メインメニュー
石狩座禅道場



〒061-3245
石狩市生振六線南2号
(いしかりしおやふる6の2)

TEL/FAX 0133-64-9045
お問合せはこのホームページ
からどうぞ

お問合せはこちら


カーナビ、スマートフォン
来られる方は、以下で検索
してください。
石狩市生振584−17
注:これはGoogleマップで
郵便の住所ではありません。

 

このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
検索
カテゴリ一覧

ブログ - 度を超えた怒りについて(2)

度を超えた怒りについて(2)

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
札幌支部 石狩道場 2019/7/11 7:15
vera(ヴェーラ)激怒①

一般的な怒りはveraが多い。
怒りとして認識し、あとから後悔しがちです。
怒り心頭に発する、青筋を立てるとかいいます。
暗くなった心の状態(ドーサ)を放っておくと、
心はどんどん回転し、暗さを増していきます。

upanaha(ウパナーハ)怨み②

怨みも怒りです。ふつうの怒りのレベルのうちなら、
「そんなこと忘れてください」
「一杯、飲みましょう」で気分が代えられます。
ウパナーハの場合は、いったん気分が切り替わっても元に戻ります。
自分でどんどん再生し増殖するのがウパナーハです。

階段で足をぶつけたとします。痛くて嫌だと思います。
ここまではドーサです。
階段を見る度に嫌な思いを思い出すとすると、ウパナーハです。
坊主憎けらや、袈裟まで憎いです。

makkha(マッカ)軽視③

マッカは消すという意味です。
何を消すかというと、
人の良いところをなかったことにするのです。
誰かについて、良いところを見ない、
アラ探しをするのです。
最初から欠点を探してやるぞ、
嫌なところを探してやるぞという心持ちですから、
常に嫌な気持ちでいます。
相手の弱点や欠点をみたい。
他人の幸福が妬ましい。
マッカのウィルスは皆持っています。
通常は寝ています。
人が楽しんでいる時、
ちょっとケチをつけたくなります。
これがマッカの種です。
隣の芝生は青い、他人の不幸は蜜の味です。
いかに早くドーサの段階で気付いて、
対処するかがポイントです。
自分はドーサで、気分が滅入っているぞ
、職場で同僚から「こんなことできないですか!」
と言われるとついむかってとします。
自分はむかついて、顔が熱気を帯びてきたなと
感情を感情のままに観察します。

千葉金風記
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (59)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.ningenzen.jp/sapporo/modules/d3blog/tb.php/568
Copyright © 2014 人間禅 石狩道場 (Powered by ImpressCMS)
Theme Desinged by OCEAN-NET