メインメニュー
人間禅 関西道場


関西道場

京都府八幡市橋本東原28
075-982-2456

連絡はお問合せをお使いください。
お問合せはこちらをクリック
このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
第16回インターネット句会(5月19日締め切り)



◎○ 炭﨑先生選



5月19日


世古智常

作務衣縫う妻の背中や夏近し

(惚れ直しましたでしょう、、、奥様大切に。)

これがあの麦の秋かと息を呑む

新緑の呼吸の先に歩を進む



坂本法燈

半パンのレガッタ走りて目に眩し

火踊りにハワイの血燃ゆ熱き夏

真珠湾つわものどもの夏の夢

(芭蕉の「夏草や兵共がゆめの跡」の吟を偲ぶ。)



坂本由美子

花終えて穏やかな日々となりにけり

(御同感です。)

暑い中園児の列が黙々と

これがあのワイキキビーチ砂踏んで



三原寿典

遠き日の古里の香や上田風

梅雨の蝶重き足枷外せし日

明けの雨筍を掘る翁の掌

(老生にも筍山の友あり、思い出しております。)



上田 月庵

妍競ふ牡丹はさらに傘の内

老鶯はひねもす富士と語りおり

(きっと富士を仲間と思い込んでいるのでしょう。)

五月雨や流しきれないものもあり



柏谷絶学

ミサイルを撃つや撃たぬや黄砂陣

(唯我独尊、あやふし、あやふし、、、)

苺三つ皿に盛られて北新地

友のゆく新地の店の薔薇眩(まばゆ)



5月17日

井内温雄

若葉風朝市集ふ有馬の湯

(ともあれゆっくりなされよ)

庵主より酒は伏見と奉扇会

(東京の後輩社員を訪ねて)

屋上に夏野菜伸ぶ本社ビル



田倉明眼

山笑う学生は皆前を向き

苗植える時の幸せ茄子胡瓜

若葉風今日は転ばじ一輪車

(若葉風の応援もあり、きっとうまくいくでしょう。)



5月16日

加藤碩信

黒揚羽目で追ひながら立ち話

(黒揚羽も、また見られているのを知りながらの舞と存じます。)

追伸を読むが如くに余花に逢ふ

(余花と追伸、納得です。)

老いらくに艶といふもの羅衣



橘 覺雄

播州の空に泳ぐや鯉幟

(ごらんになったままもいいものです)

竿光る投げ釣り糸に鱚二匹

麦の秋風揺るる音や穂が唄う



5月14日

橘  雅子

茶畑の茶葉三葉に日の香産み

葉桜も御衣布佛拝顔す

白牡丹花芯ピンクに花舞台

(「白牡丹といふといえども紅ほのか」の虚子の名吟あり。再挑戦されたり。)



5月5日

森山凱風

青き葉を湯気くぐらせて菖蒲かな

思い出は餡の甘さや柏餅

(飴の甘さを存分になつかしんでください。)

心起ちこの地参りて五月かな



 



   




プリンタ用画面
投票数:9 平均点:7.78
カテゴリートップ
第16回インターネット句会(5月19日締め切り)