メインメニュー
人間禅 関西道場


関西道場

京都府八幡市橋本東原28
090-3927-1237(法燈)
080-2516-4415
(慶雲)

連絡はお問合せをお使いください。
お問合せはこちらをクリック
 
このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
第50回インターネット句会(令和2年3月22日 〆切)

3月22日

坂本法燈

夫婦鴨なくてはならぬ絆あり

春日落ち夕闇迫る大川端(ハタ)

鴨散りて水面に憩う黄昏ぞ



坂本由美子

春雨をもらい膨らむつぼみかな

桜待つこの時期だけは空見上げ

さびしいなみかんの終わり近づいて



田倉明眼

ミモザ揺る遥かに海の光りおり

呼ばわれば孫はいくるや春の風

舟後に鴎浮かべり春の海



世古みのり

私似の干し方並ぶ里うらら

コロナの春要するにこれ戒めか

大いなる春の国乱到来す



世古智常



暖かや妻の手作りマスクかな



春登山木漏れ日まといこんにちは



歯の銀の取れて小さく山笑ふ



森山凱風

春めきて川の魚魚飛び跳ねる

黒土が陽光誘う春来たる

飛火野や雌鹿毛落とす春来たる




佐藤泰仁


コロナ禍に動ぜず凛と春の富士



暗闇を照らすや辛夷遊歩道



蹴散らせやコロナに花粉春一番



柏谷絶学

初花や百まで生きると米寿母

沈丁花香りで誘ふ御土居かな

成仏を幸せと読みうららけし






3月19日

橘 雅子

一杓に左手清めし水温む

土塊に蚯蚓二匹鍬の先

長閑なり乳をまさぐる稚の指



橘 覚雄

長谷寺の赤き炎か牡丹の芽

四天王寺響く読経の涅槃会

啓蟄や壁の内からギターの音



上田月庵

紅梅の香りは写らぬスマホかな

話しつつ土筆摘みつつ母娘連れ

春風や運ばれ来たるイエスタデイ






時女俊恵

菜の花や休校中の通学路


常磐線全線開通山笑う

今になり父と呑みたし蛍烏賊






三原寿典


利休忌や一輪活けを草庵に


別れ霜昔の恋を忘れかね


孕み鹿慈雨に濡れゆく春日山

 

井内温雄

歓喜なり甘樫丘風光る

草臥れの翁の句碑や風光る

膝金具抜きて退院風光る



加藤碩信



春の川のたりと回る水車かな


老い二人籠りゐる午後春の雪


地球とふいのちの器水温む



3月1日

森田さとみ


成す事を己と世に問ふ流し雛

大臣の育休いずこ宰の一声(季なし)

︎難事塞翁が馬ならん流し雛





プリンタ用画面
投票数:1 平均点:10.00
カテゴリートップ
第50回インターネット句会(令和2年3月22日 〆切)