メインメニュー
石狩座禅道場



〒061-3245
石狩市生振六線南2号
(いしかりしおやふる6の2)

TEL/FAX 0133-64-9045
お問合せはこのホームページ
からどうぞ

お問合せはこちら


カーナビ、スマートフォン
来られる方は、以下で検索
してください。
石狩市生振584−17
注:これはGoogleマップで
郵便の住所ではありません。

 

インスタグラム
  
このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
検索
カテゴリ一覧

ブログ - 今北洪川禅師ー親族の説得をはねのけ敢然と出家(6)

今北洪川禅師ー親族の説得をはねのけ敢然と出家(6)

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
札幌支部 石狩道場 2020/1/25 17:15

札幌雪祭りに向け、懸命に雪像作成中 大通公園より

時に天保11年(1840年)9月8日重陽の前日で、禅師24歳、生別斎(しょうべつさい)を設け、親族、門人を呼び集めて愛用の書籍、硯、筆等を皆に贈り、かつ、妻子を父母に預けて、皆の前に生別の詩を唱えました。

孔聖釈尊非別人  孔聖 釈尊 別人に非ず

彼謂見性此謂仁  彼は見性といい、此は仁という

脱塵休怪吾麤放  脱塵怪しむことを休めよ 吾が麤放を

箇浩然一片真  箇の浩然の一片の真を行ぜん

そして、若い妻にも一紙(離縁状)を与えました。

我と汝と譬へば繊を以って 土遇人(つちにんぎょう)を繋ぐが如し

今絲断たれて我は山に入る。穢土厭離 帖 件(くだん)の如し

九華真人 一円相を花押とす

阿麻氏

九華真人とは道家思想で悟りを得た仙人の意味であります。

これが当時の今から280年前、約300年前の禅師の人生観であり、当時の封建時代における日本人の一部の人生観を反映しています。

現代から見れば、とんでもない男ということになるでありましょう。女性を物としてしか扱っていない。セクハラ モラハラ 散々女を食い物にして家事でこき使って捨てた等々 ♯ハーシュタグme tooでSNS発信すれば、即、炎上ものであります。現代では最低男で非常識で惨憺たる評価の男であります。だから、現代では御伽話であります。
鬼大拙 に続く
千葉 金風記

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (41)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.ningenzen.jp/sapporo/modules/d3blog/tb.php/604
Copyright © 2014 人間禅 石狩道場 (Powered by ImpressCMS)
Theme Desinged by OCEAN-NET