メインメニュー
石狩座禅道場



〒061-3245
石狩市生振六線南2号
(いしかりしおやふる6の2)

TEL/FAX 0133-64-9045
お問合せはこのホームページ
からどうぞ

お問合せはこちら


カーナビ、スマートフォン
来られる方は、以下で検索
してください。
石狩市生振584−17
注:これはGoogleマップで
郵便の住所ではありません。

 

このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
検索

切り抜き詳細

発行日時
2019/4/25 4:09
見出し
第70回禅フロンティア「寺院仏教」と「在家禅」の可能性のご案内
リンクURL
http://takuboku.ningenzen.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=344 第70回禅フロンティア「寺院仏教」と「在家禅」の可能性のご案内への外部リンク
記事詳細
  今回の禅フロンティアでは、「寺院仏教」と「在家禅」の可能性と題して、八王子禅東院住職として活躍中の大石貴弘(如法)住職を講師にお招きして、禅(仏教)と「地域社会」との関わりについてお話を伺う。 八王子禅東院では毎年恒例の「とうがらし地蔵祭り」(200名以上が参加)をはじめ地域のママに解放された喫茶交流スペース「ゆるりカフェ」、また地域通貨を使ったコミュニティマーケットの「てんぐ市」の開催、さらには、地産地消の活動を促進する「野菜マルシェ」など、さまざまなコミュニティ事業や取り組みを展開している。また水曜や土曜の静座会にも、地域から10名以上が参加され、静座会員が参加型で自主的に会を運営するスタイルで盛況となっている。 このような実例をもとに「寺院や道場が地域社会においてどのような役割、機能を果たせるのか」というテーマについて、大石氏の経験や見識について伺う。 地域にねざした、地元の方々との日常の関わりを通じた地域の方々に支持される「布教や救済」について、大石氏の実践はとても興味深いものであろう。 とりわけ、曹洞宗臨済宗の両方の専門僧堂で修行した僧侶が、今なお在家禅(人間禅)に参じ続ける理由についてもお話頂きながら、現在の仏教寺院が抱える経営面はもとより、実質的な救済力という点での課題についても理解を深める。また一方で、在家禅の組織がもつ利点や、時代的な課題についても、合わせ鏡のように見えてくるのではないだろうか。 禅や仏教を、新しい時代に合った姿へと進化させ、組織(僧伽)として最適化していく取り組みの一例として、禅東院での実践例が一つの参考になればと思う。   【時間】 <受付>午後 2:30  <フォーラム>午後 3:00~4:45 <座禅>午後 5:00~6:15  (老師とお話する時間含む)、茶話会  【費用】 2,000円 ※初めて座禅をされる方は指導料として別途 500 円 【場所】 人間禅擇木道場 日暮里駅南口徒歩3分 東京都台東区谷中7-10-10 TEL/ FAX:03-3823-7647 【連絡先】HP zenfrontier.org からお申込み願います。 お気軽にご質問くださいませ。 八王子副支部長 松田大愚/ 横浜支部長 林大寂 予約はこちらからお願いします。      
Copyright © 2014 人間禅 石狩道場 (Powered by ImpressCMS)
Theme Desinged by OCEAN-NET