メインメニュー
秋葉座禅道場



〒956-0832
新潟市秋葉区秋葉3-14-7
TEL/FAX 0250-24-9724
お問い合わせは
このホームページ
からどうぞ。

お問い合わせはこちら




このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
検索

ブログ - 最新エントリー

11/4日曜静座会・数息観評点基準後半

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
niigata 2018/11/4 20:34

道場で930分から45分静座しました。
鳥も泣かず静かな時間でした。
途中、数息観の数があやふやになりましたが、かまわずつづけました。
310
くらいで終わりの合図がありました。
 
お茶とお菓子で『風狂子一休』輪読会。読み手は春徳居士。
四十八 大徳寺復興 
1480
年大徳寺正門、褊門落成、復興事業完成す。81歳の老軀で大徳寺住職を拝命してから7年の歳月がかかっており、一休はこのとき88歳に達していた。
大燈徹翁以来の名刹をつなぎとめ、将来の興隆をはかる礎を築いたのだった。
 

一休さんの人並外れた人柄に皆さんからいろんな話でました。
来週の読み手は私です。
 
『人づくり肚づくりと禅』
(
人間禅第五世総裁葆光庵丸川春潭著)の中に「息観評点基準」があります。

前半は104日の、このブロクに載せてあります、今回はその続きです。
*****
転載等はご遠慮ください*****
58
: 数息観中期の「二念を継がず」を18まで、一回は達成できた。
60
: 数息観中期の「二念を継がず」を110まで一回達成できた。

 

   *ここから以上は、数息観中期の「一念不生」が始まり、数息観のメインは「一念不生」になる。

   *ここから数息観の質は大きく変わることに注意。「二念を継がず」に比べ、「一念不生」は頭燃を掬うが如き気合と集中力がなければできない領域になる。質の点検に注意。

65: 「一念不生」を15まで達成できるようになった(火大級の境涯に該当)

70: 数息観中期の「一念不生」を110まで、1回は完璧に達成できた。(風大級の境涯に該当)

75: 数息観中期の「一念不生」110までが2回連続も含めて安定してできた(ここから少しずつ数息観後期 [息を数えない数息観] を試み始めても良い)(識大級の境涯に該当)

80: 数息観中期の110までが5回連続も含めて安定してでき、後期が数分安定して続けられた。

 *ここから更に質が変化し、数息観の醍醐味を感じることができる。

85:一炷香において、完璧な正念息が20分継続できた。

   *数息観中期でも後期でも問わず、正念息(雑念が入らないらくて良しではなく、正念に住した数息を厳密に追及するために導入した新語、一念不生より数段厳しい)の継続が必要である。

   *後期の更に先にある忘息観法(数息観法から離れ、純粋に只管打坐になる)の世界に入る。

 

備考 評点付け

この評点付けは、主観評点であるから、絶対値に重きを置かず、自分の向上を自分で反省することに意味がある。

*********************

 
    無弦記
 
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (23)

第182回摂心会

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
niigata 2018/11/2 19:01

182回摂心会が1020()結制から27()円了まで厳修されました。
 
無風居士が節目を越えられました。結制日に老師様からお言葉がありました。
おめでとうございます。
 
道場の一日は
4
50分、起床
5
15分、静坐
6
15分、参禅

ラジオ体操
7
時   粥座
8
時   作務
9
30分、作務止め
10
時   静坐
11
時   参禅
12
時   斎座
14
時   作務
15
30分、作務止め
16
時   静坐
17
30分、薬石
18
30分、校本下読み
19
時   提唱法話
     講後参禅
21
30分、開枕
です。
 
私は、ラジオ体操をしたら下山して仕事をさせて頂きます。
校本下読みまでには間に合うようにしています。。
 
道場に詰めていられる方は作務をなさったり、大変ご苦労様です。
禅堂の障子が新しく綺麗になっていました。張り替えてくださいました。ありがとうございます。
 
提唱は、「非心非仏」「智不是道」「倩女離魂」「路逢達道」「庭前柏樹」の様でした。間違っていたらごめんなさいメモするべきでした。
 
円了懇親会は美味しい料理と歌で楽しいひと時を過ごせました。
清涼庵の発案で、今回の摂心会での失敗談を順番に発表していったのは特に面白く盛り上がりました。老師様からは、皆さんに「そんな事はたいしたことではないよ」と連発、慰めて頂きました。最後は輪になって手をつないで「靴が鳴る」を歌って、万歳でお開きとなりました。とても良かったありがとうございました。  無弦記
 
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (12)

日曜静座会・摂心会準備

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
niigata 2018/10/15 19:28

日曜静座会、久しぶりに道場に行きました。晴天です。
 
一炷香坐ってから摂心会の準備をしました。
 
今日道場での数息観、一炷香でちょうど300数えました。1から100まで、逆に100から1まで、又1から100までちょうどでした。終わりの合図と同時に100になりました。途中、鴉の声や雑念に惑わされず注意深く数に集中しました。家でするよりも一息が長かったようです。
 
手分けして、布団干し、看板書き、隠寮、典座、殿司、それぞれの準備をしました。
 
K
さんに初めてお会いしました。何回か参加されているようでした。嬉しくなりました。明るくなりました。どうぞよろしくお願い致します。 無弦記
 
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (23)

数息観評点基準

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
niigata 2018/10/4 7:06
新之助の検査をしました。
一山超えた感じがします。
摂心会の案内が届きました。
もうそんな時期が来ました。
 
朝起きるとすぐに座禅をしています。
以前ブログで紹介しました本
『人づくり肚づくりと禅』
(
人間禅第五世総裁葆光庵丸川春潭著)の中に「息観評点基準」があります。
*****
転載等はご遠慮ください*****
0
:その日数息観をせず。
30
:ちょっとした待ち時間、通勤途中の電車内などで、初期の数息観を実行した(数息の質は問わない)
40
:始業前、休息時間など、空いた時間に(椅子に座って)合計15分以上数息観をし、数息観初期の1から100までを実行した。
45
:半炷香(25分間)以上静坐し、数息観初期の1から100までを間違えずに数えられた。
50
: 一炷香静坐し、数息観初期の1から100までを間違えずに数えられた。
54
:数息観初期の1から100までを一炷香を通して間違えずに数えられた。(45分間では、100までを3から4回かぞえられる)
55
:数息観中期の「二念を継がず」を1~5までは何回か達成できた。
……後は後日機会を見て……
*********************
今日、初めて54点取れました。よほど注意していないと数があやふやになってしまいます。
励みになります。
無弦記
 
 
 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (40)

リフレッシュ座禅会「一行三昧」

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
niigata 2018/9/20 1:29
 18日のリフレッシュ座禅会は4名でした。如如庵老師の筆になる「一行三昧」の掛け軸を掛け鑑賞しました。写真を撮ればよかったですね……
 禅の一丁目一番地のような禅語です。心をその行動(一行)に集中して雑念なく専心没頭(三昧)するという意味です。また、座禅を指す場合もあります。
 ともかく、一行三昧の定義は何かとか、それができたかという結果は気にせず、とにかくそうあろうと念じて行動することの方が重要です。なぜならそれができて初めて一行三昧の意味が分かるからです。(門)
(写真:夏の名残のハマナス・小針浜)
 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (46)

家でも一炷香

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
niigata 2018/9/13 7:23
稲刈りシーズンでしばらく道場に行けません。
ブログ投稿も少しお休みします。
 
今まで家で45分通して坐らなかったのですが、坐ってみようと思いやってみましたらできました。今日で四日続いています。
 
坐禅の仕方を変えた高僧のお話を読みました。
*****転載等はご遠慮ください*****
「これまでは意思の力で坐禅をしていました。腰をしっかり立てたり、吐く息を長くしたり、精神を丹田に集中させたり、いろんなことを意識しながらやってきたんです。けれどもそういう意識的にやっていたことを全部やめてみました。そうやって全部手放してただ坐っていると、心の中から喜びが湧き上がってきたのです。それまで奥歯をかみしめて、鬼の形相で坐禅をしてきましたが、ニコニコと微笑みがこみあげてきました。私はそこで、すべてを手放して微笑みながら坐る坐禅というものもあるのではないかと発見しました。」
**************
 
45分は足がしびれますが達成感があります。
出来るだけ続けてみようと思っています。    無弦記
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (50)

久しぶりに爽やかな気候の中で

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
niigata 2018/9/2 17:18
 酷暑の夏も峠を越えまた子供たちの夏休みも終わって、今日は心新たに9月最初の日曜座禅会でした。今日は新しい方が1名参加され、マンネリ気味の道場に秋の爽風が吹きこんだようでした。大勢の方々に座禅をマスターしていただきたいと思います。
 さて、一炷香(いっちゅうこう:線香一本が燃え尽きる時間、約45分)坐った後は一休さんの伝記を読みました(読み手は澄空居士)。一休さんは晩年はあの応仁の乱の時代を生き、その動乱の中でも禅道を護ってきた気力には敬服を致します。皆で解らないところを話し合いながら進みました。茶菓で雑談しながらやっていますので、宜しければご参加下さい。(門/弥彦山から)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (51)
 8月最後のリフレッシュ座禅会、28日の座禅会にはお二人の新しい方が参加され、会を明るくしてくださいました。短時間ではざっくりとした説明しかできず、といって細かい話では消化不良にさせてしまいます。少し続けて頂いて座禅のスキルを持って帰っていただければと思っています。9月は4日と18日です。禅語の鑑賞もしています。クロスパルでお待ちしています。(門)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (47)

8/26 日曜静座会

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
niigata 2018/8/26 16:51

クーラーの効いた隠寮で45分座禅をしました。
雨が降って涼しくなるかと思いましたら先週より暑くなり、
禅堂でなく隠寮で正解でした。
45
分坐れるのはありがたいです。
頭が軽くなったようでした。
 

お茶とお菓子で『風狂子一休』輪読会。
四十三 応仁の乱

上に立つべき者が、勢力争いのとりことなって目を覚まさずにいたのがもとで、ついに十年にもおよぶ大戦乱が始まったのである。
四十四 あくどい商法

室町時代の関所は通行人から関銭を徴収するのが目的で旅行者は随分迷惑したようである
 
読み手は私でした。
下準備をして行ったつもりでしたが本番では間違えてしまったがありました。
勉強になりました 
来週の読み手は 澄空居士。
『越後路』の原稿、今月締め切りです。
忘れていません。 無弦記
 
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (34)

日曜静座会・俳句会

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
niigata 2018/8/19 20:45

禅堂で俳句会の方と13名、全員で25分坐ってから、隠寮で俳句会を行いました。
俳句などめったに作った事がないのですが5句作っていきました。
出席されない人も含めて66の句が清記用紙に書かれました。
良いと思われる句を15句選びました。
私の句を選んでくれた人もいました。
すべての句に先生の批評とアドバイスがありました。
少し変えるだけでとてもよくなります。
俳句の良し悪しが少しわかったような気がします。
 
ノンアルコールで乾杯
昼食
デザート
コヒー
 
定期的にあってほしいと感じました。
66
の中から
「新涼や今日亦楽し秋葉山」
「草笛や手を振るのみの老いの恋」(一番多くの方から選ばれた句)
 
無弦記
 
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (48)