メインメニュー
人間禅 関西道場


関西道場

京都府八幡市橋本東原28
075-982-2456

連絡はお問合せをお使いください。
お問合せはこちらをクリック
ブログ カレンダー
« « 2017 12月 » »
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6
このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google

関西ブログ - 201712のエントリ

今里静坐会報告(12月28日)

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
関西支部 2017/12/30 18:45
先日12/28(木)18:30~20:00に宝厳寺(大阪市東成区神路3-17-8,新深江駅,下図参照)で,Tさん・鶴井随心さん・坂本法燈が出席して,第157回今里静座会が開催されました。
 最初に般若心経を唱え,30分間の座禅を2回座った後,人間禅師家一宇庵小野円照老師著「禅入門」(平等と差別68~73頁)を輪読しました。輪読内容は,①仏教は平等即差別・差別即平等を説いており,これが仏教全体を通じ基本的な法理とされていて,般若心経の空即是色・色即是空に対応する,②古歌に「西行も猫も布袋も何もかも土の化けたる稲荷街道」とあり,一休和尚が「白露のおのが姿はそのままに紅葉におけるくれないの露」「花を見よいろかも共にちりはてて心なくとも春は来にけり」と歌っているのもこれに対応する,③だが禅は法理ではなく実境涯を練り上げなければならないところ,寒暑到来の公案(僧が洞山に問う「寒暑到来の時如何んが回避せん?」,洞山云く「何ぞ無寒暑の処に向かって去らざる?」,僧云く「如何なるか是れ無寒暑の処?」,洞山云く「寒き時は闍梨(汝)を寒殺し熱き時は闍梨を熱殺せよ!」)などで鍛えるとよい,④この関係で,織田信長に火攻めにされ「心頭滅却すれば火もまた涼し」と詠いつつ山門で坐禅したまま焼け死んでいった快川和尚の故事が思い起こされる,といったことでした。そしてこれに関連して,①初関を透り見性入理した段階では,天上天下唯我独尊と立ち上がり万物の根源である“ものそれ自体”になったところであって色即是空に対応するが,その後の修行で見性悟道の段階に進むと現象界では万物がそれぞれの姿において実在し自分だけでなく他者もいるといった境涯に至り空即是色に対応するようになる,②上記②の伏見(土)人形に似た譬えに水と波の話があり,湖海は表面から見ると嵐や波や凪が見えて千変万化であるが(現象界),水面からわずかに湖海に沈んでいくだけで微動だにしない世界が広がるのであって,波浪も凪もこれらはすべて同じ水からできていることが分かる(根源),③絶対界に悟入していくには,数息観を深めて数息三昧に徹していく以外にはない(また参禅するのが王道であるといわれる),といったようなことを話し合って,解散しました。
 次回の今里静座会は,平成30年1/11(木)に宝厳寺で開催いたします 。
 奮ってのご参加をお待ちしています。
 よろしくお願いいたします。
    坂本法燈 記
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (38)

和歌山木曜静坐会報告(12月28日)

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
関西支部 2017/12/29 18:47
日 時 12月28日(木)
     17:15~18:15 作務
     18:30~19:15 静坐
場 所 人間禅和歌山道場
参 加  明眼 

この日の作務は今年一年世話になった道場に感謝をして、禅堂の畳の拭き掃除他を行いました。
 終了後、火の用心が面倒なのでストーブは点けないで、その代り照明は全点灯にして一炷香独坐をしました。終わって、窓誉寺さんに静坐会終了の電話を入れ今年一年の御礼を申し上げて帰路につきました。来年も精進いたします。
   明眼 記
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (46)

土曜静坐会報告(12月23日)

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
関西支部 2017/12/25 7:54
場 所 :関西禅道場
静 坐 :20分2回
参加者 :Hさん、KTさん、KIさん、KKさん、
MTさん、MHさん、明眼、絶学、泰仁、智常、随心、
法燈、礌石、慶雲    以上14名。
聖侍:明眼、助警:慶雲、直日:法燈

○今年納めの土曜静坐会は各地区合同忘年会の予定を控え、午後4時に合同、静坐を開始した。
○「人数は力」の喩えの通り、引きしまった静坐の後は日ごろは滅多に顔を合わすことのない面々の懇親会が始まりました。型通りの自己紹介もそこそこに各自得意の歌も飛び出し、日ごろの正直な想い、はみんなの共感を誘い、時間の経つのも忘れ、まさに「正しく・楽しく・仲の良い」見本のような有意義
なひと時でした。懇親会の実行委員、礌石支部長以下泰仁さん絶学さん明眼さん智常さん達の「段取り・真剣・後始末ぶり」が徹底した気持ちの良いひとときでした。 
○禅者というと烏滸(おこ)がましいけれども、自利と利他が混然一体化
した集まりこそ理想の集合体であると思います。
  12月24日 福原慶雲 記

「禅林世語集」(京都其中堂発行)より
○昨日見し人はと問えば今日はなし明日は我が身を人に問わるる
○昨日見し人はと問えば今日はなし明日また我も人に問われん(日蓮上人)
○昨日見し人はと問えば草むらに露と答えて秋風ぞ吹く
○昨日より知らぬ明日のなつかしや元の父母ましませばこそ(二宮尊徳) 
○昨日よりも あすよりも今の 桜かな
○君と別れて又いつ逢える明けて三月茶摘み頃
○君と別れて松原ゆけば松の露やら涙やら
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (47)

和歌山木曜静坐会報告(12月21日)

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
関西支部 2017/12/22 19:22
日 時 12月21日(木)
     16:00~17:30 作務と禅子寮―隠寮間の遮音状況確認
     17:30~18:00 禅子寮改修見積もり依頼
     18:30~19:15 静坐
     参 加  随心、山本居士、明眼 3人
役 位  聖侍:随心 直日:明眼

諸行事の日程の関係で前回から一か月ぶりの開催となりました。作務で久しぶりの外掃除をしようとしましたら、きれいに掃除がされております。不思議に思い随心さんにお尋ねしますと、「多分、日曜の静坐会に来られているAさん(女性)がしてくれたのだろう。」とのご返事です。台所も泰仁さんがガスレンジを磨いて下さったのと、Aさんが不用品を捨て整理をして下さったので見違えるように美しくなっておりました。有難いのが7分と反省(自分らがやらねばならぬのに)3分の思いでした。時間がないばかり言っておらず、これからは時間を作る工夫をいたします。
一炷香静坐し、お茶を頂いて解散しました。
   明眼 拝

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (52)

市民静坐会報告(12月20日)

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
関西支部 2017/12/22 19:20
日 時 :12/20 (水) 14:00~16:00 
場 所 :関西坐禅道場
静 座 :90分 45分2
参加者 :KTさん、坂東居士、随心、秀香、法燈、礌石、慶雲
聖侍:坂東、助警:慶雲、直日:秀香

〇市民静坐会常連のHさんが珍しく風邪気味で欠席され、KTさん、坂東さん、
秀茶会の秀香さん、随心、法燈、礌石の各氏が見えられた。
2017/12/22
慶雲 記

禅林世語集(土屋悦堂編・京都基中堂発行) 
○昨日二上がり明日三下がり、調子揃(そろ)わぬ糸の筋、此処で叩かれ彼処(かしこ)でけられ、辛い浮世を渡りはすれど、主の心に実(じつ)さえあれば、どんな苦労もいとやせぬ
○昨日の発句は今日の辞世今日の発句は明日の辞世(芭蕉)
○昨日まで凍りて見えし山川の今日吹く風に滝の音する
○昨日まで錦の褥珠の床昨日は鳥辺の煙とぞなる
○昨日まで乗って遊びし竹馬の早くも老いの杖となるかな
○昨日まで莫妄想を入れ置きしヘチマ袋は今破れけり
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (50)
 12月20日(水)和歌山大学の清稟会座禅会に行ってきました。先月は台風の後遺症で南海電車が通常運転をしていなかったので2か月ぶりの訪問です。25日が最終日のせいかキャンパスはやや閑散としていました。
 参加者は主催者のHさん、男子学生(日本人)、近所の男性、私の4人でした。その中での話ですが、東京では大学生向けに無料で飲み物が飲め、就活の相談にも乗ってくれる「知るカフェ」という喫茶店があるのだそうです。企業がスポンサーに付いていて学生のニーズを集めたり優秀な学生をハンティングしたりするのだそうです。そんな喫茶店が和歌山大学の中に出来るかもしれないという事でした。
 静坐終了後、今年最初の「では、良いお年を」を交換して帰って来ました。
  明眼 記
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (51)

土曜静坐会報告(12月16日)

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
関西支部 2017/12/17 18:42
場 所 :関西禅道場
静 坐 :45分2回
参加者 :Hさん、KTさん、KIさん、KKさん、Mさん、慶雲  以上6名。
聖侍:Mさん、直日:慶雲

○土曜静坐会の始まる午後7時は辺りは暗く、寒さも一入増して道場の前も人通りが少なくなるなか、静坐開始の5分前に繰り上げて静坐を開始した。
真夏の暑い中に坐るより、寒い中での静坐の方が気も引き締まり、2回の45分フルの静坐も2回共気持ち良く坐ることができました。
○寒い中、お集まり戴いた方々の為に、数年前から保管しておいた月例会の講話や摂心会の放参日の道友たちの講話の原稿などを保管していたものの1部をお土産代わりに参考になればとお持ち帰りしていただきました。
 大変好評でしたので、折を見てまたお配りしたいと思います。
○次週の土曜静坐会12月23日には今年納めの関西支部全体の合同静坐会とし、全体の活力向上を期して合同忘年会開催の企画を練っております。
来年のオ-ル関西支部全体の発展を目指して多くの参加者を募ります。
12月17日
福原慶雲 記

「禅林世語集」(京都其中堂発行)より
○鬼神瞋(いか)れば天地も動き人は平和の羅針盤
○煙管さえ心のやにを掃除せず雁首ばかり磨く世の中
○北は黄に東は白く南青西くれないの染色の山
○狂人婆と云われし私もやがて浄土の花嫁御
○狐等が迷い悟りの言の葉にぶらかさるる江湖の雲水
○昨日今日明日と浮世の丸木橋よく踏みしめて渡れ旅人。(二宮尊徳)
○昨日何処へ寝た今宵は此処に明日は田の中畔枕
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (51)

今里静坐会報告(12月14日)

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
関西支部 2017/12/17 18:20
12/14(木)18:30~19:00に宝厳寺(大阪市東成区神路3-17-8,新深江駅,下図参照)で,Tさん・Sん・Mさん・Nさん・鶴井随心さん・田倉明眼さん・坂本法燈が出席し,和尚さんも参加されて,第156回今里静座会が開催されました。
 最初に般若心経を唱え,30分間の座禅を1回座った後,今回は特別に本年度の忘年会が,近所の居酒屋で開催され,忘年会にはSMさんKさんも参加されました。そして,本年度を振り返り,また新たな年に向けて新たな仏道修行の一歩を踏み出すことを話し合いました。
 次回の今里静座会は,通常どおりに12/28(木)18:30~20:00に宝厳寺で開催いたします 。奮ってのご参加をお待ちしています。                                           
   坂本法燈  記
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (40)

市民静坐会報告(12月13日)

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
関西支部 2017/12/14 13:25
日 時 :12/13 (水) 14:00~16:00 
場 所 :関西坐禅道場
静 座 :90分 45分2回
参加者 :KCさん、Hさん、坂東居士、真際、慶雲。 以上5名
(聖侍:坂東、助警:慶雲、直日:真際)

〇昨日からの寒波による、特別の寒さにも負けず5名の有志が集まり、早くから道場に来て、暖房その他の準備をして頂きましたHさんと坂東さんには心より敬意を表したいと思います。
また、この寒い中、参加して頂きました皆様にも拍手を送りたいと思います。今日の静坐会は格別のものが有り、後々まで良い思い出の静坐会であったと思います。今回のような静坐会こそ 価値ある静坐会です。
2017/12/14  福原慶雲 記

禅林世語集(土屋悦堂編・京都基中堂発行)より
○聞くは耳見るは眼のものなれば心は何の主なるらむ
○聞く人も嵐の山の呼子鳥答うる者は山彦の声
○聞くままに又心なき身にしあれば己れなりけり婆の舌頭
○気くままに又心なき身にしあれば己れなりけり谷川の水
○聞くままに又心なき身にしあれば己れなりけり軒の玉水。(道元禅師)
○汽車で通えば千里も一里一目満貫月一輪
○汽車の窓 案山子も人も 走りけり
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (56)