メインメニュー
石狩座禅道場



〒061-3245
石狩市生振六線南2号
(いしかりしおやふる6の2)

TEL/FAX 0133-64-9045
お問合せはこのホームページ
からどうぞ

お問合せはこちら


カーナビ、スマートフォン
来られる方は、以下で検索
してください。
石狩市生振584−17
注:これはGoogleマップで
郵便の住所ではありません。

 

このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
検索
カテゴリ一覧

ブログ - 雨の日曜座禅会

雨の日曜座禅会

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
札幌支部 石狩道場 2018/4/15 14:39
 暖かくなってきたと思っていたのに、また寒くなりました。冷たい雨が降る中、7名が集まりました。珍しく、蔵燈さんと珠玉さんは、お休みでした。
    
 座禅後の茶話会では、嘯月さんが、釈宗演老師が、慶応義塾で福沢諭吉に洋学を学んだという読売新聞の記事を紹介して下さいました。禅を極めた後、まだ学ぼうという姿勢のあること、また福沢諭吉が、宗演老師の偉大さを見抜いていたこと、に感銘を受けたとのことでした。後に釈宗演老師は、円覚寺の管長になります。その弟子の釈宗活老師は、人間禅を創設した立田英山老師の師であり、宗演老師は私達にも関係のある方です。宗演老師には、夏目漱石も参禅して、「門」という小説を書き、また、鈴木大拙も宗演老師について修行し、アメリカに禅を広く紹介ました。
 そこから、福沢諭吉や、外国語を学ぶ話、最近の若い人達の働くことに対する意識の話などになりました。

    

茶話会後は、5月の連休に本部(千葉)である人間禅70周年記念行事での余興に使う、嘯月さん力作の船の組み立てと解体の練習をしました。簡単に組み立てと解体できるように、上手に工夫されていて、スゴイなぁと思いました。札幌支部で今後代々、使われていくことになるのでしょう。29日(日)にもう一度、組み立てと解体の練習をしたあと、千葉に向けて発送するそうです。

   

芙蓉記
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (78)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.ningenzen.jp/sapporo/modules/d3blog/tb.php/485
Copyright © 2014 人間禅 石狩道場 (Powered by ImpressCMS)
Theme Desinged by OCEAN-NET