メインメニュー
石狩座禅道場



〒061-3245
石狩市生振六線南2号
(いしかりしおやふる6の2)

TEL/FAX 0133-64-9045
お問合せはこのホームページ
からどうぞ

お問合せはこちら


カーナビ、スマートフォン
来られる方は、以下で検索
してください。
石狩市生振584−17
注:これはGoogleマップで
郵便の住所ではありません。

 

このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
検索
カテゴリ一覧

ブログ - 第193回摂心:後半

第193回摂心:後半

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
札幌支部 石狩道場 2018/10/30 15:13
 27日(土)、第193回摂心会が無魔円了いたしました。
 

前半はお天気に恵まれたのに、後半に入るとお天気が崩れ始め、特に27日は、会員の携帯にたくさんの「緊急速報メール」が届き、座禅中も鳴ってうるさいくらいでした。そんな大雨のなか、真淡さんが、お菓子の差し入れを持って顔を見せてくれました。胆振東部地震以来、色々と忙しく、日曜座禅会の方にもなかなか顔を出せないでいたが、少し落ち着いてきたとのこと。「また、日曜座禅会に来ます」、と言い残してすぐに下山されました。また、Iご夫妻、今回参禅を始められたOさんも、おいでになりました。Oさんは、今摂心、放参日を除いて毎日参加され、参禅に励まれました。

 
 円了茶礼のご垂示では、病気、やむを得ない家庭の事情、職場の都合と、参加できないものが多く残念だったが、道場に詰めた数名が熱心に参禅し、雪囲いの作務もはかどった。「いつわりの無き世なりけり神無月 誰がもことにか時雨そめけん」という古歌のとおり、私たちが生きている天地自然というものには、いささかも偽りがなく、正しい必然の理法にしたがっており、ごまかしというようなものは毛一筋もない。「誠は天の道なり。これを誠にするは人の道なり。」で、禅の修行は「これを誠にする」道である、と述べられた後、3週間後の11月17日夜から18日にかけて臨時の一泊参禅会を催す、とのお言葉がありました。参禅会の詳しい日程についてな、また別の機会のお知らせしたいと思います。
  

円了懇親会は、嘯月さんが心を配って用意してくださった美味しいお肉のすき焼きや果物、お寿司、藏燈さん持参の京都の銘酒などが並び、お話をしたり、いつものように歌を歌ったりして、楽しいひと時を過ごしました。

 

芙蓉記
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (18)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.ningenzen.jp/sapporo/modules/d3blog/tb.php/531
Copyright © 2014 人間禅 石狩道場 (Powered by ImpressCMS)
Theme Desinged by OCEAN-NET