メインメニュー
秋葉座禅道場



〒956-0832
新潟市秋葉区秋葉3-14-7
TEL/FAX 0250-24-9724
お問い合わせは
このホームページ
からどうぞ。

お問い合わせはこちら




このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
検索

ブログ - ノーベル賞

ノーベル賞

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
niigata 2019/10/10 8:15

ノーベル賞に日本の化学者吉野さんが選ばれました。

記者会見のなかで、「一生懸命考えているときには良い考えが浮かばないのに、何も考えていないときにふっと良いアイデアが浮かぶ」とおっしゃっていましたが、このことは座禅をやっている人には良く分かりますね。

座禅をやっているときに、良い考えが浮かんだり、忘れていたことを思い出したり、もちろんこれは雑念なのですが、よく起こることです。

ただ、学者が何も考えないという状況と禅者が何も考えないという状況とは、同じものなのか違うことなのか、よく見必要があります。

禅者が何も考えていないというのは、雑念を取り払って一点に集中していることです。ボーッとしていて、雑念を出るに任せている状態とは違います。

吉野さんの何も考えていないという状態がどちらなのか興味のあることです。
                            (涼)

 
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (12)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.ningenzen.jp/niigata/modules/d3blog/tb.php/357