メインメニュー
人間禅 関西道場


関西道場

京都府八幡市橋本東原28
090-3927-1237(法燈)
080-2516-4415
(慶雲)

連絡はお問合せをお使いください。
お問合せはこちらをクリック
 
ブログ カレンダー
« « 2018 3月 » »
25 26 27 28 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google

関西ブログ - 201803のエントリ

今里静坐会報告(3月15日)

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
関西支部 2018/3/23 20:00
3/22(木)18:30~20:00に宝厳寺(大阪市東成区神路3-17-8,千日前線新深江駅,下図一参照)で,Oさん・鶴井随心さん・坂本法燈が出席して,第166回今里静座会(宝厳寺の部)が開催されました。
 最初に般若心経を唱え,30分間の座禅を2回座った後,人間禅師家一宇庵小野円照老師著「禅入門」(生死脱得101~104頁)を輪読しました。
輪読内容は,①徳山和尚が茶屋の老婆に,金剛経の「過去心・現在心・未来心も不可得」という文言によってやりこめられた因縁は,結局心を求めれば不可得であり,心は,永遠にわたって常住不変でありながら,縁によって生滅し瞬時といえども停滞していないことを示している,②鴨長明の方丈記は水泡になぞらえて無常の人生観を述べるが,泡が生滅している(不可得である)もとの水を見るならば,水の本体は少しも変わっていないのであり,不可得の自己を悟証するのが現実に即して自己を確立することである,③即今汝性 (兜率三関)の則(即今只今あなたの本心本性はどこにあるか)は,父母未生以前ではなく,今この瞬間の絶対実在の自己を問うているものであり,これを悟ることができれば生死を脱得して自在を得ることができる,④南泉遷化の則も生死を脱得して大安心を得ることができる則であり,親鸞は「父母の孝養のためとて一返にても念仏まうしたることいまださふらはず,そのゆへは一切の有情(生きとし生けるもの)はみなもて世々生々の父母兄弟なり」と深遠な言葉を述べている,といったことでした。
そしてこれに関連して,①金剛経は,過去・現在・未来を思念する心は本来有ることなきと言っており(過去心は既に滅している・現在心は直ぐに住しなくなる・未来心は未だ至らず),これらの心は煩悩・邪見の類ということができるけれども,反面,心は生滅しながらそのまま不生不滅であり・かつ不生不滅でありながらそのまま生滅するものである(色即是空・空即是色)。②それはちょうど,水面の水泡は消えたり結んだりして常に変遷し無常なもの(不可得)であるが,その底に広がる本体の水を見ると全く不変(不生不滅)であり,水泡も本体の水も同じ水の両面を見ているにすぎないのである。③即今汝性の則は,心のこの不生不滅の面(父母未生以前における本来の面目)を問うているのではなく,縁によって生滅し瞬時といえども停滞していない今この瞬間における自己を問うているのであり,これを悟得できれば心を自由自在に使うことができるようになるであろう(随所に主となれば立処皆真なり),④南泉遷化の則は,不生不滅であって生滅し,生滅していて不生不滅であるところを悟るための則であり,親鸞の言は深く高い大慈大悲に溢れている,といったようなことを話し合って,解散しました。
 その後,有志で近所の店でささやかな懇親会を行いました(Sさんも参加されました)。
   坂本法燈 木
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (131)

和歌山木曜静坐会報告(3月22日)

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
関西支部 2018/3/22 22:33
日 時 3月22日(木)
     17:30~18:15 作務
     18:30~19:15 静坐
参 加  明眼
役 位  直日:明眼

 草引きと外の清掃作務をした後、一炷香独坐しました。
道場に向かう途中に見た和歌山城の桜は二分咲きでした。残念ながら4月6日よりの和歌山摂心会までは持ちそうにありません。(もっとも摂心で桜を見に行くわけではありませんが。)
     明眼 記
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (107)

今里静坐会報告(3月15日)

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
関西支部 2018/3/17 22:02
 昨日3/15(木)にプレジデント今里(大阪市東成区大今里西2-17-10プレジデント今里1006号室,千日前線今里駅,下図二参照)で,今里静座会(プレジデント今里の部)が開催されました。その内訳は,(第一部)第165回今里静座会(18:30~20:00)と,(第二部) 第21回「大阪で夜一番遅い座禅会(20:30~22:00)の二部構成です。
 第一部は坂本法燈が出席し久しぶりの独座となりました。第二部はTさん・坂本法燈が出席しました。
第一・二部とも,最初に般若心経を唱え,30分間の座禅を2回座りました。
その後,真向法で身体をほぐして疲れを取りました。
第二・第四木曜日に宝厳寺で開催されている今里静座会(宝厳寺の部)とは異なり,輪読は行わない代わりに,座禅は身にて学道する赤肉団(生まみの身体)の学道なり(道元)といわれるように,身心を調えることを大きな目標にしていきたいと思っています。
また,茶話会において,数息観の仕方や疑問,仏教全般への疑念,日常生活での問題点や希望など,さまざまなことについて自由な意見の交換をしていきたいと思っています。
Tさんは,妙心寺派寺院で参禅もされている方で,その調った座相と真面目なお人柄にはいつも感心させられています。
私は最近,道元の「正法眼蔵」を読んでいますが,在家に比べての出家の優位性を解くその言説の根拠の大きなものは,(例外もあることは当然としても),退路を断つということではないかと思っています。私たちも,常に出家を意識して,その(道元のような)理想型を一つの範として,修行すべきではないかと感じています。
    坂本法燈  記
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (116)

合同静坐会報告(3月10日)

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
関西支部 2018/3/16 12:34
 3月10日(土)関西支部の各地の静坐会に参加なさっている皆さんに、関西道場に集まっていただき「合同静坐会」を初開催しました。坐禅の仲間がたくさんいるんだという事を確認して、お互いに元気の交換をして頂こうというのが目的でした。
 一般の参加者が20人、関西支部員のスタッフが10人合計30人ですので、昼食と懇親会の買い出しの量が半端でなく、前日の夕方から典座の絶学さんと私の2人で近所のスーパーに行き「厚揚げは1個が6片に切れるから5個、ゴボウ天は1本を半分に切るので15本...」となれない買い出しをしました。
 翌朝、会員が8時半に集合し掃除・設営他の準備を行い、9時半に受付開始、おいでになるとは判っているもの計30人の方が禅堂にお座りになった時には感激でした。
 10時の支部長の挨拶で静坐会が開始され、自己紹介・静坐・佐藤泰仁氏の講演が終わり、お昼ご飯。ご両親と一緒に参加した小2のK君が「座禅のご飯はおいしい」と言ってくれたのが嬉しかったです。ウインナーと浅漬けと塩こぶと味噌汁とご飯だけの質素な昼食ですが、座禅を体で感じてK君がそう言ってくれたのだと思いました。
 昼休憩後、午後は草引き作務・静坐・参禅の所作の見学・懇親会。懇親会では今日の感想を皆さんに言っていただき大いに盛り上がりました。(参加者の方より司会者のコメントの方が長かったりしたのも思いの発露)
 一日の間、一般参加者の方は静坐・作務に熱心に取り組まれ、佐藤泰仁居士の講話「坂の上の雲をおいかけて」にも大きな感銘を受けられたご様子でした。
 懇親会での感想発表では「作務の最中に今まで感じたことのなかった感覚で草や花が美しく見えた」との言葉や、誰それと知り合えたことで来たかいがあったという話が数人から出ました。
 18:10に予定通り終了し、皆さん下山していかれました。たくさんの仲間にお会いできたのは私にとっても真に素晴らしい事でした。ご参加下さった皆さん、本当に有難うございました。また、運営に携わって下さった支部会員の皆さんお疲れ様でした。

 追伸: 片付のあと下山し、一安心で京橋にて途中下車し泰仁居士と二人で30分500円飲み放題という店で濁り酒3杯のみ、翌日の剣道の稽古は青息吐息でした。
   合同静坐会事務局   田倉明眼 記
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (175)

和歌山木曜静坐会報告(3月15日)

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
関西支部 2018/3/16 11:07
日 時 3月15日(木)
     17:45~18:15 作務
     18:30~19:15 静坐
参 加  随心、山本居士、明眼 3人
役 位  聖侍:随心、直日:明眼

静坐会の前に、窓誉寺さんのご住職に随心・明眼の2人で禅子寮改修の日程報告を行いご了承頂きました。その後で草引き作務。一炷香静坐し解散しました。
山本居士は4月の摂心で講話を担当してくれます。この日はきちんと原稿を作成してこられ随心座禅会長に相談をされていました。
静坐後に茶話で、私が今年初めてさつま芋の苗づくりに挑戦しているという話をしました。専門農家の山本居士より昼だけ暖かくても夜冷えると植物は反応しない。落ち葉で堆肥を作るか足温器で夜だけ温めるようにしなさいと注意を貰いました。
植木鉢に植えて廊下に置いていたのですが、何か方法を考えます。やはりネットだけだと危険です。専門家は状況に応じたアドバイスをくれるので有難いです。
     明眼 拝
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (104)

今里静坐会報告(3月8日)

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
関西支部 2018/3/12 7:32
3/8(木)に宝厳寺(大阪市東成区神路3-17-8,新深江駅,下図一参照)で,今里静座会(宝厳寺の部)が開催されました。内訳は(第一部)第164回今里静座会(宝厳寺の部) (18:30~20:00)と,(第二部)第20回「大阪で夜一番遅い座禅会」(宝厳寺の部) (20:30~22:00)となっており,第一部は鶴井随心さん・坂本法燈が出席し,第二部は竹島亮輔さん・鶴井随心さん・坂本法燈が出席しました。
 第一・二部とも,最初に般若心経を唱え,30分間の座禅を2回座りました。
その後,第一部は,人間禅師家一宇庵小野円照老師著「禅入門」(人生の大事94~100頁)を輪読しました。輪読内容は,①人生の最大の大事は「死」であるところ,比喩経に黒白二鼠の物語がある,荒野をさまよう旅人が巨象に襲われて古井戸に身を隠し蔦にすがりついたものの,古井戸の底にも周囲の壁にも毒蛇がいて,しかも頭上では蔦の根本を黒白の二鼠がかじっていて,蔦は次第に細っていき今にも切れて落ちそうであるが,旅人が鼠を追い払うために揺すった蔦の根本にあった蜜蜂の巣から蜜が2,3滴落ちてきて,旅人の口に入りそれは何ともいえぬ美味だったので,旅人は喜んでなおも蔦をしきりに揺さぶっているといった話しである(蔦は命,黒白二鼠は昼夜のことである)。死の不安におびえながら一時の歓楽を貪り恐ろしさを忘れている世の人々をよく物語っている。②以前の輪読に出てきた蓮華女物語では,死に直面した蓮華女に釈尊が不滅の法門を示された,③自己の本性を悟得しておれば,不生不滅であって生滅し,生滅していて不生不滅である,といったことでした。 そしてこれに関連して,①この娑婆では人々は目前の欲望に目が眩み,本当は不安でたまらない死と向き合うことなく,却って死に向かう闘争や諍いに明け暮れて互いに生命をすり減らし続けているのが実態である,②坐禅を極めて本当の自己の真実・正体を徹見することができれば,「我と汝と尽一切はまさしくぶっつづきの生命を生きている」「仏教の根本は,自己は一切とぶっつづきの生命を生きていることを信じ,それゆえこの一切とぶっつづきの生命を今ここにおいて発現すべく修行するという以外ない」(内山興正)との確信に至ることができる,③それが,蓮華女に釈尊が示された不滅の法門であり,輪読で出てくる伏見人形の話しや,堅固法身の則の意味である,といったようなことを話し合いました。
 第二部は総裁老師著「坐禅の効用-はじめに13~17頁」を輪読しました。この本は,アマゾンでも禅部門でベストセラーになっている本であり,初心者には分かりやすく,禅の入門書としても理解しやすいと思われる。坐禅の修行の効果は,原理原則からいうと無功徳というのが定説であるが,初心者には理解しにくいところであって,観音の三十三応身からしても,相手に理解できるように分かりやすい言葉で語ることも大切なことである。公案を透ることだけでは,単なる禅学問になってしまうのであって,それを日常生活に活かし,生き方が変わってきて,人間形成に繋がるということが大切なことであり,道元が,坐禅は赤肉団の学道であるといったのもこういった意味を込めているものと思われる,といったような話をしました。

 次回の今里静座会(プレジデント今里の部)は,3/15(木) 18:30~20:00にプレジデント今里1006号室で開催いたします。(二部構成。開催場所をお間違えのないようにお願いいたします)
 奮ってのご参加をお待ちしています。
 よろしくお願いいたします。
     坂本法燈 記
    
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (131)

和歌山木曜静坐会報告(3月1日)

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
関西支部 2018/3/2 19:38
日 時 3月1日(木)
     17:45~18:00 作務
     18:00~18:15 浅松工務店打合せ
     18:30~19:15 静坐
参 加  随心、明眼 2人
役 位  聖侍:随心、直日:明眼
 
 急に暖かくなり過ごしやすくなってまいりました。この日は静坐会の前に禅子寮改修の最終打ち合わせを浅松工務店さんと随心明眼の2人で実施。その後で一炷香静坐後解散しました。4月の第31回和歌山摂心まで後ひと月余り、それまでに禅子寮を改修してもらい、少しだけ新しくなった道場で摂心に取組める段取りになりました。
     明眼 拝
 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (126)