宏道会 - 最新エントリー
メインメニュー
このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
検索

ブログ - 最新エントリー

小川忠太郎先生剣道話(53

~剣道は突き詰めれば「面一本」。どんなに窮した場合でも乱れない。これが最初の土台なんだ~

みんな正面から良い稽古をしている。構えの時に「左半身」が、ちゃんと入っていなくちゃいけない。左の腰を入れないといけない。左足が真っ直ぐになる。これで自然なんだ。
それで、左手が「もと」の手なんだ。右手は軽く添えておく。

それで、面を打つ時は、そのまま真っ直ぐ上げればいい。一番楽な道を真っ直ぐ上げればいい。そして、そのまま下ろせば面が打てる。上げる時に、余計な事をしない。無理に肘を伸ばさない。真っ直ぐ上げて、真っ直ぐ下ろす。

相手はひと足先に居るんだから、それにひと足出る。「ボクーン」と打つ。余計な事さえしなければいい。これがちゃんと出来れば、形(一刀流)の一本目が出来る。

切り返しの面だって、真っ直ぐ上げて「ボクーン」と。あんまり近くまで「ちょこちょこ」歩いて行っては駄目。一足一刀の間合から真っ直ぐ上げて「ボクーン」と打つ。
掛かり稽古の時もこの面がもとになる。面を打って、それから胴を大きく打つ。

こういう大きな技を覚えておけば、地稽古が出来る。掛かり稽古で、小手から面を打つ時、小手は小さく打つ。そして、面を大きく打つ。

だから、剣道は、突き詰めれば「面一本」。面一本を打てればいい。つまり、形でも、切り返しでも、掛かり稽古でも、皆同じ。この面一本を覚える。


剣道は、あんまり細かい事を覚えたら駄目。大きい所を一本つかめばいい。その中にみんな入っている。それを技で言えば「面」だ。真面(まめん)の出るうちは幾つになっても上達すると、昔から言われている。
その面の出る所はどこにあるかというと、(一刀流)五点の「妙剣」にある。

五点には、低い境涯から高い境涯への道筋か示されている。曹洞宗では「五位」と言っている。「妙」とは「空(くう)」。自分にあるものなんだから、それを工夫することが大事。
「妙剣」では、自分を守ろうとしない。開けっ放しだ。「空」だ。さあ、どこからでも来い。「空」。生まれたまま。そうすると、相手が入って来るから、すり上げて「パッ」と打つ。「空」からパッと生き返る。

ここは説明出来ない。開けっ放しの所から、勇気だけだな。人間の本当の「ギリギリ」のところ。そして、その後は「ズーッ」と大正眼に立ち上がる。そして、ごちゃごちゃしないで「面」だ。
それが「妙剣」だ。乱れない。乱れない所へ来るから「ボクーン」と切り落とす。
そこを修行すると、人間形成につながる。

どんなに窮した場合でも「乱れない」。これが剣道の最初の土台なんだ。本当の面一本。これが出来れば、後は応用で小手が出るし、ほかの技もみんな出来る。それが二本目の「絶妙剣」だ。変化に応ずる。

まず、一本目の妙剣が出来るように修行してください。禅で言えば「公案」だ。自分の肚が動いちゃ駄目だ。肚が動かないというところ。これが妙剣ですから「真面(まめん)」一本を修行する。一刀流でいう「一刀万刀を生じる」というところの「一刀」です。

この一刀が万刀を生じる。二本目の「絶妙剣」は万刀だ。一本目の「一刀」が千変万化する。妙剣の「一刀」を覚えないで、千変万化の細かいところをやると、分からなくなっちゃう。

だから、ここをしっかりやるように。(一刀流の)形で言えば、(一本目の)「一つ勝ち」。(高上極意)五点で言えば「妙剣」。


昭和561129

宏道会剣道場にて

『小川忠太郎先生剣道話』第1巻より

*タイトル、構成、( )内……栗山令道


  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (99)

晦日に 誠を尽くした 遍稽古

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
宏道会 2020/1/7 23:52

 






タイトルの俳句(これ俳句ですよ!)は、人間禅の新年互礼会の句会で宏道会の組織票!?により、11点をいただいたものです。
この内容は何の脚色もしていません。真向この通りです!
1230日の遍稽古注)に参加した人なら御存知ですよね!
あの日、元に立つ“元太刀”、懸かる“仕太刀”ともに全身全霊、ありったけの「誠」を尽くした、そんな10時間でした!
こんな貴重な10時間が他にあるでしょうか?
遍稽古素晴らしい!遍稽古万歳!!         粕谷玉道  
  
注)
・小野派一刀流:千葉県房総の出身である小野次郎右衛門忠明が伊藤一刀斎から一刀流を継ぎ、小野派一刀流とした。
・伊藤一刀斎:戦国時代から江戸初期にかけての剣客。
・遍稽古:請願者(挑戦者)が小野派一刀流の型1本目から50本目までを午前7時から午後6時までの10時間(1時間昼休憩)ひたすら行う。請願者が元に立ち、1本目から50本の型を行い、終わるとすぐに次の人と
1本目から50本目までを連続してぶっ通します。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (96)
小川忠太郎先生剣道話(52

~稽古で、人を立てる人格になる~

〇さんは良いところに縁があった。剣道がこれだけ出来たら、もう少しだ。遠間だけやればいい。これからやっていけば、稽古の中でちょいちょい「悟り」がある。もうそこへ行っている。

お互いに稽古していると、相手に打たれる。打たれたところに自分の欠点があるんだから、それを教えてもらって有り難かったなと、相手に感謝する。後で、どういう欠点かを反省してそれを直す。

そういう精神を養っていくと、世の中へ出て、人を立てる人格になる。相手に感謝するんだから、打たれて有り難い。
相手に悪口言われたって有り難いんだもの、敵なんか無くなっちゃう。俺の欠点を教えてくれているんだと思う。人間の幅が広くなる。

そういう教えが大事。自分の技は、十分行っても足りないと思え、相手には軽く打たれても参ったと思え。感謝する気持ちで直していく。
そうすると、だんだん心境がひらけていく。

そうでないと、剣道は慢心する。人を入れないような人間になっちゃう。これじゃあ、やらない方がいい。


昭和561122日述

『小川忠太郎先生剣道話 第一巻』より

   *タイトル……栗山 令道

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (234)

令和2年宏道会互礼会挨拶

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
宏道会 2020/1/4 12:12
『令和2年宏道会互礼会挨拶』

               師範  栗山 令道

床, 室内, 木製, 現存する が含まれている画像自動的に生成された説明


新年 明けましておめでとうございます

昨年末、宏道会では寒稽古に40名ほどの参加があり、30日の一刀流遍稽古では2名が10時間の立ち切り誓願をし、21名が仕太刀として掛かっていきました。そして2名とも立派に立ち切ることが出来ました。

これは、立ち切り誓願をした2名の「発憤」に皆が感応した成果です。宏道会はこの「発憤」と「感応」を繰り返して今日が有るわけです。
さて、本年最も大きく発憤して、皆を引っ張っていく人は誰でしょうか?!楽しみにしています!

「発憤して食を忘る」。『論語』のこの孔子の言葉は、まあ、一般的な解釈では、「発憤して夢中になって、食事を1~2食忘れてしまう」といったほどのものでしょうが、小川忠太郎先生の解釈は違います。「『食を忘る』とは『死ぬ』ということだ。つまり、死よりも、命よりも大事なことがある!ということだ」。
そのように言われました。

そして、小川先生は80を過ぎても90を過ぎても、

死ぬまで発憤されていました。いわく、「僕は毎日発憤」と。

宏道会の会員は、その小川忠太郎先生に感応して、年齢に関係なく、本年は全員で発憤して、益々盛り上げていきましょう!

                      合掌

                令和2年1月3日
                宏道会剣道場にて 

 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (148)

宏道会(人間禅附属剣道場) 稽古日誌

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
宏道会 2019/6/18 9:46
毎週水曜日の夜は、1830分から宏道会の自主稽古がある。
この日、私は残業をしないと決めている。
帰りの電車の中では、稽古の目標を決め、各種イメトレ。
18時40分過ぎに道場に到着し、19時まで静坐。
静坐中は、気を下に落としたいが、気が散ってしまいアレアレと思うこともしばしば。
静坐の後は、参加者全員で宏道会 目標を唱える。
「正しく・楽しく・仲良く」
この辺りから、気合が入ってくる。

宏道会に入って、剣道をはじめた。
45歳ではじめ、おおよそ2年になる。
習いはじめた頃は、足や腕の動きがわからず四苦八苦。
両肩に力が入り、身体はガッチガチ。
子供の頃から、かなりの不器用でリズム感がない私は、
フォークダンスの覚えが人よりえらく遅かったことを思い出す。
 
先ずは、小野派一刀流の形稽古。
一本目は、一ツ勝。
先生は、雄大な気持ちで、車輪前転、捨て身で、腹をくくれ!と言われるが、上手にできない。
しかし、稽古の甲斐あってか最近少しうまくできるようになってきた。
さあ、打ってみろ!捨て身だ!と言う気迫で臨むと、相手の姿が以前より見えてくる。
身体の力みも、自然に取れてきたような気がするが、まだまだ稽古が足りない。
小野派一刀流の稽古の後は、竹刀を使った防具稽古。
先生は、切り返しの時に面・面・面・面・面・面…”と気をつなぐように言われる。
自分自身がになりきることだ!
持った竹刀は真剣なので切る、切った後、気を下げろと言われる。
なるほどと思うが私の場合、切るより叩くに近い。
切り返しを何往復もしていると、息が急激に上がる。もう終わりかな?もう駄目だ〜と弱い気持ちが出てくる。
先生は、そこからが大事、本当の稽古、全力を出し切れと言われる。
しかし、どうしても自分に限界の壁を作ってしまう。
鉄腕アトムの冒頭の歌詞を変えて限界を超えて~と歌っていたスポーツチームがあった。
自分の限界を、一歩ずつ超えていくことが、なにより大事だ!
これは、今年の宏道会の目標である「稽古をして自分の全力を観る。」に通じる!
切り返しの後、かかり稽古、地稽古と続き激しさが増してくる。

稽古の終わりに全員で「五戒」を唱える。
一、嘘をついてはいけない。
一、怠けてはいけない。
一、やりっぱなしにしてはいけない。
一、我儘してはいけない。
一、ひとに迷惑をかけてはいけない。
私は、毎回この言葉が心に響き、自分の思いや行いを見つめ直す。
そして、静坐をする。
このひと時は、とても清々しい。
先生は、全身の血が入れ替わったようだと表現される。
私もその通りだなと感じる。
稽古は、20時30分に終了。
充実した一日を過ごせたことに感謝しつつ、家路につく。

水曜日の夜の自主稽古は、一日の仕事を終えた大人たちが共通の目的を持って
集まり、全力を出し切る。道場全体に気合が満ち、他の稽古日とは違う雰囲気がある。
平日の夜に、こんな経験は他の場所ではまずできないだろう。
私は、宏道会に出会えてよかった。
宏道会の先生方をはじめ会員の皆様 本当にありがとうございます!

光舟拝
 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (233)
◆回想 ― 小川心耕さん
       
      《 呑みにゆく 》
     
                       
                                  徳利山


心耕、令道
二人が会えば
心うららか   
ノドが鳴る
急ぐ月路に
靴が鳴る                         

モノレールを降りて2分ほどか、その目的地は暗闇にともされた灯のように浮かび上がった。

都会の乗り物と思っていたモノレールで着いた駅前の道が、こんなにも暗く商店やビルのない風景が続くとは…。

今から3年半ほど前の12月、本八幡で、私の整体を受け終わって着替える小川心耕さんは、すでに気をはやらせていた。
「もう、4時過ぎだよ~」
その一声に私は、
(いや、まだ4時過ぎだ。このままでは1時間前に着いてしまう)
と内心は思いつつ、
「ハイッ!」
と軽快に合わせる。

駅に向かう80翁が私の先をゆく。その姿勢は、「思い」が足の先をゆくかのように、上体が前に傾斜して、歩くというより半ば走りに近い。

電車に乗り込むや、心耕さんはそれまで身体中で表現していた思いを、過ぎゆく本八幡の街並を見おろしながら満面の笑みで言葉にした。
「勇んで飲みに出かけるっていうのはいいもんだな!」
「まったく。しかもわざわざ遠方まで!」
「まったく、まったく。しかも最高の相手と二人で!!
「マッタク!!

目指すは千葉駅からモノレールで10駅ほど行った「みつわ台駅 」。そこから徒歩3分ほどに、目的の日本酒バル「わらべ」はある。

快速のエアポート成田を使って都賀まで行き、そこからモノレールに乗れば、みつわ台まで一駅と速い。

日本では今、ワインバルに続き、日本酒バルが増えてきている。しかし、みつわ台の「わらべ」は、その辺のバルとはいささか違うことが行く前から想像された。

なんでも、マスターは大きな酒屋のオーナーで、「わらべ」はその酒屋の隣りの建物の2階にある。

なんとここでしか飲めないものも数多く含め、日本酒100種類が、男性2000円、女性1500円で飲み放題(現在は改訂)。時間は2時間半とタップリ。
しかも酒肴の持ち込み自由。ハシ、コップ、さかづき、皿、調味料、冷水は自由に使える。燗もできる。

木をふんだんに使った和風のインテリアの中で座って飲める。

テーブル, 床, 室内 が含まれている画像

自動的に生成された説明

さて、6時からの予定が5時に着いてしまった2人は、隣りの酒屋・シマヤで時間を潰すことになった。

そこで見たものは、目を疑うほどの店内の広さ、品数の多さであった。通路の多さ、部屋の多さに迷うほどの酒屋なんて、80翁も私も前代未聞だった。
その店内には、ひっきりなしにヤマト運輸が出入りしているのを見て、店の広さを全国規模と知る。

50分の生殺しに耐え、「ますます呑みたくなった!」(心耕さん)2人が予約10分前に「わらべ」へと階段を上がった。

冷蔵庫で構える一升瓶100種類。純米酒、純米吟醸・大吟醸酒がほとんどだ。
それを2時間半自由にできる。

「ウマイ!」
「これもウマイ!」
「これまたイケル!」
私が作ってきた根野菜や薩摩揚などの煮物や砂肝の酢醤油漬けなどを肴につまみながら、いったい何度2人で「ウマイ!」と言ったことだろう。


室内, テーブル, キャビネット が含まれている画像

自動的に生成された説明

広く、落ち着く店内も長く二人占めが続いた。
いつもの、心耕さんのつぶやきが始まる。
「令道。僕はあなたと飲む酒が一番ウマイ!」
「私も!」
「これが幸せ…これが幸せ…これ以上のものはない。」
「また来るぞ~」
「また来ましょう!」

トイレに掛けられた山頭火の
詩と絵が沁みた。

「酒がうますぎる山の宿にいる」


また行こう、二人旅
山なら
空気と酒がうますぎる
あの清里の別荘小川山荘
海なら
潮風と夕陽が迫る
南房総のあの宿
心耕さんが大好きだった
落陽の
水平線から足下まで
光りの道迫る
あの海
 
水, 屋外, 自然, 空 が含まれている画像

自動的に生成された説明
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (186)

雪下法定10人の気勢

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
宏道会 2019/2/11 17:17

本日は月曜日。法定の朝稽古に行こうと、まだ外が暗い玄関の引き戸を開けた時、初めて降る雪を知った。
自転車をあきらめて、いそぎ足で剣道場に着くと、すでに出頭簿には9名の記名があった。

きのう日曜日の朝も稽古だった。普通であれば、雪降る祝日くらいはゆっくり寝ていたいと思うところだろうが、誰にハッパをかけられるでもない法定の自主稽古が近頃盛り上がっている。

私のように、自宅が近い者ばかりではない。なかには茨城県守谷や都内品川のほうから駆けつける人も。

その中には、人間禅で法定の形に縁があって初めて木刀を握った東京支部の禅子2名。70を半ば過ぎて初めて木刀を握った中央支部の名誉会員の姿も。
子どもの時から宏道会で剣道の稽古をしてきた参加者は会長と私の二人だけで、坐禅が縁で法定を知り、宏道会で稽古を始めた会員が目立つ。

全国の人間禅に法定を普及しつつある今、喜ばしい展開である。

法定の気勢禅者を動かし、禅者の法定全国にこだませんとす。




徳利山

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (210)

年頭所感 (宏道会師範 栗山令道)

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
宏道会 2019/1/3 16:42

 


 
明けましておめでとうございます。
平成31年の年頭にあたり、所感を申し上げます。

咋年末、宏道会では「全力を出して稽古する」という目標のもと、約40名の参加者で行われた寒稽古を(12月)29日に終え、翌30日に行われた一刀流遍稽古10時間は、29名の参加を得てやり遂げました。

29名という参加は、30数年にわたる一刀流遍稽古の歴史の中で最も多い人数です。

その後半、今回も5時間にわたって見学し続ける人間禅中央支部の森田露香禅子の目がありました。

稽古後の忘年会で露香禅子いわく、
「昨年は、限界を超えるところまで相手を高めることができる、人の可能性の凄さを感じ、人に親切であるという意味を目の当たりにして感動しました。
そして今年は、相手の限界を超えさせようとするなかで、自らも共に自分の限界を超えることができるのだということに気づかされました。非常に感銘を受けました。」

午後は中央支部名誉会員の森嶋さん、中央支部長の大谷竜穏居士も見学に見え、御三方の「目力」も遍稽古の力となって、特に午後は全員が一つになった、いい遍稽古だったと思います。

今、宏道会は「勢い」があります。
この「勢い」を以て、本年もますます「正しく楽しく仲の良い」会にしていきましょうhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/docomo_au/203C.png

     平成3113

(宏道会互礼会にて)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (227)

花のしらせ

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
宏道会 2019/1/3 16:26

 

その香りに気づいたのは、一昨日の朝玄関から庭に出た時だった。俳人をして『臘梅(ろうばい)の落とす雫に香りあり』と詠ましめた臘梅の開花を知らせる、清楚で甘い香りだった。

一見すると、空を指す枝の蕾はまだ固そうで、開いた花はほとんど見当たらないが、木の下のほうで横に伸びた枝で葉に守られるように花を開いていた。
寒風に直接晒されない分、少しは暖かいのだろう。

ところで、特にここ数年、花をつけた臘梅の木全体の様子に変化が現れているように感じる。
どなたの句か、『暖冬や黄葉(こうよう)残し咲く蝋梅』というのがあったが、黄葉どころか青葉を残して咲くこの頃の拙庭だ。
以前は、残った黄葉も色あせて、ほとんど枯れ葉色をした葉をわずかに残して咲くのが普通だったように思う。

ともあれ、臘梅の黄色が空や海の「青」で映えるように、青葉を残して咲く臘梅は、なにやら格調が上がって見える。

紅葉すでに地に落ちたこの冬の中でこの花ばかりは、その花といい、香りといい、葉といい、ひとり春の歌を歌う。

私たちも、この臘梅のように、この冬を歌いたい。

 徳利山


写真上…「素心」
写真下…「満月」
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (173)

金波銀波

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
宏道会 2018/10/22 6:00

 



 
銀波見て
やがて目に入る
金波かな

内房保田の夕べ    徳利山

されど…日常はhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/docomo_au/1F4A6.png

同級生
金歯銀歯の
談笑かな

寄る年波    徳利山
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (346)