メインメニュー
人間禅 関西道場


関西道場

京都府八幡市橋本東原28
090-3927-1237(法燈)
080-2516-4415
(慶雲)

連絡はお問合せをお使いください。
お問合せはこちらをクリック
 
ブログ カレンダー
« « 2019 5月 » »
28 29 30 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google

関西ブログ - 201905のエントリ

今里静座会報告(5月23日)

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
関西支部 2019/5/26 14:02

5/23()18:30~20:00に宝厳寺(大阪市東成区神路3-17-8,千日前線新深江駅,下図一参照)で,Tさん・Uさん・Mさん・Kさん・坂本法燈が出席して,第206今里静座会(宝厳寺の部)が開催されました。(望月さん・金谷さんは初めてのご出席です)

 最初に般若心経を唱え,30分間の座禅を2回座った後,人間禅師家一宇庵小野円照老師著「禅入門」(孤貧219~226)を輪読しました。

輪読内容は,禅における人間の究極の理想像は,偉人も英雄も意識していない至極平凡な凡夫であり,その思想の根底には,孤貧とかすりきり貧乏とかいう,「貧」の境涯を非常に高く評価して,孤貧に徹しなければ自己完成が終わらないとする思想がある,その理由は,禅は与えるものではなく奪うものであるため,禅の修行でなんら得るものはなく,失うばかりで一切を失い尽くすならば,当然孤貧に徹せざるを得ないからである,といった内容でした。

これに関連して,禅や仏教はその大前提として,衆生本来仏なりといって,只一人の例外もなく人々は本来仏なのだと考え,そうであるからこそ,本来は完全で全く欠けるところのない仏性を,実際には曇らせている煩悩や雑念を取り除き,孤貧に徹することができさえすれば,本来の仏が完全円満なギラリと光り輝く姿を顕すのだとするのである,禅の修行で,見性入理によって自他の畔(境界)を取り去って天上天下唯我独尊と絶対的な自己を悟り(能所両忘),次いで,迷いだけでなくせっかくの悟りさえも捨て去って(迷悟両忘),初めて人は本当に自分の心を自由自在に使うことができるようになる(随所に主となれば立処皆真なり(臨済))さてここで,至極平凡な凡夫が究極の理想像であるなら禅修行など不要ではないかという誤解もありうるところであるが,一度高い山頂を極めた後と前では目に入ってくる風景は同じであっても,これを受け止める境涯が大きく変わっているものであるし,また,あたかも高速で回転する独楽は一見すると止まっているようには見えるが,実際には止まっている独楽とは大違いで,何か(雑念)が当たっても(全く執着せず)軽々とこれを跳ねとばしてしまうのと似ている(一見すると止まっているように見える急流に毬を投げ込んだときに,一瞬にして毬を流し去ってしてしまうのも同様),といったようなことを話し合いました。

その後,有志で近所の店で懇親会を行いました(これには障害児に対する水泳のボランティア活動に参加されていたSさんも駆け付け参加されました)。吉野の金峯山寺にお祀りされているご本尊の金剛蔵王大権現は激しい忿怒の相をしているが,観る人によってはその相の中に優しさを観る人もあるということである。優れた仏像は,観る人の心の在り様をそのまま反映させるものなのかもしれないし,何者をも焼き尽くすような怒りはそのまま万物を許容し抱擁する仏そのものなのかもしれない。そういえば,昔湖北で観た十一面観音(向源寺と思う)の真後ろを向いた顔は暴悪大笑面というまるで獣のような顔をしており,これには当時圧倒され未だに私の記憶に鮮明に残っている。仏が鬼のような顔を持つということの意味を深く考えさせる驚くべき経験であった,といったようなことを話し合って、解散しました。

次回の今里静座会(宝厳寺の部)は,6/6()に宝厳寺で開催いたします(二部構成)

    坂本法燈 記

 
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (74)

和歌山木曜静座会報告(5月23日)

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
関西支部 2019/5/24 7:54
日時  5月23日(木) 
      17:00~18:30 作務 駐車場草引き、外廊下掃き掃除、禅堂机回り整頓他
      18:30~19:30 静坐
会場  和歌山道場
参加  Y居士、明眼  2人
役位  聖侍:山本居士、直日:明眼
 
 よく考えてみると、窓誉寺さんが建物を破格の条件で貸してくださっているのは、我々と一緒に禅を広めていくのが目的だと思いました。それなら、私は自分の修行と和歌山座禅会にたくさんの人に来てもらう努力をすればよい。先週、お寺にお返しをするために作務をするなどと書きましたが、今日は楽に草を引きました。

農繁期のY居士が7時10分に来場されたため、静座を15分延長し7時30分まで座りました。その後、茶を一杯飲んで私がさつま芋の苗作りに失敗した話などしてから、二人で下山。
     明眼 拝
 


  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (63)

今里静座会報告(5月16日)

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
関西支部 2019/5/19 12:20

昨日5/16()にプレジデント今里(大阪市東成区大今里西2-17-10プレジデント今里1006号室,千日前線今里駅,下図二参照)で,今里静座会(プレジデント今里の部)が開催されました。その内訳は,(第一部)205回今里静座会(18:30~20:00)と,(第二部)46回「大阪で夜一番遅い座禅会(20:30~22:00)の二部構成です。

 第一部はY居士・鶴井随心さん・坂本法燈が出席し,第二部は坂本法燈が出席しました。

第一・二部とも,最初に般若心経を唱え,30分間の座禅をそれぞれ2回座りました。その後,真向法などで身体をほぐして疲れを取り,抹茶をいただきました。

今里静座会(プレジデント今里の部,第3木曜日)では,宝厳寺で開催されている今里静座会(宝厳寺の部,第24木曜日)とは異なり,輪読は行わない代わりに,座禅は身にて学道する赤肉団(生まみの身体)の学道なり(道元)といわれるように,調身・調息・調心を通じた数息三昧を大きな目標にして行きたいと思っています。また,茶話会において,数息観・仏教の修行の仕方や疑問,日常生活での問題点や要望など,さまざまなことについて自由な意見の交換をしていきたいと思っています。
 この日は次のような話がされました。「坐禅の効用」というものは確実にあり,日常生活において日々刻々に実感しているところでありますが,他方において,坐禅では無所得・無所悟(坐禅から得られるものは何もなく得られる悟りも全くない)といわれているのは何故かという疑問がある。坐禅によって圧倒的な効用・功徳がもたらされることも事実であり,他方で,坐禅から何か悟りを得ようと思って修行をすると不思議に雑念が生じてうまくいかないということも紛れもない事実なのであります。全てを打ち捨て放ち忘れて修行することによって初めて,結果的にいつの間にか何かしらの功徳が後から付いてきているというのが実感なのであります。

 次回の今里静座会は,5/23()18:30~20:00に宝厳寺で開催いたします(宝厳寺の部・一部構成)
 奮ってのご参加をお待ちしています。
 よろしくお願いいたします。

      坂本法燈 記
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (65)

和歌山木曜静座会報告(5月16日)

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
関西支部 2019/5/17 9:26
日時  5月16日(木) 
      17:00~18:30 作務 墓草引き、道場通路草引き、禅堂机回り整頓その他
      18:30~19:15 静坐
会場  和歌山道場
参加  明眼  
役位  直日:明眼
 
 先日いろいろなやり取りの中で、圭堂居士より次のような話を聞きました。数年前、家主のお寺に家賃の減額をお願いした際「払えるだけでよい」とのご返事をいただたそうです。圭堂居士はお寺に深く感謝されており、何かあったらお返しをしたいと考えておられるようです。私は当時、このようなご苦労を知らず家賃を大きく減額して頂けたと聞いて単純に喜んでおりました。のんきなことです。

さてこの話を聞き、座禅会がお金でお返しをするのはもとより無理なので、体を動かして少しでもお寺にお返しをしようと、今日から木曜静座会の前にお墓の草引きを始めました。今日はまず道場と墓の間の通路を行いました。今後も毎回続け、墓の中の通路の草引きもしようと思っています。
 作務後、一炷香独座し下山。
    明眼 記
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (62)

今里静座会報告(5月9日)

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
関西支部 2019/5/12 18:22

5/9()18:30~20:00に宝厳寺(大阪市東成区神路3-17-8,千日前線新深江駅,下図一参照)で,今里静座会(宝厳寺の部)が開催されました。その内訳は,(第一部)204回今里静座会(18:30~20:00)と,(第二部)45回「大阪で夜一番遅い座禅会(20:30~22:00)の二部構成です。

 第一はSさん・Tさん・Y居士・坂本法燈が出席し,お寺の和尚さんも参加されて,第二部は坂本法燈が出席して(独坐)開催されました。

第一・二部とも,最初に般若心経を唱え,座禅をそれぞれ座りました。

 その後,第一部は,人間禅師家一宇庵小野円照老師著「禅入門」(居士禅について214218)を輪読しました。輪読内容は,在家の人で禅を修行し実社会に活用して大成した人は数え切れないほどあり,特に日本文化の特徴とされている「わび」「幽玄」とかいうものの根底には禅理がすえられている,といったことでした。そしてこれに関連して,かつて元と戦った北条時宗が若い頃に,祖元禅師(仏光国師)に参禅して,自分の臆病心をなくする法を問ったところ,禅師は臆病心の出てくる元を断ちなさいと言われ,時宗が臆病心はどこから出てくるかと問うと,禅師は汝時宗より来ると言われ時宗を殺し尽くす(虚妄の我を殺し真箇の自己に帰る)よう示された話が有名である,日本文化のバックボーンの根底には座禅があり,その例は,剣道・柔道・弓道・棋道・華道・書道・俳諧・能楽・文学・造園・絵画・彫刻・陶芸・刀工など枚挙にいとまがない,ともに心の置き方について述べている,宮本武蔵の五輪の書と,沢庵和尚の不動智神妙録では若干の違いがあり,前者は心を真ん中に置くべしといい,後者は心はどこにも置くな,もし一所に定めて置くならば,一所に取られて用を欠くことになると述べているところ,両者ともに非常に高い三昧の境地だけれども,前者は達人の境地であり,後者は更に高い名人の境地であるとの評価もされている,人間禅の前身である両忘会(居士禅の会)を創った今北洪川禅師(円覚寺管長)が,岩国在住のころに岩国藩主に献じた著名な「禅海一爛」を著わした永興寺に,この宝厳寺和尚のお弟子さんが最近住職として赴任されたという,不思議なご縁がある,といったようなことを話し合いました。

 第二部は、私の独坐となりましたが,Y居士と話し込み,余り坐る時間もなくなり,輪読は中止しました。

        坂本法燈 拝
 


  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (65)

和歌山木曜静座会報告(5月9日)

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
関西支部 2019/5/10 7:19
日時  5月9日(木) 
      17:30~18:30 作務 台所整頓、禅堂机回り整頓、花活け
      18:30~19:15 静坐
会場  和歌山道場
参加  Oさん、Sさん(Oさんの娘さん)、Y居士、明眼 の4人  
役位  聖侍:Oさん、直日:明眼
  
 Oさんとお嬢さんのSさんが二人で参加されました。Y居士は農作業で忙しく、少し遅れての参加となりました。

一炷香静坐後4人で茶話。Sさんは最近ヨガのインストラクターの資格を取られ、ヨガの先生で生計を立てようと頑張っておられるとの事です。
   明眼 記
 


  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (94)