メインメニュー
石狩座禅道場



〒061-3245
石狩市生振六線南2号
(いしかりしおやふる6の2)

TEL/FAX 0133-64-9045
お問合せはこのホームページ
からどうぞ

お問合せはこちら


カーナビ、スマートフォン
来られる方は、以下で検索
してください。
石狩市生振584−17
注:これはGoogleマップで
郵便の住所ではありません。

 

このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
検索
トップ  >  札幌支部 (石狩道場)

 石狩座禅道場 創設から60年
 

明治初頭、山岡鉄舟、中江兆民らの先覚者が、鎌倉円覚寺管長の今北洪川禅師(白隠禅師より8世)を拝請し、実社会にあってそれぞれ職業を持ち、家庭を持つ社会人のための禅の会として人間禅(旧名両忘協会)が設立されました。

「人間禅」の名称は「人間形成の禅」を意味します。禅の修行によって自己を鍛えあげ、人間として真実の味わい深い人生を生きることを目標としています。

石狩座禅道場は、人間禅の創始者、耕雲庵立田英山老師によって昭和25年に創設され、その法嗣である如々庵芳賀洞然老師を経て、現在は了空庵堀井無縄老師のご指導をいただいて今日に至っています。
 

石狩座禅道場での坐禅会


石狩座禅道場は札幌近郊、石狩市ののどかな田園地帯の一角、落葉松林に囲まれた場所にあります。
庭からは、遠くはるかに手稲の山々が望まれます。雪解けの頃はふきのとうが芽吹き、初夏にはカッコーが鳴き、夏には涼風が林を吹きぬけ、秋にはナナカマドが真っ赤な実をつけます。豊かな自然の中で、深く静かな時を過してみませんか。





1)日曜座禅会
         原則毎週日曜の9:00~10:00
     【内容】 座禅、茶話

2)摂心会(せっしんえ)
      道場に泊まりこんでの7泊8日の修行です。年3回行います。仕事を持っている方は原則、
      道場から会社に通います。坐禅、老師による提唱(講話)、参禅(禅問答)があります


禅の同好会


札幌駅北口前にある札幌エルプラザで毎月第1または第3月曜の18:00-19:30に行っています。
座禅に関心があるのだけど、どうしようかと思っている方、 学びや仕事の帰りに立ち寄ってみてください。 参加される方の自由意志を尊重しています。

【内容】
 (1)座禅の仕方指導(数息観)
 (2)座禅―数息観
    18:55まで(参加者の状況により時間を決める)
 (3)「禅語」についての朗読。その後その内容、および関連したことがらについて話し合う(写真)。 約15分程度

【目的】
(1)禅の基本といわれています数息観を行うことにより、三昧力を養います。三昧力が少しずつ付いてきますと、集中して物事に当たれるようになり、物事の本質を捕らえられるようになります。また、不安や、物事にこだわり苦しむ自分から、離れられるようになります。

(2)仕事の帰り気軽に、坐禅をして帰宅する  (禅に関心を持ち、坐禅を日常的に自宅にて実施される事を願っています。参加、不参加については個人の自由。また都合で、途中参加および途中退席も自由)。参加費300円。

 

函館地区静坐会


函館市・龍宝寺で毎月15日と25日に行っています。時間は18:30-19:30です。仏教関係書の味読なども行います。参加無料。

詳しくはこちらをご参照ください。



石狩座禅道場での作務(さむ)風景


座禅による静的工夫を、清掃や除草などの動態に移して、動作中に工夫を続ける修行です。単なる肉体労働や勤労奉仕ではありません。
 摂心会の期間中は坐禅とともに毎日行います。

(写真は庭での作務風景)
 

 


 

 

 

プリンタ用画面
カテゴリートップ
TOP
次
石狩座禅道場へのアクセス

Copyright © 2014 人間禅 石狩道場 (Powered by ImpressCMS)
Theme Desinged by OCEAN-NET