最新エントリー

青年部 座禅ブログ - 最新エントリー

『骨髄移植の記録(その3)』

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
青年部静坐会 2019/5/19 3:29
 コーディネーターの方からの電話があってから2~3日後、写真のとおり、確認検査の実施日時及び実施場所に関する通知が来ました。
 確認検査とは、コーディネーターと医師とがドナーに対し、移植のコーディネートを進める上で問題がないか確認した上、医師が、問診・診察をして、問題がなければ採血をする手続です。
 実施日時は、約2週間後で、実施する病院は、自宅から職場への通勤経路を若干外れるところであるものの、最寄りの駅からは至近で行きやすい場所でした。
 ただし、時間は、約2時間と相当の時間です。
 
 当日は、時間給を取って、その病院に行ったのですが、現地で合流したコーディネーターの方から、「ボランティア休暇とかないんですか?」と尋ねられ、特殊事情による休暇制度を全く調べていなかったことに気付きました。情けない。
 さて、先に述べたとおり、実施する時間は、約2時間なのですが、そのほとんどは、B5版、資料部分を除く本文約50頁のパンフレットの内容を一緒になって確認していくというものでした。
 それなら、問診や採血を込みにして2時間係りますね。
 パンフレットは、一通り目を通していたのですが、あくまで「一通り」であり、改めてコーディネーターの方と一緒に読んで見ると、「こんなこと書いてあったのか。」と気付くところがいくつかありました。
 いわゆる「見えども、見えず。」という奴ですね。
 
 コーディネーターの方と話をする中で、手続きの中断については、何も説明されないということが改めて言われました。
 ドナー候補者は、何人かいる場合があり、その場合に、ほかの人でドナーが確定すれば、ドナー候補から外れることになるので、手続きは中断するでしょうし、最悪、移植の前に患者さんが亡くなるということもあるのでしょう。
 コーディネーターの方から、事前の電話の際に、移植の実施日の見込みについて、3か月程の期間が示されていましたが、私は、その最初の月が難しいということを話してありました。
 確認検査の際のコーディネーターの方の説明の中で、その最初の月が難しいということは、患者さんにも伝えられていて理解してもらっているという話が出たのですが、私以外にほかの候補者がいるということであれば、私の希望がなぜストレートにとおったのかなと思いました。
 考えすぎなのかも知れませんが、予定の期間の初月をお断りして本当によいのかということが少し頭をよぎりました。
 だから、患者さんの様子などは、ドナーにも伝えられないのでしょう。
 
 コーディネーターの方の説明の際には、パンフレット以外の資料も見せられました。
 自分の中で一番印象に残ったのは、末梢血幹細胞採取の際の写真に、両腕に、血液を採取し、採取した血液から末梢血幹細胞を体内に戻すためのチューブが刺さっている状況が写っていたことです。
 成分献血の場合は、腕に刺すチューブは1本であり、片腕が空いて、本などが読めるのですが、両腕ではそうはいきません。
 それで、コーディネーターの人に、「献血の際には、DVDとか見れますが、末梢血幹細胞採取のときは、そういうの見ることができるのですかね?」と聞いたところ、「施設の設備によります。」との至極まっとうな答えが。
 よくよくパンフレットを見ると、採取には3~4時間係るということになっている。
 ただ、ここでちょっと勘違いしていたのは、採取自体が数日かかるイメージをどうしてかもっていて、本来1日(場合によっては2日)で済むものが数日、3~4時間ベッドに横たわって、採血するイメージでいたこと。
 そのため、相当長時間、骨痛を感じながら(造血幹細胞が増殖させる薬により、骨内で造血幹細胞が増えることによる圧力で痛みが生じる)、静止しているのはきついなと考えるようになりました。
 その点、骨髄採取なら全身麻酔をしているうちに終わるし、どちらをとるかなどとせこいことを考えました。
 ただ、パンフレットを改めて読み進めるうちに、末梢幹細胞移植の場合、「ドナーのリンパ球が患者の体内に残っているがん細胞を攻撃して消滅させてくれるGVL効果(略)も高くなると言われており、再発率の低下が期待されます。」との記述が目に入り、やはり、末梢幹細胞移植を選ばせてもらおうと考えました。
 もっとも、末梢幹細胞移植の実施できる病院が少ないことからか、コーディネーターの方は、骨髄移植の余地を残してほしい感じでしたが。
 コーディネーターの方の説明の後、医師の問診を受け、採血をしました。
 その際、造血幹細胞が増殖させる薬による痛みについて改めて確認したところ、「たいしたことないですよ。」と一笑に付されました。
 採血による検査の結果は、2週間から6週間後に出され、場合によっては、再検査もあり得ると言うことでした。(続)
 
合掌 英風 拝
 
*私は、(だいたい)毎週次の人間禅坐禅会で坐禅をしています。

私と一緒に坐りませんか(°∀°)
【坐禅会のお知らせ】
1 月曜日19時(初回1830分)から20
 場所:東京都台東区谷中7-10-10擇木道場
 連絡先:TEL 03-3823-7647
2 木曜日1930分(初回1915分)から21
 場所:東京都杉並区荻窪4-30-10 トヨタマビル5階「荻窪道場」
 連絡先:中川香水(090-5827-7004kousui.nakagawa@gmail.com
*参加費1、2とも
 初回(指導料込み)1000円、2回目以降 500円
【東京荻窪支部摂心会のお知らせ】
*私の所属する東京荻窪支部では、来る5月29日から6月2日にかけて第5回摂心会を実施いたします。
 伝法の師家による参禅(公案修行)の機会もあります。
 詳細は、後日お知らせいたします。
*場所:東京都杉並区善福寺3-8―5 清明庵
 ・善福寺公園の上池ボート乗り場東横の家です、大きな欅が目印です。
 ・荻窪駅から南善福寺行のバス乗車、善福寺公園下車(約15分)     
 連絡先:中川香水(090-5827-7004kousui.nakagawa@gmail.com

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (12)

『骨髄移植の記録(その2)』

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
青年部静坐会 2019/5/15 1:29

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「日本骨髄バンク」へ書き込みをした必要書類を郵送してから、数日経った日の勤務先での昼休み中、見知らぬ番号の携帯電話から電話がかかってきました。
 「もしや!?」と思い電話に出ると、やはり、「日本骨髄バンク」のコーディネーターの方からの電話でした。
 患者さんは、骨髄採取(全身麻酔をかけて腸骨から骨髄液を採取する方法)でも、末梢血幹細胞採取(血管に薬を注射して、造血幹細胞を増殖させた後、成分献血と同じように、造血幹細胞を採取する方法)でも、どちらでもよいとのことだったので、末梢血幹細胞採取を希望するとお伝えしました。
 すると、コーディネーターの方から「5泊6日は入院していただきますけど、大丈夫ですか?」と質問が……。
 「日本骨髄バンク」のパンフレットによると、骨髄採取の場合の入院期間は、3泊4日程度、末梢血幹細胞採取の入院期間は4泊5日から6泊7日程度とされています。
 しかし、パンフレットによると、造血幹細胞を増殖させる注射は、通院でもでき、その場合の宿泊期間は、1泊2日から3泊4日程度になると書かれていたことから、通院を考えていたので、「通院でお願いしたいのですけれど」とお話ししたところ、通院は、これまで600例ほどしかなく、骨痛、頭痛等の軽度の副作用のほか、炎症の悪化等の重大な副作用もあるとのことで、強く入院を勧められました。
 禅道修行足りず、言われると弱いところもあり、幸い、現在の部署が休暇を取りやすいことから、入院をする方向で調整をしていただくようにお話をしました。
 その後、摂心会の際に、医師の先輩に末梢血幹細胞採取のことをお話ししたところ、造血幹細胞を増殖させる薬自体に炎症を起こす作用があり痛みが生じるとのことを教えていただきました。
 今、記事を打ちながら、どこに炎症が起きるのか聞いていなかったことを思い出したのですが、血液中に注射する薬で生じる炎症ですから、全身に亘って起きるということでしょう。
 パンフレットでは、薬の副作用による痛みは、鎮痛剤などで軽減できるとされていますが、坐禅で培った道力を試す好機なのではないかと思うと、なんかワクワクしてきました。
 そのときの電話のやりとりでは、確認検査(医師による事前の詳細な説明と血液検査)を実施する病院の粗々な調整もしました。
 実施できる病院はいくつかあるのですが、病院側の都合もあるので、こちらの希望をある程度お話しした上で、最終的に実施をする病院を決めるということでした。
 電話を終えてから2~3日後、写真に載せてあるとおりのコーディネーターが正式に決定した旨の通知が来ました。(続)
 
合掌 英風 拝
 
*私は、(だいたい)毎週次の人間禅坐禅会で坐禅をしています。
私と一緒に坐りませんか(°∀°)
【坐禅会のお知らせ】
1 月曜日19時(初回1830分)から20
 場所:東京都台東区谷中7-10-10擇木道場
 連絡先:TEL 03-3823-7647
2 木曜日1930分(初回1915分)から21
 場所:東京都杉並区荻窪4-30-10 トヨタマビル5階「荻窪道場」
 連絡先:中川香水(090-5827-7004kousui.nakagawa@gmail.com
*参加費1、2とも
 初回(指導料込み)1000円、2回目以降 500円
【東京荻窪支部摂心会のお知らせ】
*私の所属する東京荻窪支部では、来る5月29日から6月2日にかけて第5回摂心会を実施いたします。
 伝法の師家による参禅(公案修行)の機会もあります。
 詳細は、後日お知らせいたします。
*場所:東京都杉並区善福寺3-8―5 清明庵
 善福寺公園の上池ボート乗り場東横の家です、大きな欅が目印です。
 荻窪駅から南善福寺行のバス乗車、善福寺公園下車(約15分)     
 連絡先:中川香水(090-5827-7004kousui.nakagawa@gmail.com

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (11)

『骨髄移植の記録(その1)』

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
青年部静坐会 2019/5/12 1:07
ある日、帰宅してみると、「日本骨髄バンク」からA4版の大きめの封書が着ていました。
開封すると、それなりの厚みのあるパンフレットや数枚の書類のほか、写真のような通知文書が……。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

「この度、あなたと骨髄バンクの登録患者さんのHLA型(白血球の型)が一致し、ドナー候補者のおひとりに選ばれました。」
 
職場で献血をしたときに、骨髄バンクへの登録の意向を確認され、その際、現在は、全身麻酔をかけて、骨盤骨から骨髄液を採取するやり方だけではなく、血液中の造血幹細胞を増殖させる薬(G-CSF)を注射して増殖した造血幹細胞を採取(成分献血と同じやり方だと思います)して、これを移植するやり方のあることを初めて知りました。
全身麻酔に対する不安から、それまで骨髄バンクへの登録はしていなかったのですが、成分献血みたいなやり方なら、安心だと考えて、ドナー登録をしました。
 
白血球の型(HLA)の組み合わせは数万通りであり、実際に、候補者になれるとは思わなかったので、大変うれしく思いました。
 
自分の人生を自分のためだけではなく、ほかの人のためにも使うことができる。
しかも、全くの無償でほかの人のために使うことができるのです。
実際に移植をするまでの数か月間、私の命が絶対にくたばるわけにはいかないものになったこと、見知らぬほかの人の命のために、絶対にくたばるわけにはいかない命になったのだと思うと、自分の命がこれまで以上に貴くなり、大切にしなければならないと思われました。
 
パンフレットを見ると、骨髄移植には副作用が伴うこともある(末梢血管細胞採取の場合でも、骨痛、頭痛等の副作用の生じる場合があり、また、これまで世界で12例の死亡例があるとされます。)ので、家族の代表者の同意も必要だというので、妻に、同意の意思判断のために、パンフレットを読むように言ったところ、妻曰く「あんた、家族みんながそんな頭してるの反対しているんだから(私は、ヘアドネーションをするため、髪の毛を伸ばし、ちょんまげのようにまとめているのです……もちろん、家族の評判は悪いという……)、同意しないと言ったって、やるでしょう。」……確かにそのとおり、とりあえず、提供するに決まっているだろうという感じで、必要書類に記入をして日本骨髄バンクに郵送しました。
 
……骨髄移植のドナー候補者になったことを道友の先輩方にお話ししたところ、経過を人間禅のブログに載せたら面白いのではないかとのお話をいただき、経過の概要を投稿することといたしました。
 
なお、プライバシー保護及び骨髄バンク事業の公正さのため、提供に関することをインターネット等不特定多数の人の目に触れる媒体で紹介するときには、提供日時・場所等ドナーや患者が互いに特定される可能性のある情報の公表は禁じられています。したがって、本ブログの記述は必ずしもリアルタイムのものではなく、また、意図的に曖昧な記述をいたしますので、ご留意願います。(続)
 
合掌 英風 拝
 
*当ブログの執筆者は、(だいたい)毎週次の人間禅坐禅会で坐禅をしています。
私と一緒に坐りませんか(°∀°)
1 月曜日19時(初回1830分)から20
 場所:東京都台東区谷中7-10-10擇木道場
 連絡先:TEL 03-3823-7647
2 木曜日1930分(初回1915分)から21
 場所:東京都杉並区荻窪4-30-10 トヨタマビル5階「荻窪道場」
 連絡先:中川香水(090-5827-7004kousui.nakagawa@gmail.com
*参加費1、2とも
 初回(指導料込み)1000円、2回目以降 500円
 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (27)

本日徹宵坐禅やります!!

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
青年部静坐会 2019/2/8 12:40
玉道です。
普段から坐り足りない、もっと集中的に坐りたいと思っている今日この頃です。
そんな中、今日は東京支部の摂心会が開催されております。これはやるしかないっという事でメンバーを募集したいと思います。「そんなの一人でやれって」と言われるかもしれませんが、徹宵は一人でやると挫折してしまうことが多いのです。(これは自分が未熟だからかもしれません・・・)一緒に坐る人がいるだけで随分と違います。
途中参加でも、部分参加でも構いません。
一緒に浸り込みましょう!!お待ちしております!
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (65)
遡る事2年前、今年は遍稽古にチャレンジしようと決心をして、10時間耐えられるだけの体力と気持ちを作ろうと自分を追い込んだのが始まりでした。それから1年後の20171230日、千葉県市川市の宏道会剣道場にて恒例の遍稽古が行われました。午前の5時間をなんとか終え、全身が痛いながらも、「なんとかあと5時間行けるかも」と思っていました。(これが慢心か?)午後がスタートし1時間ほど経ったとき、不意にも相手の木刀が頭にゴツンと当たり倒れてしまいました。人生初?の救急車に乗って病院に赴きましたが、幸いおでこに大きなコブが出来ただけで帰宅することができました。(おでこってすごいですね!)しかし、私の1年をかけた挑戦は達成されないまま終わってしまいました。周りからは、「アクシデントだったが、その程度の怪我で良かった。」「怪我するまではナイスチャレンジだったよ!」と言われましたが、何かスッキリしない気持ちでした。なぜなら、この目標のために1年間色々なことも我慢し、それなりにトレーニングも重ねて挑んだからでした。「また1年かあ・・・」という迷いもありましたが、中途半端に終わると後で後悔すると思い、次の年の立ち切り請願に申し込みました。そして1年後の20181230日また遍稽古が始まりました。途中、身体が痛すぎて肩も上がらず、気持ちもへばって、絶望的な時間を過ごしましたが、最後の方はもう無我夢中でやっていました。そのため、終わりの方はあっという間に時間が過ぎていきました。かくして人生で一番しんどい10時間が終わりました。2年越しの目標を達成できたので、とても達成感はありましたが、何と言っても身体の疲労は凄まじく、正月はずっと寝ていました。家族からは「いいわね・・好きなことやって、正月はぐーたらして・・・」と言われてしまいましたが、やはり自分で目標をたてて、それに向かって努力して、達成できたというのはとても嬉しいものだと感じました。この足かけ2年の経験が私にとって自信になったと思います。

2019年も早1か月が過ぎて2月となりました。今年の目標に向かってみなさん一緒に頑張りましょう!!
 

中央支部 粕谷玉道
 

注)
・小野派一刀流:千葉県房総の出身である
小野次郎右衛門忠明が伊藤一刀斎から一刀流を継ぎ、
小野派一刀流とした
・伊藤一刀斎:戦国時代から江戸初期にかけての剣客
・遍稽古:請願者(挑戦者)が小野派一刀流の型1本目から
50本目までを午前7時から午後6時までの
10時間(1時間昼休憩)ひたすら行う。請願者が元に立ち、
1本目から50本の型を行い、終わるとすぐに次の人と
1本目から50本目までを連続してぶっ通します。
 
 
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (57)

内原武道修錬会に参加して 

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
青年部静坐会 2018/8/25 17:21

魁星です。

この818日(土)と19日(日)に茨城県水戸市内原にある日本農業実践学園で鹿嶋神伝直心影流「法定の型」の稽古に参加してきました。

普段の宏道会の稽古では、法定の型は殆ど稽古がやれていなくて、当日は恥をかきに行ったようにも思ったのですが、私の性格からして恥をかかないと本気で学べないのだと思い直して稽古をしました。
稽古に限らないですが、何事も気持ち一つのところがあって、厳しいメニューの稽古でも少しでも楽に稽古をしたいと考えがちですが、平野先生はこれは「行」であるからあえて厳しいやり方で行うようにしていると仰ってました。稽古に対する心構えを学ばせて頂きました。

型の稽古は、打突があるわけではないので竹刀剣道と比べて緊張感が緩みがちなのですが、この稽古は、扱っている木刀を本物の真剣だと思って稽古をしろというのが基本にあるため、緊張感を感じながら稽古が出来ました。

平野先生の口癖ですが、「正しい稽古をすれば上達するが、間違った稽古をしていたら下達してしまう。正しい師匠について正しい稽古をするように」と仰っていました。稽古の時に下達していないか、これからも気を付けながら稽古を続けていこうと思っています。

また、来年の武道修錬会が楽しみです。

魁星記
 


 
「無心堂に掛けられている武道訓」

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (100)

内原武道修錬会

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
青年部静坐会 2018/8/22 9:23
魁星です。
この818日と19日に茨城県水戸市内原にある日本農業実践学園で鹿島真伝直心影流の法定の型の稽古に参加してきました。
普段している宏道会の稽古では法定の型は殆ど稽古がやれてなくて、当日は恥をかきに行ったようにも思ったのですが、私の性格からして恥をかかないと本気で学べないのだと思い直して稽古をしました。
稽古に限らないですが、何事も気持ち一つのところがあって、厳しいメニューの稽古でも少しでも楽に稽古をしたいと考えがちですが、平野先生はこれは「行」であるからあえて厳しいやり方で行うようにしていると仰ってました。稽古に対する心構えを学ばせて頂きました。
型の稽古は、打突がある訳ではないので竹刀剣道と比べて緊張感が緩みがちなのですが、この稽古は、扱っている木刀を本物の真剣だと思って稽古をしろというのが基本にあるため、緊張感を感じながら稽古が出来ました。
平野先生の口癖ですが、「正しい稽古をすれば上達するが、間違った稽古をしていたら下達してしまう。正しい師匠について正しい稽古をするように」と仰っていました。稽古の時に下達していないか、これからも気を付けながら稽古を続けていこうと思っています。
また、来年の武道修錬会が楽しみです。
魁星記
 

 
 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (67)

内原武道修錬会

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
青年部静坐会 2018/8/22 9:22
魁星です。
この818日と19日に茨城県水戸市内原にある日本農業実践学園で鹿島真伝直心影流の法定の型の稽古に参加してきました。
普段している宏道会の稽古では法定の型は殆ど稽古がやれてなくて、当日は恥をかきに行ったようにも思ったのですが、私の性格からして恥をかかないと本気で学べないのだと思い直して稽古をしました。
稽古に限らないですが、何事も気持ち一つのところがあって、厳しいメニューの稽古でも少しでも楽に稽古をしたいと考えがちですが、平野先生はこれは「行」であるからあえて厳しいやり方で行うようにしていると仰ってました。稽古に対する心構えを学ばせて頂きました。
型の稽古は、打突がある訳ではないので竹刀剣道と比べて緊張感が緩みがちなのですが、この稽古は、扱っている木刀を本物の真剣だと思って稽古をしろというのが基本にあるため、緊張感を感じながら稽古が出来ました。
平野先生の口癖ですが、「正しい稽古をすれば上達するが、間違った稽古をしていたら下達してしまう。正しい師匠について正しい稽古をするように」と仰っていました。稽古の時に下達していないか、これからも気を付けながら稽古を続けていこうと思っています。
また、来年の武道修錬会が楽しみです。
魁星記
 

 
 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (69)

武道修練会

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
青年部静坐会 2018/8/20 22:32
8月17日から20日まで茨城県水戸市内原にある日本農業実践学園『無心堂』にて、法定の型を中心にした武道修練会が行われました。この修練会は無得庵小川刀耕老居士がご指導に当たられていた頃から現在まで毎年行われており、現在は、真歩館の平野宣昭先生がご指導に当たられています。宏道会からも毎年参加があり、今年も無刀先生をはじめ、魁星、玉道、得道、松風、無念の6名が参加しました。
一日の日課はこのような感じです。
5:00~ 坐禅、防具稽古
7:00~ 朝食
9:00~ 法定の型 稽古
12:00~ 昼食
14:30~ 坐禅
15:00~ 法定の型 稽古
18:00~ 夕食
これだけ法定の型を集中的に稽古することはないので、とても充実したのですが、法定の木剣は重く、それを振るだけでも大変なので、長時間の稽古による身体の疲労は否めませんでした・・・。ただ、法定の型は、運歩(足の運び)一つとっても、足幅を広くする、踵からつま先をまっすぐにするなど、楽をしないよう鍛錬の意味合いが強いので、身体や足が痛くなってなんぼかなと思います。この時だけではなく、日頃からコツコツ修練しようと思いました。
今回特に稽古したのは打ち込みだと思います。打ち込みは最も基本であるし、法定の型1本目の「八相発破」から始まり、4本目の「長短一味」まですべて打ち込みがベースになっています。平野先生によると、我々は打ち込みがまるでできていない。剣の理法にかなっていないと何度も檄が飛びました。剣の理法とは、小川先生の剣道理念にある「剣道は剣の理法の修練による人間形成の道である。」のことです。平野先生は、自ら実践を交えて指導してくださるので、とても分かりやすかったのですが、中々同じようにできない。やはり「分かる」と「できる」は全く違いますね。ただ、今後の目標ができました!これをきっかけにして本当の「打ち込み」を目標にして、今後精進したいと思います。とても有難い修練会でした。                                 玉道記
※日本農業実践学園は、人間禅水戸支部の座禅会場です。

「無心堂」 左;無得庵小川刀耕先生  右;初代校長加藤完治先生
 
 
 
 
 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (144)

 
 宏道会暑中稽古の中日(三日目)が終わりました。
宏道会では、春休みと夏休みと冬休みにそれぞれ3~5日間早朝5時半から6時45分まで稽古をしています。
今回も毎朝子供たちと大人が大勢集まり、熱気のある稽古をしています。
大人は、仕事の前にいつもより朝早く起きて稽古をしてから会社に行っています。でも、子供の頑張りは素晴らしいと思います。夏休みだから遅く起きてもいいはずなのに普段よりずっと早く起きて稽古に参加している姿を見ると、大人の自分が怠けるわけにはいかないと毎回背中を叩かれる思いで稽古をしています。また、子供を送り出す親御さんの努力にも頭が下がります。
今回の暑中稽古は、『大きな声を出して、気合いを肚に落とす』という目標を稽古の始めと終わりに唱えて稽古をしています。
暑中稽古の担当は、毎回子供と大人のペアでしているのですが、今回担当のIくんはしっかり者で号令もしっかり出来て安心して見ていられます。
今回は、竹刀稽古の他に法定の型の稽古をしているのですが、その稽古がとても素敵です。
大きく息を吸い込む呼吸を「太陽を呑み込む」と表現するのですが、今回は最初に大きく息を吸い込むときに「身体の中を青空でいっぱいにして」から、次の呼吸で、「太陽を呑み込み」、その太陽を丹田(おへその下あたり)まで落として稽古をするのです。とても気合いが充実して稽古に力が入るのが実感できます。
 
暑中稽古もあと2日間です。
まだ来られていない方は是非ご参加下さい!
気持ちの良い稽古と、気持ちの良い一日が送れる事を保証します!!
 
魁星拝
 
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (72)