メインメニュー
石狩座禅道場



〒061-3245
石狩市生振六線南2号
(いしかりしおやふる6の2)

TEL/FAX 0133-64-9045
お問合せはこのホームページ
からどうぞ

お問合せはこちら


カーナビ、スマートフォン
来られる方は、以下で検索
してください。
石狩市生振584−17
注:これはGoogleマップで
郵便の住所ではありません。

 

このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
検索
カテゴリ一覧

ブログ - 睦月参禅会報告

睦月参禅会報告

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
札幌支部 石狩道場 2018/1/9 16:21

1月6日から2泊3日で睦月摂心会(参禅会)が、開催されました。

蔵燈さんの車に乗せて頂いて、午後2時半すぎに道場に到着。まだ誰も来ていませんでしたが、暖房は入れられていました、耕尽庵老居士が入れて下さったのでしょう。お水も出るようになっていました。私は、花を生けたり、加湿器、ポットを用意したりと隠寮関係の準備をしました。暮れに集まった時にはお水が出ず、できなかったお風呂掃除もしました。そんなことをしているうちに、他の会員の皆さんも、次々に入山。

   

今回は、高校1年生のI君も最初から参加されました。おっとりした感じの男の子でしたが、作務(掃除などの作業)は、一生懸命していました。初めての坐禅で、大変であったろうと思います。よく頑張った、と皆言っていました。

 
 翌朝は、冬なので、30分遅れで起床。すべての行事が、通常の摂心の30分遅れです。吹雪のため、午前中の坐禅に参加予定だったIご夫妻が来られなくなったのは、残念でした。なぜか、摂心となると雪がドンと降ります。午後には、前回参禅願を出したO君、JTBSさんも加わりました。4時半からの坐禅の時間を早めに切り上げ、Sさんが企画しようとしている、海外の日本人学校の生徒&父母の夏休み座禅体験会についての話し合いをしました。
  
 7時15分からは、了々庵老師の法話。「知足(足るを知る)」という題で40分ほどお話をされました。「知足は第一の富なり」(発句経)、「足るを知るものは富む」(老子道徳経)、「はだかにて生まれてきたに何不足」(一茶)など、様々な方の言葉をあげ、知足について説かれました。レジメは、句の後半部分を自分で埋めるようになっていて、下読みの時に、思わず、自分なら何と入れるだろうと考えてしまいました。
  
 翌日、円了後は、昼食懇親句会。いつものように俳人の珠玉禅子の進行で行なわれました。
入選された句をあげておきます。
 (了々庵老師賞) 父母のこと思い出す雑煮かな   珠玉禅子
 (特別賞)    手習いの手をとめてみる霙かな  了々庵老師

(天賞)     風雪の 夜の海へと 初仕事   W居士

(地賞)     雑煮餅 煮とけて胸も ゆるむ朝  K禅子

(人賞)     夜半さめて 寝息たしかむ 寒昴  蓮昌庵老禅子

(〃 )     鴨川へ 影沈ませて 雁渡る    了空庵老師

  

以上です。

  

芙蓉記

 
 
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (114)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.ningenzen.jp/sapporo/modules/d3blog/tb.php/474
Copyright © 2014 人間禅 石狩道場 (Powered by ImpressCMS)
Theme Desinged by OCEAN-NET