メインメニュー
人間禅 関西道場


関西道場

京都府八幡市橋本東原28
075-982-2456

連絡はお問合せをお使いください。
お問合せはこちらをクリック
このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google

秀茶会(茶道部)

関西禅道場主催の茶道の稽古会です。




サブカテゴリー

関西禅道場で学ぶ茶道(新2017)
秀茶会(茶道部)

☆関西禅道場主催の茶道の稽古会です☆

本道場の茶道稽古は、座禅と共に茶道をしながら自己を高めようと茶禅一味(ちゃぜんいちみ)の精進で日々修行しております。
あわただしい日常の中、癒しの空間を体験してみませんか?

関西禅道場で学ぶ茶道(新)
1.内容:お点前の流れ、作法
  *ご準備いただくもの:白足袋か白ソックス、扇子、帛紗、懐紙をお持ちの方はご持参ください。
  お持ちでない方も大歓迎です。

2.稽古日 基本 毎月1回最終水曜日 16時15分~18時15分
<※市民静坐会 13時45分~16時>

3/8(水)、
3/29(水)、
4/26(水)、
5/24(水)、
6/28(水)、
7/26(水)、
8/23(水)、
9/27(水)、
10/25(水)、
11/29(水)、
12/20(水)
※市民静坐会とは、坐禅の会であり、お茶の稽古の前に坐禅をして心を整えます。
こちらの方にも是非ご参加ください。

3.会費 \1,500(薄茶、菓子含む)見学のみの場合は \500

4.場所 関西禅道場 2F 参禅室(定員12名)

5.責任者 宮井(090-1912-7903)  講師 富永秀香(しゅうこう)

六甲アイランドで学ぶ茶道(新)
☆六甲アイランドで学ぶ茶道☆

1.内容:お点前の流れ、作法
*ご準備いただくもの:白足袋か白ソックス、扇子、帛紗、懐紙をお持ちのかたはご持参ください。
お持ちでない方も大歓迎です。

2.稽古日 基本 毎月1回第2木曜日 17時~18時30分
<※神戸静坐会 六アイ数息観呼吸法の会15時~16時30分>

3/9(木)、4/13(木)、5/18(木)、6/8(木)、7/6(木)、8/10(木)、9/14(木)、10/12(木)、11/9(木)、12/7(木)

※神戸静坐会(六アイ数息観呼吸法の会)とは、坐禅の会であり、お茶の稽古の前に坐禅をして心を整えます。
こちらの方にも是非ご参加ください。

3.会費 \1,500(薄茶、菓子含む)見学のみの場合は \500

4. 場所 六甲アイランド WESTCORT3番街1番館2F和室
   JR住吉下車→六甲ライナー アイランド北口駅下車 徒歩1分(定員10名)

5.責任者 木戸(090-5892-3166)  講師 富永秀香(しゅうこう)
3月30日(水)の稽古の内容
更好棚(こうこうだな)を使用し、
入り子点(いりこだて)のお稽古をしました。

棚に道具を全て荘りつけておき、点前を始める時は建水(生地の曲げの建水)の
中に茶碗を入れて一度に持ち出します。
点前終了後は、道具を全て棚に荘りつけ、拝見もありません。
今後は、棚ありでお稽古する予定です.

皆様、お稽古に来られることを楽しみにしております。
茶禅句の会
2015年10月20日 松花堂庭園で茶禅句の会が行われました.
葆光庵春潭総裁老師をはじめ,総勢20名のご参加を頂き,初秋の庭園を楽しみながら,お茶を頂き,作句を楽しみました.
ご参加いただきました皆様本当にありがとう御座いました.

以下に互選によって選句されました句をご披露申し上げます.


作者
江戸硝子夢まぼろしの秋写し 春潭
手水鉢底に椎の実二つ三つ    春潭
福禄寿瓦の上に秋の空     明眼
昭乗の狭き庵に秋陽入る     開善
昭乗の薄墨跡に秋惜しむ     佐藤英子
車塚色変えぬ松今昔       春潭
糸紅葉頭を垂れる手水鉢     礌石
無辺なるか雲一つおく松花堂   岡田晋介
月光を正客として炭手前     秀香
多羅葉に恋文託す秋の風     玉蘭
秋風や馬酔木くろ竹水琴窟    伊代田雅子
昭乗を偲び風ゆく竹の春     凱風
風の色水琴窟に癒されて     秀香
多羅葉に想いを込めて空あおぎ 開善
水琴窟笛や太鼓の秋祭り     法燈
女郎花悲しき想いしのびけり   開善
古の苔の小径に薄の穂      岡田晋介
紅葉に心いやせし水琴窟     坂井一茂
秋晴れや水琴窟の声の宜し    宝船
薄紅葉薄茶を添えて松花堂    絶学
竹の春転じてみたし己生い    絶学
多羅葉に思いを託し届け秋    伊代田雅子
女郎花おとこえしもあるという 奥村睦子
水琴窟祭りのリズム水の秋 玉蘭
想い出を多羅葉に掛けり君と僕 橘覚雄
庭園の気に包まれて紅葉かな 礌石
箸の染む紅葉明かりに行厨(こうちゅう)を 佐藤英子
ありし秋に誘ふがごと石の道 凱風
茶句禅の八幡の里の女郎花 礌石