メインメニュー
秋葉座禅道場



〒956-0832
新潟市秋葉区秋葉3-14-7
TEL/FAX 0250-24-9724
お問い合わせは
このホームページ
からどうぞ。

お問い合わせはこちら




このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
検索

ブログ - 宗教的なもの

宗教的なもの

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
niigata 2019/10/6 14:18

耕雲庵立田英山老師述『合掌の精神』を読んで、印象に残った箇所を抜粋させていただきました。
*************
転載等はご遠慮下さい*************
宗教的なもの
宗教と申しましても、未開時代の宗教もあるし、文明時代のものもあります。正しい宗教もあるし、邪なものもありましょう。が、今ここで、宗教の深浅邪正を論ずる必要はありません。ただ己を空しうする気持ちが、宗教の基盤をなすものであるということを立証するために、そして後に述べる合掌の精神を理論づけるために、仏教における他力門と自力門とのお話を、少しさせて頂きたいと思うのであります。それは、小さな自我を主張する排他的な思想からでは、どうしても合掌の精神を理解しがたいからであり、しかも仏教ではその小さな自我を否定するのをもって、教義としているからであります。言いかえれば、己を空しうして絶対者(それは仏と名づくべき神格者であろうとも、法と名づくべき真理であろうとも)に帰入するのでなければ、仏教は成り立たず又そこにまでいかなければ、合掌の精神には徹底できないからであります。
************************
 
こんな話を聞いたことがあります。だいぶ前の事らしいですが。海外に出張して、ホテルに泊まろうとした際に氏名住所などを記入して最後に宗教という欄に何気なしに「無宗教」と書いて出したそうです。すると宗教も持たない人は何をするかわからない、恐ろしくて泊められないということになった。しかしながら、まわりにホテルがない、何とか泊めて頂けないかと、お願いした。しかし頑として宗教も持たない人を泊められないと言って譲らない。困り果てて思わず、両手を合わせてどうか頼みますと懇願した。すると、「あなたは仏教徒ではないですか」と聞いてきた。「そうだ仏教徒だ」といってどうにか泊めてもらえた。日本に帰って仏教を学び始めた。 合掌 無弦記
 
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (24)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.ningenzen.jp/niigata/modules/d3blog/tb.php/351