メインメニュー
石狩座禅道場



〒061-3245
石狩市生振六線南2号
(いしかりしおやふる6の2)

TEL/FAX 0133-64-9045
お問合せはこのホームページ
からどうぞ

お問合せはこちら


カーナビ、スマートフォン
来られる方は、以下で検索
してください。
石狩市生振584−17
注:これはGoogleマップで
郵便の住所ではありません。

 

このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
検索
カテゴリ一覧

ブログ - 摂心会参加記ー真夜中の怪音

摂心会参加記ー真夜中の怪音

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
札幌支部 石狩道場 2018/3/22 10:49
石狩禅道場では、314日~21日の1週間、第191回摂心会が行われました。今回は、この道場で了空庵老師にご鉗鎚いただく最後の摂心会なので、いつも一期一会には変わりないのですが、いっそうその思いを強く感じました。ご提唱は了空庵老師の「無門関」と了々庵老師の「宗門無尽燈論」でした。そして了空庵老師が初心者向けに法話をされました。法話は、この夏、道場での座禅体験ツアーを企画しておられるJTBSさんも聴聞されました。摂心会の公式報告はいつもながら芙蓉さんにお任せするとして(いつも頼りにしていてすみませんm(_ _)m)個人的な感想を少し書きます。
 
まず、今回は先月あいの里座禅会に参加された大学生のTさん(女性)が、前半泊り込みで道場からインターンシップに通いつつ朝晩の座禅に参加され、提唱、法話も聴聞されて、参禅願いを出されました。最近若い方の参加が増えており、頼もしく感じます。Tさんは当初車の送迎を遠慮されて、あいの里教育大から道場まで約1時間かけて毎日徒歩で往復される予定だったのですが、いくらなんでもそれはきついだろうし、車道はもう雪が解けているからと大丈夫だろうと思って、自転車をお貸ししました。初日はその自転車でキャリーバックを牽きつつ道場に向かっておられましたが、天気は悪くなるし、外は暗くなるし、みんなで心配になり、途中から藏燈さんが車で迎えに行かれました。藏燈さんは袴姿で、顔見知りではないし、変な格好の知らないおじさんが車から「乗って行かない?」なんて声をかけても乗ってくれるだろうかと少々心配でしたが、無事乗って来てくれてほっとしました^^。最終日に感想をお聞きしたら、「もっと怖いかなと思っていたけれど、なんだかすんなり入れました」と言ってくれて嬉しかったです。これからも無理をせず、ぜひ継続して欲しいと思います。
 
さて、今回の最大の出来事は真夜中の怪事件です。これは、芙蓉さんと私しか知りません。今回は二階の東側の部屋に寝泊りしたのですが、さて、寝ようと思って電気を消すと、定期的に、しかし間隔は時々乱れて、「どーん!どーん!」というものすごい音がするのです。ひどいときは窓硝子が振動して、とてもじゃないけれど眠れません。ひょっとしたら、真淡さんが居合いの練習をしているのか(素手で煉瓦も割れるというし)、玄暉さんが剣道の練習をしているのか(なんせ剣道7段の達人だし)、はたまた無光さんが懇親会用に大根切りの練習をしているのか(まさかね^^;)、いや、それより公案があまりにも透らないので、誰かが狂って道場の壁をぶち壊しにかかっているのか(本当にそんな音なのです)…とあれこれ想像を巡らしていると、ますます、「どーん!どーん!」と響いてきます。勇気のある芙蓉さんが、ちょっと見て来ると言って下に降りていき、男性が寝ている部屋を覗き見してきたところ、人数分ちゃんと寝ていたとのこと。誰かが狂っているわけではなさそうです。ますます不思議。しかし、大法に不可思議なし!ということで、今度は私が勇気を出しておそるおそる窓を開けて外を見てみると…、なんと屋根の雪が落ちる音でした。雪が落ちる時こんな音がするなんて初めて知りました!以前、道場の屋根の雪が落ちて、その下に停めてあった了々庵老師の車が潰れたと聞きましたが、成程と納得しました。何の音か分かると、芙蓉さんは「なあんだ、良かった!」と言ってすぐさますやすやと寝てしまいました。私はほっとしてもまだ続いている落雪の音になかなか眠れず、芙蓉さんとの修行歴の差をつくづく感じました。まだまだ修行が足りません!

夜落ちた屋根の雪:一階の東側窓から見たところ
 
参禅の方は、最近ちょっと中だるみでイマイチ冴えなかったので、今回は了空庵老師に何とか喜んでもらいたいと思っていました。すると、ちょうど笑ってもらえそうな公案が巡ってきたので、意気込んで工夫したところ、了空庵老師に声を出して笑ってもらうことができて良かったです(*^^*)!最後の参禅では、拝をしている時にジーンと来て、涙が出たらどうしよう…と心配したのですが、その心配を察しておられたのか??すぐに鈴が振られて涙が出る暇もありませんでした^^;
 
懇親会は高級和牛のしゃぶしゃぶとカニが出て豪勢でした!久々に参加された玄暉さん、信玉さん、Kさんも交えて、歓談しました。そして、何と言っても目玉は藏燈さんの本格的な自作小噺と真淡さんの演歌。お二人とも公案の工夫そっちのけで準備をしておられたとのこと、頭が下がります。時間のない中、摂心会に駆けつけられた慧観さんやIさんご夫婦も参加できたら良かったのにと思いました。耕尽庵老居士、金風支部長、嘯月さんを始め、皆さんの心配りと働き、そして協力のお蔭で、とても充実した摂心会となりました。どうもありがとうございました!
 
雪解けて積もりて解けて師恩かな   珠玉
 
(珠玉 記)
 
 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (115)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.ningenzen.jp/sapporo/modules/d3blog/tb.php/480
Copyright © 2014 人間禅 石狩道場 (Powered by ImpressCMS)
Theme Desinged by OCEAN-NET