メインメニュー
札幌支部 石狩座禅道場



〒061-3245
石狩市生振六線南2号
(いしかりしおやふる6の2)

TEL/FAX 0133-64-9045
お問合せはこのホームページ
からどうぞ

お問合せはこちら


カーナビ、スマートフォン
来られる方は、以下で検索
してください。
石狩市生振584−17
注:これはGoogleマップで
郵便の住所ではありません。

 

インスタグラム
  
このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
検索
カテゴリ一覧

ブログ - 短期摂心円了

短期摂心円了

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
札幌支部 石狩道場 2021/9/21 15:17
 昨日、第205回摂心会が無魔円了いたしました。
 当初は一週間の予定でしたが、コロナの感染状況を鑑み、日程を短縮して二泊三日の短期開催となりました。緊急事態宣言下のため、職場の指示により参加できない会員もいました。

今回も藏燈さんと耕尽庵老居士から沢山の野菜、藏燈さんの奥様から手作り煮豆のご喜捨がありました。短期間でもあったため、野菜は長ネギとキノコを買っただけで済みました。


   藏燈さんからの野菜
  それにしても、嘯月さんは人数の多い時に、よく典座をやっていたなぁ、と毎回思います。人数が多いと作る料も多くなる上、参禅に時間がかかるので、料理に費やせる時間も短くなります。
  
 今回は、結制日から提唱がありました。一日目は、無門関から「喚主人公」の則、二日目は、「大乗仏教の真空観~真空妙有」と「不動心と転心」について法話風の提唱でした。二日目の提唱には、真淡さんが駆け付けられました。
 また、午前中にお休みが取れたからとのことで、空道さんが、二日とも午前5時過ぎから午前の参禅まで参加されました。空道さんのご自宅は札幌の南の方ですので、道場まではかなり時間がかかります。あの時間に入山するのは、大変だったろうと思いました。

   
 木々に囲まれた道場は、落ち葉降る季節です。私は、典座の仕事でずっと道場内にいましたが、居士の皆さんは、天気に恵まれた三日間、外作務に精を出されていました。
  

 コロナの新規感染者も随分減ってきました。次の摂心は11月。次回は、通常通り開催できるのでは、と思っています。

  

芙蓉記
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (34)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.ningenzen.jp/sapporo/modules/d3blog/tb.php/788
Copyright © 2014 人間禅 石狩道場 (Powered by ImpressCMS)
Theme Desinged by OCEAN-NET