メインメニュー
人間禅 関西道場


関西道場

京都府八幡市橋本東原28
090-3927-1237(法燈)
080-2516-4415
(慶雲)

連絡はお問合せをお使いください。
お問合せはこちらをクリック
 
このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google

切り抜き詳細

発行日時
2018/6/8 23:58
見出し
【摂心会講演会】今、坐禅が必要な理由
リンクURL
http://takuboku.ningenzen.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=295 【摂心会講演会】今、坐禅が必要な理由への外部リンク
記事詳細
今、坐禅が必要な理由 生きづらさと心をあたためる方法 <講演者より一言> 各講座や講演会を多くする中で、周囲に気を配り正直に生きている人がどこか生きづらさを抱えている現実に多く出会います。 人間関係の問題、様々なアクシデントは自分の望みに関わりなくめぐり合わせで訪れるものです。 生きづらさは「不安感」と「怖れ」があるとき、そして人生や生活に「受け身」の時に感じられます。 不安とか漠然とした恐れとは何でしょうか。 カギは自分との向き合い方、物事との関係性を知ることにあります。 感情とは何かを知り、その調え方を学び、実践方法を知ることで自然に受動的な生き方から主体的な生き方に変わってきます。 すると怖れることなく、ありのままの現実を受容することができるようになり、人生に信頼が持てて朗らかに生きやすくなります。 問題解決には、まず自分自身との向き合い方を見直してみましょう。なぜなら自分を受け入れる程度しか他人も受け入れられないからです。 でもどうしたら?・・・ 坐禅はその方法を持っています。 1、感情を調える。 2、物事を奥行きと厚みを持って見る。 3、自分と仲よく、心をあたためる。 感じることを怖れずに、自分らしく明るく生きるために、今回も禅の考え方の一端をご紹介します 講師:慧日庵笠倉玉溪 禅の修行歴35年 人間禅特命布教師。お経の講座、 いす座禅講座など 多数主宰。講演、禅書道、企業顧問 <時間> 2 時受付。午後2時30分開始 午後5時終了 <受講料> 1回 2,000 円(摂心会参加費を含む) <場所> 擇木道場 〒110-0001  東京都台東区谷中 7-10-10 TEL:03(3823)7647  FAX:03(5815)5921 *禅の指導者、老師も参加されます。本格的な禅の話も聞ける勉強会です。 ご予約は→こちら チラシダウンロード→こちら