メインメニュー
石狩座禅道場



〒061-3245
石狩市生振六線南2号
(いしかりしおやふる6の2)

TEL/FAX 0133-64-9045
お問合せはこのホームページ
からどうぞ

お問合せはこちら


カーナビ、スマートフォン
来られる方は、以下で検索
してください。
石狩市生振584−17
注:これはGoogleマップで
郵便の住所ではありません。

 

このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
検索
カテゴリ一覧

ブログ - 第196回摂心会報告

第196回摂心会報告

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
札幌支部 石狩道場 2019/7/21 15:24
 13日(土)夜から20日(土)まで、第196回摂心会が厳修されました。
 結制茶礼に先立って、I居士とO居士の入会式が執り行われました。この両居士は今摂心で、初関を透過され、次回9月の摂心には、道号を授与されることになりました。おめでとうございます!
  
 14日午前9時からは、「食前の文~臨済和尚」という題で老師の法話がありました。日曜日ということもあって、多数の参加がありました。
 15日には、今回も四国の紹隆さんから、お酒やお菓子、スダチ、海産物など四国の銘品が楽しい手書きマンガと共に届きました。お菓子は、作務後おいしくいただきました。海産物は、典座の嘯月さんが料理に利用され、お酒は懇親会でいただきました。「うまい!」と皆さん、口々におっしゃっていました。大きくて立派なスダチは皆で分けて持ち帰りました。
 16日には、私(芙蓉)が拙いお話をさせていただきました。
  
 今摂心、曇りの日が多く、夏の摂心の恒例行事布団干しは、9月に持ち越しとなりました。が、雨も大して降らず、蒸し暑い中、了々庵老師は、道場の木々剪定作務に精を出され、日中道場に詰めている居士の方々は、汗だくになってその後始末や草取りなどの外作務に追われました。
  
 最終日、円了前に追憶尋思式が執り行われました。いわゆる法要です。札幌支部の発展に尽力された方々を偲びました。
  
 円了茶礼のご垂示では、「どうぞ、この清々しい環境を維持するように!月一度は皆で作務に汗を流す日を作るようにお願いしたいと思います。・・・それにいたしましても一日一炷香を怠ることなく、日々を充実して生きられますように!九月に又、お互いに元気な姿でお会いしましょう。」との言葉がありました。
   
 円了後は、懇親会兼嘯月さんの瑞宝小綬章叙勲祝賀会が行われました。皇居に入られ、天皇陛下にお会いになった話などをお聞きしました。賞状と勲章の写真も見せていただきました。副賞が「中華まんじゅう」には、笑ってしまいました。その後、いつものように「愛唱歌集」の中から皆で歌を歌って、2時間ほどでお開きとなりました。
  

芙蓉記

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (45)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.ningenzen.jp/sapporo/modules/d3blog/tb.php/571
Copyright © 2014 人間禅 石狩道場 (Powered by ImpressCMS)
Theme Desinged by OCEAN-NET