メインメニュー
人間禅 関西道場


関西道場

京都府八幡市橋本東原28
090-3927-1237(法燈)
080-2516-4415
(慶雲)

連絡はお問合せをお使いください。
お問合せはこちらをクリック
 
このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
トップ  >  第79回細道会 3月19日(土) 城南宮  >  79回吟行 安楽寿院から城南宮へ
第七十九回 細道会例会     平成二十八年三月十九日(土)

                於 城南宮にて嘱目、

                京都大学会議室にて句会

               ○は,炭﨑先生特選句



炭﨑 博





春雨の予報細道がくつがへし

乙女椿見上げ見下ろし漢かな

乾杯は銘酒京姫にておぼろ

蝶一匹安楽寿院育ちかな

早々とのこ飯弁当おめみえで

三原 寿典

○城南宮乙女椿の出迎えて

離宮梅茶室の巫女の笑みのごと

前垂れの春雨に濡れ寄せ地蔵

春雨も翁の杖で青空に



森田さとみ

○さえずりに笑っているよな寄せ地蔵

○初蝶や清風に乗りお出迎え

枝垂れ梅残り香探す風の中

白椿恥じらふごとき薄紅色



加藤 碩信




○胸高の袴ひらりと卒業す

落ち椿みんな上向き苔の上

水草生ふ鯉の晴れ着の見え隠れ

宿り木の淡きみどりや囀れり

















上田 月庵

○向こふでも句会の最中彼岸西風


○のこ飯と酒が邪魔する句会かな

城南宮乙女椿はにこやかに


アングルを決めかねており落ち椿

奸競う椿は見頃城南宮















世古 智常

○我の名はなかなか出ぬか花蘇芳

上皇もこの高速や山笑う

じゃらじゃらと風に揺れたる花馬酔木

桜餅売り子の声や値段見る













柏谷 絶学

○初花を愛でているのか寄せ地蔵




佐保姫の三人増えて晴れ句会

北向きの不動珍らし風光る





















世古美乃里

○曲水のはる草を摘む女の居て

緑色の苔に模様の落ち椿

よく伸びたすずなすずしろ天を突く

























坂本 法燈

○落椿ひよどり鳴ける森閑か


薄紅の椿落ちたる日だまりや

寄せ地蔵うららかな滝に寄り添へり
























桑原 宝船

○うららかや鎮守地蔵の御安心

二重塔春日に光る南陵地





プリンタ用画面
投票数:15 平均点:5.33
カテゴリートップ
第79回細道会 3月19日(土) 城南宮