メインメニュー
石狩座禅道場



〒061-3245
石狩市生振六線南2号
(いしかりしおやふる6の2)

TEL/FAX 0133-64-9045
お問合せはこのホームページ
からどうぞ

お問合せはこちら


カーナビ、スマートフォン
来られる方は、以下で検索
してください。
石狩市生振584−17
注:これはGoogleマップで
郵便の住所ではありません。

 

このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
検索
トップ  >  老師のお話

 


[平成31年新年互礼会垂示]

 鏡開きも終わり、正月気分もすっかり抜けたところでありますが、いよいよ平成最後の年が始まりました。皆様には、ご家族お揃いで新しい年を迎えられましたこと、心よりお喜び申し上げます。
 

  さて、五月には新しい元号の時代が始まりますが、人間禅も新しいスタートを切ることになります。1月3日の本部道場での新年互例会の総裁垂示の中で、新総裁に千鈞庵老師が指名されました。5月5日には新総裁の推戴式が執り行われますが、全国の道友の皆様と共に随喜し、新総裁のもと皆で一致協力して、新しい時代を切り拓いていかなければなりません。
 

さて、私どもの歩んでまいりました平成の30年間を振り返ってみたいと思います。
 

・1989年、1月7日、昭和天皇が崩御され、翌1月8日から平成の時代はスタートしました。この年に消費税がはじめて導入されました。中国では天安門事件がおこり、また、東西冷戦の象徴でありましたベルリンの壁が崩壊、冷戦が終結いたしました。


誰もが平和な世界を予感したものでした。


・ところが平成3年(1991)には湾岸戦争が始まり、日本ではバブルの崩壊が始まりました。翌 平成4年にはPKO協力法が成立しております。


・平成7年(1995)1月、阪神淡路大震災が起き、やがてオウムによる地下鉄サリン事件が起きます。


・平成8年春から了空庵老師が札幌支部担当に就任されます。


 そして、8月6日には先代の如々庵老師が遷化されました。


・平成9年(1997)消費税が5%になります。そして、拓銀や山一証券が破綻したのもこの年です。


・平成13年(2001)、21世紀がスタートします。


 9月9日、いわゆる9.11のアメリカでの同時多発テロが起ります。


・平成15年(2003)、イラク戦争開戦。翌16年、自衛隊がイラク派遣されます。


・平成20年(2008)、リーマン・ショックが起き、世界規模の金融危機が起ります。


・翌21年(2009)、民主党政権が誕生。


・23年(2011)、3月11日、マグニチュード9の東日本大震災が起き、福島第一原発の炉心溶解が起きます。


・26年(2014)、消費税8%に。そして、集団的自衛権行使容認が閣議決定されます。


・28年(2016)、北海道新幹線開業しました。そして、震度7の揺れが28時間で2度きた熊本地震が起き、アメリカではトランプ氏が大統領に当選します。


・30年(2018)9月6日未明、震度7の北海道。北海道全域で電源が消失するブラックアウト発生。


 

駆け足で振り返ってみました。


さて、今年はどんなことが起きるのでしょうか?平成の日本は、明治・大正・昭和と経験した戦争が確かにありませんでした。しかし、地震・津波・台風・豪雨・山崩れなどの自然災害や大事件が多く起きました。また、経済的には「停滞の30年」とも言われています。


日経の元旦社説にはこうあります。


 日本は平成の「停滞の30年」を脱して、どう針路をとるべきだろうか。世界はめまぐるしい変化の渦中にある。米国をリーダーに世界の集団的な安全保障や自由貿易を守ってきた体制は大きく揺らいだ。トランプ米大統領は、環太平洋経済連携協定(TPP)から離脱し、地球温暖化を防ぐパリ協定に従わない姿勢を示した。世界貿易機関(WTO)の紛争解決の機能は瀕死の状態だ。


  欧州連合(EU)は、英国が合意のないまま離脱するリスクに直面している。盟主のドイツはメリケル首相の政治的な影響力が弱まり、フランスのマクロン大統領も支持率の低下に苦しんでいる。中東もサウジアラビア人ジャーナリストの殺害や、シリア紛争の泥沼化によって、不安定化が進む。


今後数十年の世界秩序のカギを握る米中関係は、ハイテク覇権を巡り先鋭的に対立している。米国では政府や議会、有識者に「中国は豊かになれば民主化する、という従来の対処法は誤りだった」という見方が拡がっており、2月末を期限とする米中貿易交渉は打開の糸口がみえない。こうした地政学リスクに日本は立ち向かわなくてはならない。云々と・・・


 まさに世界の情勢は混沌としております。テクノロジーの方でも、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」や人工知能「AI」の活用、そして現在の100倍のスピードで情報がやりとりできる「5G」も今年あたりからスタートするようであります。


まさに、世界はめまぐるしい変化の渦中にあります。


しかし、こういう変化の激しい時こそ、私たちは、「かわらないもの」、流行に対して「不易」なるものに眼を向けなけれなりません。


年の初めに、こうした「不易」なるものの研鑽が出来るということは大変幸せなことであります。
 

どうぞ、気合を入れて精進し、一年のスタートをきることができますことを念願し、新年の挨拶、並びに、結制の垂示といたします。
 


合掌 布野翠雲(平成31112日)
   

プリンタ用画面
前
老師の紹介
カテゴリートップ
TOP

Copyright © 2014 人間禅 石狩道場 (Powered by ImpressCMS)
Theme Desinged by OCEAN-NET