メインメニュー
人間禅 関西道場


関西道場

京都府八幡市橋本東原28
090-3927-1237(法燈)
080-2516-4415
(慶雲)

連絡はお問合せをお使いください。
お問合せはこちらをクリック
 
ブログ カレンダー
« « 2017 10月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google

関西ブログ - 20171015のエントリ

土曜静坐会報告(10月14日)

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
関西支部 2017/10/15 18:27
日 時 : 10月14日(土)19:00~21:00
静 座 : 45分2回
参加者 :Mさん、堀さん、KTさん、KIさん、KSさん、
KNさん、Tさん、坂東居士、明眼、絶学、法燈、慶雲 以上12名。
聖侍:坂東、助警:明眼、直日:絶学

○久しぶりに参加者が12名となり、気合の入った静坐会となりました。
矢張り参加者が多いと堂内が活気があふれ、自然に姿勢もよくなり、呼吸も深く長くなり、良い静坐会となりました。
○静坐後の懇話会も話が弾み、参加者同士の連帯感も盛り上がり、時間経つのが早く、道場に来てよかったと、坐禅後の独特の満足感にひたりつつ道場を後にしました。
○塵一つない広い禅堂に坐って、それぞれが自分の心の中の雑念・妄想・悪智悪覚の全てを、吐く息と共に時間をかけて全部吐き出して終えば、当然自分の心の中は綺麗になります。そんなものは目に見えるものではないので堂内がゴミだらけになる訳ではありません。そんなことで、坐禅道場は「ゴミ捨て場」と思え!と言う人もあります。今日の参加者達は全員スカッとした気分で道場を後にされたと思います。

2017/10/15
福原慶雲 記

「禅林世語集」(京都其中堂発行)より
○風が三味ひく木のはが踊る東雲(しののめ)烏(からす)が謳(うた)い出す
○風の姿を白帆に包み月の世界や水かがみ
○風の便りも蕾(つぼみ)の中よ咲けば苦になる花の枝
○風は息(いき) 虚空(こくう)は心 日(ひ)は眼(まなこ)海山(うみやま)かけて我が身なりけり
○風吹けば沖津(おきつ)白波(しらなみ)立田山(たつたやま)夜半(よわ)には君が一人(ひとり)越ゆらむ
○堅い蕾と思うて居たに何時か春風綻(ほころ)びる
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (133)