メインメニュー
札幌支部 石狩座禅道場



〒061-3245
石狩市生振六線南2号
(いしかりしおやふる6の2)

TEL/FAX 0133-64-9045
お問合せはこのホームページ
からどうぞ

お問合せはこちら


カーナビ、スマートフォン
来られる方は、以下で検索
してください。
石狩市生振584−17
注:これはGoogleマップで
郵便の住所ではありません。

 

インスタグラム
  
このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
検索
カテゴリ一覧

ブログ - 生きるとは苦しいこと

生きるとは苦しいこと

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
札幌支部 石狩道場 2022/1/8 17:51

上座部仏教の長老スマナサーラ師はこう言います。

生きるとは、複雑なようであって、じつはとても

単純です。歩いたり座ったり、喋ったり、寝たり

起きたり。それ以外、特別なことはありません。

この単純さを認めないことが、苦しみのもと

なのです。

 この単純さ以外に、何か人間を背後から支配して

いる「宇宙の神秘」のようなものがあると思うのは、

妄想です。

老いて、体が動かなくなれば苦しい。病気になれば

苦しい。生きること自体苦しい。大切なのは、将来で

はなく、「いま」の行為に充実感と喜びを感じられるか

否かだと。

「いま」の行為に集中する為、坐禅をしましょう。

数息観や随息観をしてもなかなか無心になれません。

人間には「習気―じっけ」というものがあり、自分で

は煩悩を尽くせたとしても、煩悩の残り火が残って

います。無になるとか、無心になろうと思わず、仕様

もない奴だと諦めて坐禅し、数息観をしてみては如何

でしょうか?
千葉 金風記

 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (107)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.ningenzen.jp/sapporo/modules/d3blog/tb.php/805
Copyright © 2014 人間禅 石狩道場 (Powered by ImpressCMS)
Theme Desinged by OCEAN-NET