メインメニュー
石狩座禅道場



〒061-3245
石狩市生振六線南2号
(いしかりしおやふる6の2)

TEL/FAX 0133-64-9045
お問合せはこのホームページ
からどうぞ

お問合せはこちら


カーナビ、スマートフォン
来られる方は、以下で検索
してください。
石狩市生振584−17
注:これはGoogleマップで
郵便の住所ではありません。

 

このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
検索
カテゴリ一覧

ブログ - 物惜しみと反抗心

物惜しみと反抗心

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
札幌支部 石狩道場 2019/7/21 8:09
物惜しみーマッチャリヤ(Macchariya)-
することも度を超えた怒りの一つです。
俗にいう「ケチ」です。
自分のものを自分で使いたいという気持ちは誰にでもあります。
マッチャリヤは、「自分の楽しみを他人にあげたくはない」
という怒りです。 他人が楽しむのは嫌ということです。
微妙に嫉妬ともダブッていますが、現れ方が違います。

反抗心ードウッバチャ(Dubbaca)-と訳していますが、
直訳は「言いにくい」です。しつけしにくい、
指導しにくい、教えにくいということです。

反抗心と訳したのは、ドウッバチャの人は結果的に、
他の人の言葉を受け取らないからです。
人は、自分はこれが楽しみだと勝手なプログラム
をつくってその通りに生きようとします。

しかし、その通りにはなりません。
生きることは苦なのです。
渇愛や執着があることもわかりません。
ただ単に自分の苦しみゆえに「こうなったら幸福だ」
と勝手に決めつけているだけです。

お釈迦様は「誰でも覚れますか?」という質問に対して、
「言うことを素直に聞く人であること」
「自分の良いところ悪いところを素直に話してくれる人であること」
の二つの条件を満たした人なら、

「私のところに来たら2~3週間で覚らせてみせます」
とおっしゃったことがあります。
最初の素直に聞く人はドウッバチャの反対です。
自分のこと素直に話してくれる人はマッカの反対です。
マッカは誰かについて、良いところを見ない、アラ探しをするのです。

千葉金風記
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (112)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.ningenzen.jp/sapporo/modules/d3blog/tb.php/570
Copyright © 2014 人間禅 石狩道場 (Powered by ImpressCMS)
Theme Desinged by OCEAN-NET