メインメニュー
石狩座禅道場



〒061-3245
石狩市生振六線南2号
(いしかりしおやふる6の2)

TEL/FAX 0133-64-9045
お問合せはこのホームページ
からどうぞ

お問合せはこちら


カーナビ、スマートフォン
来られる方は、以下で検索
してください。
石狩市生振584−17
注:これはGoogleマップで
郵便の住所ではありません。

 

このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
検索
トップ  >  座禅&数息観
【坐り方】

足の組み方 
・結跏趺坐(けっかふざ) 右の足を左のももの上にあげ、左の足を右のもものにあげる。
・半跏鉄坐(はんかふざ) 右か左の一方だけをももの上にあげる。

    ※ 両方の膝頭と尾てい骨とを結ぶ線で正三角形ができるように坐る
※ その正三角形の面は(尻の下に坐具があるので)やや前方に傾いていることになる。この姿勢のままで背筋をピンと張ると、自然に上半身の重心から下ろした垂線が、底面たる正三角形の中心に落ちるようになり、一番安定感がでる。前後左右に揺身しおさまりのいい所をさぐる。
 ※ 安定感がないなら、上半身の重心を通る垂線が正三角形の中心をはずれでいるのだから、その時は尻の下の坐具の高さを加減する。

手の置き所  
・掌(たなごころ)を上にして、右手の上に左手を重ね、両方の親指を相対して軽から見ると楕円形をつくる。 それを組んだ脚の上に置き、肘は軽く体から離し、肩の力をぬく。次に、背筋をビンとたてて顎をグッと引く。そうすると,鼻端と臍がほぼ相対するようになる。

 ③ ; 正面を見、ただ視線を 1m くらい前に落とす。目は閉じてはいけない。

 ④ ; 軽く結んで、鼻で自然の呼吸をする。

 
数息観(すうそくかん)
衆人の息は喉を以てし 真人の息は踵を以てす 荘子
(しゅうじんのいきはのどもってし しんじんのいきはかかとをもってす)
数息観を修練すると、自然に息が下がってくる
(写真は「禅の同好会」の坐禅風景)


 ・数息観の仕方

 ① 心構え 地球を座布団にして、これを尻の下に敷き、その上に宇宙の主人公がドカッと坐るのだというぐらいの気概をもつ。
  ② 息の数え方 合掌して、自然の呼吸を心の中で数え始める。吸う息と吐く息で一つと数え、次の吸う息と吐く息で二つと数える。百までいったら一にもどる。

  ※ 条件 ① 勘定を間違えない。
      ② 雑念をまじえない。
      ③  ①② に反したら一にもどす。

   「雑念をまじえない」というのは、息を数える以外のことを考えないことです。音が聞こえたら、聞こえたまま、目に見えたら見えたまま、二念をつがず、ひたすら数息観をつづけます。これを数息三味(すうそくさんまい)といい珍重します。

 
プリンタ用画面
カテゴリートップ
TOP
次
座禅の仕方ビデオ

Copyright © 2014 人間禅 石狩道場 (Powered by ImpressCMS)
Theme Desinged by OCEAN-NET