むと、相手の姿が以前より見えてくる。
身体の力みも、自然に取れてきたような気がするが、まだまだ稽古が足りない。
小野派一刀流の稽古の後は、竹刀を使った防具稽古。
先生は、切り返しの時に”面・面・面・面・面・面…”と気をつなぐように言われる。
自分自身が”面”になりきることだ!
持った竹刀は真剣なので切る、切った後 気を下げろと言われる。
なるほどと思うが私の場合、切るより叩くに近い。
切り返しを何往復もしていると、息が急激に上がる。”もう終わりかな?もう駄目だ〜”と弱い気持ちが出てくる。
先生は、そこからが大事、本当の稽古、全力を出し切れと言われる。
しかし、どうしても自分に限界の壁を作ってしまう。
鉄腕アトムの冒頭の歌詞を変えて”限界を超えて~”と歌っていたスポーツチームがあった。
自分の限界を、一歩ずつ超えていくことが、なにより大事だ!
これは、今年の宏道会の目標である「稽古をして自分の全力を観る。」に通じる!
切り返しの後、かかり稽古、地稽古と続き激しさが増してくる。
 
稽古の終わりに全員で、五戒を唱える。
一、 嘘をついてはいけない。
一、 怠けてはいけない。
一、 やりっぱなしにしてはいけない。
一、 我儘してはいけない。
一、 ひとに迷惑をかけてはいけない。
私は、毎回この言葉が心に響き、自分の思いや行いを見つめ直す。
そして、静坐をする。
このひと時は、とても清々しい。
先生は、全身の血が入れ替わったようだと表現される。
私もその通りだなと感じる。
稽古は、20時30分に終了。
充実した一日を過ごせたことに感謝しつつ、家路につく。
 
水曜日の夜の自主稽古は、一日の仕事を終えた大人たちが共通の目的を持って
集まり、全力を出し切る。道場全体に気合が満ち、他の稽古日とは違う雰囲気がある。
平日の夜に、こんな経験は他の場所ではまずできないだろう。
私は、宏道会に出会えてよかった。
宏道会の先生方をはじめ会員の皆様 本当にありがとうございます!
 
光舟拝
 
 
 
"
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (54)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.ningenzen.jp/seinenbu/modules/d3blog/tb.php/418