メインメニュー
石狩座禅道場



〒061-3245
石狩市生振六線南2号
(いしかりしおやふる6の2)

TEL/FAX 0133-64-9045
お問合せはこのホームページ
からどうぞ

お問合せはこちら


カーナビ、スマートフォン
来られる方は、以下で検索
してください。
石狩市生振584−17
注:これはGoogleマップで
郵便の住所ではありません。

 

このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
検索
カテゴリ一覧

ブログ - 皐月摂心報告

皐月摂心報告

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
札幌支部 石狩道場 2019/5/19 16:07
 
 16日(木)夜から19(日)の朝まで、皐月摂心会が厳修されました。結制茶礼のご垂示では、「34日の短い摂心ですが、短いからこそ、火の玉となって「公案三昧」「作務三昧」を行じるように」とのお言葉がありました。昼間は暖かかったのに、夜になると冷えこんできて、やはり道場は寒いと思いました。
  
 17日夜には、嘯月居士の法話がありました。今年81歳になるというのに、マラソン、典座長(食事係の長)を続けているスゴイ方です。サロマ湖100キロマラソンは、15年間続けて完走。典座長も20年以上続けておられます。その方が、学生時代に如々庵老師と出会い、その後二十数年後、札幌にて、また、運命的な出会いで坐禅を始めたこと。転勤で遠隔地から修行を継続したこと。どんな時にも走る、坐禅をするという習慣を続けてこられたことなどをお話しになれらました。いい法話でした。
   
 18日夜は、了々庵老師の食前の文第一の百丈和尚を取り上げたご提唱でした。食前の文の第一文とは、次のようなものです。

「百丈和尚の曰く、“一日作さざれば、一日食らわず”と。我れ今、恥ずることなくしてこの箸を取り得るや?」

  
 終戦時の飢餓やフィリピンのゴミの山で暮らす一家と比較して、現代日本は食料を大事にしていないこと、百丈和尚が最初の悟りを開いた因縁などを話され、「作すとは、もちろんいいことをなすのだが、いかになすかが大事だ。雑念なく、三昧でなしているかどうかだ。」というお話で提唱を終えられれました。
  
 毎日、お天気にめぐまれ、居士の方々は、タンポポ抜きに精を出していました。また、18日夜中には、旭川から仕事を終えた無外居士が駆け付けて来られ、朝1回の参禅をして帰って行かれました。
   
 円了茶礼のご垂示は、「道場内外の環境整備に力を注ぎ、道場も人も清々しいとい道場にするように」とのお言葉で締めくくられました。
 
  円了後の日曜坐禅会には、久しぶりにWさんも参加、和やかな時間を過ごしました。
 

芙蓉記
 
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (29)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.ningenzen.jp/sapporo/modules/d3blog/tb.php/555
Copyright © 2014 人間禅 石狩道場 (Powered by ImpressCMS)
Theme Desinged by OCEAN-NET