メインメニュー
秋葉座禅道場



〒956-0832
新潟市秋葉区秋葉3-14-7
TEL/FAX 0250-24-9724
お問い合わせは
このホームページ
からどうぞ。

お問い合わせはこちら




このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
検索

ブログ - 今年最後の日曜座禅会

今年最後の日曜座禅会

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
niigata 2018/12/24 7:16
1230日は開催しないので、今年最後の日曜座禅会となりました。
 

時折道場の窓から日が差す穏やかな天気の中での坐禅でした。を数えないで、ある言葉を唱える坐禅を試みています。「己がなくなった時、一切が己となる、天地が己となる」とか、「小さな自分という思い込みが取れて、天地一杯のいのちと言うのか、天地一杯の心と言おうか、大きな世界に気づかされて、嬉しくて仕方なくなる。」などと本に書いてあるのはどんな感じなんだろ、今のこの感じはどうなんだろと、ふと思っていましたら、終わりの合図となりました。
 
 一炷香坐った後は、清涼庵持参のテープを拝聴しました。如々庵洞然老師がNHKで全国放送された物です。如々庵老師の逸話は聞いていましたし、本は読ませていただいていましたが、お声を聞けるとは思ってもいませんでしたので、とても嬉しく感動しました。分かりやすく何回も聞いてみたくなりました。二十近い数のテープを持っていられたので楽しみです。提唱の時の物も少し聞かせて頂きましたが雰囲気が違いました。先輩方の仰る爆発した時の物を聞いてみたくなりました。
 
正月の「正」、正しいという字は、「一に止まる」と書くのだと、「一とは原点、一とは自分」だと。まず自分を正す、自分を見つめる。これこそがお正月の一番大切な意義でありましょう。とどこかで読んだことがあります。
 
また、お正月は心があらたまるからめでたいのだ、であれば、心があらたまればいつだってめでたい。と言うようなことを松下幸之助さんは書かれていたと思います。
 
毎日坐禅をして、毎日めでたく楽しく仲良く、過ごしていきたいと思います。無弦記
 
 
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (80)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.ningenzen.jp/niigata/modules/d3blog/tb.php/272