メインメニュー
石狩座禅道場



〒061-3245
石狩市生振六線南2号
(いしかりしおやふる6の2)

TEL/FAX 0133-64-9045
お問合せはこのホームページ
からどうぞ

お問合せはこちら


カーナビ、スマートフォン
来られる方は、以下で検索
してください。
石狩市生振584−17
注:これはGoogleマップで
郵便の住所ではありません。

 

このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
検索
カテゴリ一覧

ブログ - 水無月摂心会報告

水無月摂心会報告

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
札幌支部 石狩道場 2017/6/5 12:29

6月2日(金)から4日(日)まで石狩道場において、水無月摂心会が開催されました。

 

 初日、午後7時からはM居士の入会式が執り行われました。M居士は、春の65周年記念摂心で初関を透過された後、ますます熱心に修行に励まれており、奥様のご理解もあるようで、頻繁に道場を訪れては、作務をされたり、留護や座禅をされておられます。

 

土曜日の午前中には、安平町にお住まいのAさん、日曜座禅会常連のIさんご夫妻が、摂心に初参加されました。また、夜には、春の摂心にも参加し、今回参禅願を提出されたKさんも入山されました。午後7時からは、了々庵老師の法話がありました。題は、「死の不安の解決」。無学祖元(仏光国師)とその弟子である北条時宗の話などを熱を込めて語られました。

 

土曜日、日曜日は6月とは思えないほど寒く、暖房を入れました。天気も悪く雨がちで、そんな中、倒木の処理など外の作務をされた居士たちは大変であったろう、と思います。

 

日曜の午前中には、北大絶学会に5年ほど前から顔を出している、ポルトガル出身のH先生も参加。いっしょに座禅を組みました。翻訳家の珠玉禅子と英語教師であるM居士が通訳にあたられました。

 

12時過ぎより、焼きそばやお寿司、サラダや果物等のお皿の並んだ昼食会で、懇談。2時前頃にお開きになりました。

 

 

芙蓉記
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (58)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.ningenzen.jp/sapporo/modules/d3blog/tb.php/428
Copyright © 2014 人間禅 石狩道場 (Powered by ImpressCMS)
Theme Desinged by OCEAN-NET