メインメニュー
石狩座禅道場



〒061-3245
石狩市生振六線南2号
(いしかりしおやふる6の2)

TEL/FAX 0133-64-9045
お問合せはこのホームページ
からどうぞ

お問合せはこちら


カーナビ、スマートフォン
来られる方は、以下で検索
してください。
石狩市生振584−17
注:これはGoogleマップで
郵便の住所ではありません。

 

このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
検索
カテゴリ一覧
  • カテゴリ ブログ の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

ブログ - ブログカテゴリのエントリ

8月の例会

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
札幌支部 石狩道場 2020/8/9 14:06
 毎月、第2日曜日は例会の日です。今日、藏燈さんに乗せていただいて、道場に向かいました。藏燈さんは、いつもは道場の庭の手入れをするために、早めに行っておられるとのこと。私のために、時間を遅くしていただいて、申し訳なく思いました。
 

道場に着くと、支部長がすでに事務作業をしていらっしゃいました。
まもなくして、一山さんが見え、初参加のTさんも入山されました。コロナで参加を見合わせている方々もいて、いつもより少なめの人数で坐りました。Tさんは座禅は初めてというのに、しっかりと座っていらっしゃいました。
 
 例年ですと、問い合わせまたは申し込みをされた方は、必ず道場に来て下さっていたのですが、今年は、問い合わせはあっても、なかなか実際には見えられません。コロナの関係で参加を躊躇ってしまうのかなぁ、と思っています。Tさんにお聞きしたら、「特にそんなことは考えずに、来たいと思ったので来ました」とおっしゃっていました。
 
 私達、皆マスクをして参加しています。消毒液も準備してあります。関心のある方は、ぜひお越しくださいませ。
 
 芙蓉記

 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (9)
山岡鉄舟が豪商の話から悟る処があったというのは前回ブログに書きましたが、
処世訓としても参考になると考え、その豪商の話に触れてみたいと思います。
わたしが若いころの経験のうちで、ただ一つ貴重に思っているのは、
四、五百円の金ができて商品を仕入れたのはよかったのですが、
なんと物価は下がり気味だと評判なのです。
そこで、早く売り払ってしまいたいものだと考えていると、
知人たちはわたしの弱身につけこんで安く買い叩こうとかかるもの
ですから、わたしの胸はドキドキしてしまい、その為に気持ちが
浮足だってしまって、ほんとうの物価の事情を知ることができないように
なってしまいました。
あれやこれやと迷い、すっかりうろたえてしまったのです。
そこで、わたしはすっぱりと決心を固め、
どうにでもなれと放っておきました。
そのうちに、商人たちがやって来ては原価の一割高で買うというのです。今
度はわたしの方が
一割高で嫌だとつっぱねたのですが、それではもう五分だけ増やそうと買値を上げてくるではありませんか。
 そこで売ってしまえばよかったのですが、
欲を出して、もっと高く、もっと高くと思っているうちに、
最後は原価より二割以上も低い値で売るという結果になってしまいました。
わたしが商いの気合というものを知ったのは、
これがはじめてのことだったわけです。
思い切って大きな商売をやってやろうというときに、
勝ち負けや損得にびくびくしていては、
商売にならぬものだとわかったのです。
それからというものは、たとえどんなことを計画するにしても、
まず、自分の心がしっかりしているときにとくと思いを定めておき、いざ仕事にとりかかった時には、あれこれ考えない
ようにしてどしどし実行することにしてきたのであります。
その後は、損得は別にして、まずは一人前の商人になれたものと
思って今日までやってきたわけです。

庭土に蝉穴ふかし今朝の秋 立田幽石(老師57歳の時の句)
 

 
千葉 金風 記
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (5)
山岡鉄舟は滴水禅師に参じておりました。
滴水禅師に剣法と禅理とは一つではないかと詳しく
問います。
そこで「無」の公案を与えられ、10年工夫するもどうも釈然としません。
そこで、また、再び滴水禅師の元に赴き、
自分の理解できたかぎりを述べ伝えました。
滴水禅師は再び公案をさずけます。
それは『両刃、鋒を交えて避くるを須いず、
好手還りて火裏の蓮に同じ。宛然おのずから衝天の気あり』で
山岡鉄舟はこの公案に心を惹かれるものを感じ、
大帯に書き付けて絶えず工夫しました。
それから3年過ぎて、ある豪商が山岡鉄舟の書がほしいと訪ねてきました。
その折に商売の気について話があり、
その話に簡単には言い表されないような真理を感じました。
その商人の話を聞いた翌日から昼は剣の工夫、
夜は静坐沈思精考する繰り返しで5日目の3月29日の
夜になった。既に夜は明けて30日の朝になっていた。
坐ったまま山岡鉄舟は浅利に向かって剣を振り、
試合をしている姿勢をとってみた。
ところがなんとしたことか、浅利の幻影が見えないではないか。
そのまま、ただちに門人の籠手田を呼び寄せ、試合をやってみた。
籠手田は「先生、そこで勘弁してください」と叫んだ。
何故かと問うと「私は長い間先生の教えを受けてきましたが、
今日の先生の刀ほど不思議な勢いを一度も見たことはありません。
自分のような者のは、先生の前に立つことなど不可能です。
このような業が人間の力でできるものではありません」と言いました。
早速、浅利又七郎義明を招いて試合をお願いしました。
浅利は一声気合をかけて飛び掛かってこようというすさまじさでありました。
だが、浅利は突然、木刀を捨て、面具をはずし、改まって言いました。
「ついにやりましたね。これまでのところとは段違いの腕前です。
わたしといえどもかなうものではありません。秘伝を授けるのが当然
というべきです。」と言いました。

夕すげや冷えて咲く丘来て独り立田幽石(老師56歳の時の句)
 

 
千葉 金風 記
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (16)
無刀流の剣の達人山岡鉄舟は大悟の前、何度、浅利又七郎義明
と立ち合ってもどうしても勝つことが出来ません。その時のお話です。
剣の道を志して20年、どうしても安心の境地に至らなかった。
必死に剣の道に悟りを開いた人を求めていた。
一刀流名人に浅利又七郎義明という人がいた。
この人は奥平家の剣法師範をしていた中西子正の次男であり、
伊藤一刀斎景久の剣法を正しく伝える名人であった。
これを聞いて喜んだわたしが試合をお願いしてみると、
なるほど世間にもてはやされている剣術と非常に性格が違
うものであるということがわかった。
外にあらわれるところ柔軟だが、内に剛直なものを持っており、
精神を呼吸に集中し攻撃にかかる前に勝機をつかんでしまうのである。
このような人をこそ真の明眼の達人というべきであろう。
その後何度対戦しても、自分の力量でははるか及ばないことを知らされた。
修行を怠らずにつとめていたが、浅利の幻影が自分の剣の前に現れる。
それはまるで一つの山を相手にしているようであり、到底打ち掛かっていくことが
できないもののように思われた。

間に合はず秋草棺に入れてやりし(立田幽石 老師54歳の時の句)
長男快川は七歳の時、盲腸炎の手術手遅れとなり、その後しばしば腸捻転の
為、開腹手術を行う。再発し、諏訪の日赤病院にて手術せしも、八月二十五日
帰寂す。念場ケ原の草花を抱えて駆けつけしが間に合わず。

その2に続く
 

 
千葉 金風 記
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (12)
クリスチャンである小説家曽野綾子さんの心に迫るパウロの言葉の中に下記
のような文章があります。
「パリサイ派ユダヤ教徒、パウロはダマスコの回心以来、百八十度の意識
の転換をしたのであった。彼の中で価値観が変化したのである。そ
れまでの彼は現世で有能な人物である
ことを目指していた。高名なラビになれば、
人々の尊敬も得られ、人気も出て物質的
にも恵まれてきただろう。・・・・・
しかし、その日以来、パウロは与える側に廻ったのである。
物質的なものや現世的な権勢が全く色褪せて無価値になり、
その代わりに輝くような魂の世界が見え始めた。
その心の秘密は使徒言行録20章35節に極めて
さりげなく、しかも決定的な重さをもって示されている。
あなたがたも、このように苦労して、
弱い人を助けなければならないこと、
また、主イエズスご自身が『受けるより与えるほうが幸いである』
と仰せになったことばを、心にとどめて
おくように、わたしはいつも模範を示してきました。」
・・・・ここに語られているのは極めて普遍的真理である。
人間が、自分は生きるに値するかもしれない
と自ら思えるのは、受ける時ではなく、与える時である、
というのは心理学の明白な答えである。

打水や庭石個々の光あり 立田幽石(老師67歳の時の句)
 

 
千葉 金風 記
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (12)

第200回摂心

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
札幌支部 石狩道場 2020/7/26 15:41

18日(土)から25日(土)まで、第200回の札幌支部摂心が、厳修されました。
今回も以前、札幌支部の会員だった四国在住の紹隆さんより、チオビタとたくさんの四国の特産物が届きました。
 
摂心中、皆でいただき、スダチは沢山あったので、分けて持ち帰りました。
 また、準農家なみに野菜作りに励んでいる藏燈さんより、野菜のご喜捨がありました。
 
(野菜の一部)
おかげで、今回は、あまり野菜を買わずに済み、助かりました。
私が、典座担当でしたが、休日には一山さんも典座に加わってくださり、私がもたもたしている間に、鍋やおかまを洗ってくれたり、ちゃっちゃと野菜炒めを作ってくれたりと、頼もしい限りでした。仕事も丁寧。定年退職されて、典座に専念できるようになる日が、待ち遠しいです。といっても、まだ、約10年先の話ですが。
 日曜日には、夏摂心恒例の布団干し、土曜日は、座布団を干しました。
土曜日、午後には、200回摂心を記念して、隠寮の庭に槿の記念植樹を行いました。
 
 コロナ禍のため、懇親会はなく、円了茶礼後、片付け、解散となりました。
  
 芙蓉記

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (18)

最近気になっていること

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
札幌支部 石狩道場 2020/7/26 10:04
石狩道場は居士禅者(お坊さんでなく、職業を持ち社会人として日常を送りながら
禅の修行を継続している人々の集まり)の集まりで平日は常駐している人はいません。

最近、留守電で2名程、興味がありますという方のメッセージがありました。
石狩道場の電話は旧式で来電した方の電話番号を表示する機能はありません。
1名の方は女性で坐禅に興味がありますというメーセージだけでした。
もう1名の方は男性で携帯電話番号も音声に入れていただいたのですが、
末尾4桁のうち3桁が聞き取れなくて、何回か数字を替えて電話しましたが、いづれも人違い
でした。
 折角、御縁がつきそうだったのですが、残念なことだと思いました。
そこで、小生の携帯メール番号と携帯電話番号を公開しますので、何か、質問があれば
遠慮なくお問い合わせください。
小生も職業を持って日中働いていますので、すぐには出られないことがあると思いますが、
照会事項には必ず回答します。どのようなことでも結構です。
携帯電話090-7654-0891、携帯メールheart-to-heart-sky@docomo.ne.jp
千葉 金風記

 
 


  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (17)
 パウロはイエスと同じ頃タルソに生れたユダヤ人です。
このヘレニズム文化の中心都市の一つで教養を身につけ、
ローマ市民権を有していました。ユダヤ教の指導的律法学者ガマリエルに
学び、パリサイ派に属していました。
当時、彼は律法を損なうイエスの追随者達を迫害しておりました。
パウロは信仰深いステパノを葬り、家々に押し入って男や女を引きずり出し、
獄に渡していきます
彼がダマスコの近くにきたとき、突然、
天から光がさして、彼をめぐり照らしました。
彼は地に倒れました。
その時、「サウロ(パウロのヘブル名)、サウロ、
何故わたしを迫害するのか?」とイエスの言葉を
聞きます。
そして、3日間、目が見えなくなりました。
イエスの使いのアナニアがサウロのところに行き、
手をサウロの上に置きました。
「兄弟サウロよ、主イエスがあなたが
再び目が見えるようにするため、私をおつかわしに
なったのです。」
すると、サウロの目から、うろこのようなものが落ちて、元
通り見えるようになりました。
禅で本心本性を悟るということは
目からうろこが落ちることなのです。
大霧に忽然と無し神秘の湖 立田幽石(老師69歳の句、摩周湖にて)


 
千葉 金風 記
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (20)

摂心会とはどういうものか

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
札幌支部 石狩道場 2020/7/22 20:33

令和27月18日(土)19時から7月25日(土)17時まで1週間石狩道場で摂心会が開催されております。摂心という文字は心をおさめて散らさずという意味です。
この1週間は万事をなげうって禅の修行に専心励むのです。

修行を徹底するためには門外不出で会場に詰めきり、一同寝食を共にするのが原則です。
しかし、私たちは専門の僧侶とは違って、一般社会にて活動しており、仕事などの為、止むを得ず外出することもありますので、そのときは直日(じきじつー責任者)の許可を得てから下山します。
 コロナ禍の影響で宿泊を伴う摂心会は今年になって初めて今回から実施することが出来ました。

一週間の集中修行期間といっても坐禅ばかりしている訳ではありません。
作務といって室内清掃や除草等をする時間もあります。坐禅は静中の工夫ですが、作務は動作中に工夫を続ける修行です。同時に団体行動の中で協力して作業をやり抜くことを修練します。「静中の工夫は動中の工夫にまさること万万」という言葉があり、真剣に工夫すれば、大いに道力をつけることが出来ます。

また、提唱という老師の講座もあります。学校での講義とは全く本質的に異なります。
提唱とは「師家が宗綱―しゅうこうーを提(ひっさ)げもち来って大衆の面前に唱え出す」ことです。即ち、師家自身が体得している如是法を講本をかりて、そこにまえ出すのあります。初心者には耳慣れぬ用語を多く、難しく何が何だかわからぬこともあると思いますが、会(え)衆は耳で話を聞き、頭で理解するのではなく、全心身を耳にして聴聞三昧の姿勢で聞いてください。
 初心の方の参加も大歓迎です。ただ、初心の方は全日程の参加は体力的、精神的にハードルが高いと思われますので、部分的に、例えば、提唱(提唱は夜7時から1時間位)だけは聴聞しようという具合に参加するのがよいと考えます。
 
千葉 金風記

 
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (21)
老子第道徳経第33章
知人者智。自知者明。勝人者有力。自勝者強。
知足者富。強行者有志。不失其所者久。死而不亡者寿。
他人を知ることより自分を知ることの方がむずかしい。自分を知る者を真の賢者というのだ。
他人に勝つことより自分に勝つこと方がむずかしい。自分に勝つ者を真の強者というのだ。
本当の自分を知ることを禅では見性と呼んでいます。
7月17日は紫陽花忌、俳人水原秋桜子の忌日、また、石原裕次郎の忌日でもあります。
止まり木に老いける鷲や青あらし 水原秋桜子
 

 
千葉 金風 記
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (26)
Copyright © 2014 人間禅 石狩道場 (Powered by ImpressCMS)
Theme Desinged by OCEAN-NET