メインメニュー
人間禅 関西道場


関西道場

京都府八幡市橋本東原28
075-982-2456

連絡はお問合せをお使いください。
お問合せはこちらをクリック
ブログ カレンダー
« « 2017 9月 » »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google

関西ブログ - 201709のエントリ

今里静坐会報告(9月14日)

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
関西支部 2017/9/15 12:08
9/14(木)に宝厳寺(大阪市東成区神路3-17-8,新深江駅,下図参照)で,(第一部)第150回今里静座会(18:30~20:00)と,(第二部)第13回「大阪で夜一番遅い座禅会」(20:30~22:00)が開催されました。第一部はSIさん・MAさん・MSさん・鶴井随心さん・坂本法燈が出席し,お寺の和尚さんも参加されました。第二部はTさん・SAん・MSさん・鶴井随心さん・田倉明眼さん・坂本法燈が出席しました。
 第一・二部とも,最初に般若心経を唱え,30分間の座禅を2回座りました。その後,第一部は,人間禅師家一宇庵小野円照老師著「禅入門」(誕生仏33~36頁)を輪読しました。輪読内容は,①釈迦が誕生したときに天上天下唯我独尊と言ったという故事は,釈迦が仏性を悟り仏として誕生したときのことを述べたものでその時の境涯を表現したものであり,奇跡でも神秘でもない,②仏性は唯一絶対のもの自体であるから相対界を絶して天上天下われ一人であり,天地と我と同根万物と我と一体という境地は唯我独尊に違いないわけである,③これを誕生仏として赤ん坊扱いするのは,迷界にいた人がやっと悟りの世界に出て生まれかわり誕生したばかりであるからである,といったことでした。そしてこれに関連して,①禅や仏教では,人が自己の本心本性を尋ねて行きこれを徹見して本当は仏であると気付き体得すると,全ての自他の境界が消滅して(畔が切れるともいわれる)自他不二となってしまい自己も汝もさらには宇宙の万物も全てが本来ひとつの仏であり,天上天下唯我独尊・山川草木悉皆成仏であるという悟りに至るのであり,これが最初の見性といわれるもので禅や仏教の一丁目一番地であるといわれる,②この悟りに至るためには,数息観の究極の目標である数息三昧を深めていくこと即ち,数息の一燈が明るくしかも微動だにせずズーッと持続し,呼吸を数える自己と数えられる呼吸とが不二一如となり,しかもその数息を観察する自己も消えて本当の数息そのものになりきることが肝要であります(正念の一貫相続)。数息観こそは,まさに人間が生きながらに無限絶対の世界に入る唯一の道である三昧力を養う基本であり,古来数息観は座禅の最も初歩であるがまた最も究極であるといわれているところであります(ただこれにより道力が養われるが真に転迷悔悟の実をあげるためには参禅により道眼を開くことも必須である),といったようなことを話し合いました。
 第二部は総裁老師著「人間形成の禅-その効用・効果について-その11自利利他と慈悲心23~24頁」を輪読し,これに関連して,①人間禅では「正しく楽しく仲よく」を目標としているところ,正しくとは真理に合掌することであり,楽しくとは自己の仏性に合掌することであり,仲よくとはお互いの仏性に合掌することであるといわれる,②自己と他(汝・世界)は本来ぶっ続きの仏そのもので不二一如で一体のものであるから,自利は即利他となり,利他が即自利となるのは至極当然のことである,といったようなことを話し合いました。
 次回の今里静座会は,9/28(木) 18:30~20:00に宝厳寺で開催いたします。(なお第4木曜日の静座会後には随時懇親会を開催しています)
 その後の今里静座会の予定は,10/12(二部構成),10/26,11/9,11/23,12/14,12/28,(h30)1/11,1/25,2/8,2/22,3/8,3/22を予定しています。なお,H28.9月からは第2木曜日には二部制として「大阪で夜一番遅い座禅会」を20:30~22:00に開催しています。
 奮ってのご参加をお待ちしています。
 よろしくお願いいたします。
                                      坂本法燈 拝
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (18)

市民静坐会報告(9月13日)

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
関西支部 2017/9/15 12:04
日 時 :9/13 (水) 14:00~16:00 
場 所 :関西坐禅道場
静 座 :45分2回。
参加者 :MSさん、MYさん、Hさん、慶雲、以上4名。
(聖侍:MY、直日:慶雲)

〇土曜静坐会にはここ2回参加されたMSさんが参加され、気合の入った静坐会となりました。MSさんは、摂心会に全日程参加されるとのことです。MYさんも、お忙しい中、ご提唱または講話のどちらかに参加されるご予定です。
2017/9/14
福原慶雲 記

「禅林世語集」(京都其中堂発行)より 
〇蚊一つに 施(ほどこ)しかねる我身かな 
〇可愛子よ使うも人の可愛子よ吾(わが)可愛子に思いくらべて 
〇可愛や可愛や饅頭見ても花見ても 
〇書いたる郵便 袖から袖へ人に見られて恥ずかしや
〇骸骨(がいこつ)に着物を着せて連れて来て女房なんどと云うぞおかしき(一休和尚)
〇骸骨の上を装うて花見かな
〇傀儡子(くぐつし)首にかけたる人形箱佛出そうと鬼を出そうと。(一休和尚)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (14)

土曜静坐会報告(9月9日)

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
関西支部 2017/9/10 18:52
場 所 :関西禅道場。
静 座 : 45分2回、
参加者 :Mさん、Hさん、KIさん、KSさん、KKさん、OSさん、OTさん、坂東居士、法燈、慶雲 以上10名
聖侍:坂東、助警:慶雲、直日:法燈

○インターネットのホームページをご覧になって、予約の上初参加されたMさんは本日の  1番乗りで道場に見えられました。京都の建仁寺その他の二・三の座禅会に参加されてのご参加で、参加者本位の我々の静坐会によく溶け込まれ、シッカリ坐られていました。来週の土曜日から始まる摂心会にも関心を示され、お仕事の都合と睨み合わせ、都合の良いタイミングで前向きに参加の意向を示されました。
○静坐後のひと時の雑談会も和やかな雰囲気で話が弾み、坂東居士の用意された「舌の筋肉のトレーニング」と題する新聞のスクラップが配られました。
○定刻の21時に、法燈さんの近隣サービス「法律無料相談」が始まるのを潮時にお開きとなりました。
2017/9/10
福原慶雲 記

「禅林世語集」(京都其中堂発行)より
○及ばぬこととは聞きあきらめて見ぬがましかよ池の月
○おらが世やそこらの草も餅になる
○折らんとて制札のある桜かな
○折り得ても心ゆるすな山桜さそう嵐の吹きもこそすれ
○折りくぶる柴は様様に見ゆれども煙は同じ色にもあるかな
○折折に遊ぶいとまはある人の暇なしとて文よまぬかな(本居宣長)
○折れちがう葦の枯葉を頼りにて
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (15)

和歌山木曜静坐会報告(9月7日)

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
関西支部 2017/9/8 9:03
日 時 9月7日(木)
     17:00~18:30 外作務(落ち葉掃き・ゴミ整理他)、禅堂の障子の応急処置
     18:30~19:15 静坐
     参 加  随心、明眼 2人
役 位  聖侍:随心 直日:明眼

  久方ぶりの雨となりました。作務の後、一炷香静坐。終了後、10月7日よりの29回和歌山摂心会の静坐会参加者への連絡方法の打ち合わせを行い解散いたしました。  合掌
  明眼 拝
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (22)

市民静坐会報告(9月6日)

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
関西支部 2017/9/8 8:40
日 時 :9/6 (水) 14:00~16:00 
場 所 :関西坐禅道場
静 座 :45分2回。
参加者 :Mさん、Hさん、坂東居士、法燈、慶雲、以上5名。
(聖侍:Mさん、助警:慶雲、直日:法燈)

〇道場まわりの気温が30度を下回り、窓を開け放せば気持ち良く坐禅に没頭できる季節になりました。
○本年度2回目のインターンシップの学生座禅会は、O市議のご都合が急に悪くなり、第189回関西支部の摂心会の直後の9/24~9/25に行われることになり、Y市議と参加される学生は2名の計3名と  なりました。
  Y市議が過去の参加者も含め、最後の参加を呼びかけているところ である。参加者数の多少はさて置き、内容の充実した静坐会にしたいものである。
○静坐後のひととき、坂東居士とMさんが禅関係の読解力を養うべく法燈さんのご指導により禅書講読に取り組まれました。2
2017/9/7
福原慶雲 記

「禅林世語集」(京都其中堂発行)より
〇親の日や流石に休む鵜飼船
○親は子に依る子は親だより心と心の花と咲け
○親もなく友無く子なく妻もなしいっそ死んだがましかいな
○親もなし妻も子もなし家もなしいっそ死んだがましかいな
○親もなし妻なし子なし版木なし金もなければ死にたくもなし(林子平)
○親を思う心に勝る親心今日の訪れ何ときくらむ。(吉田松陰)
○小山田の里の畑も年々に立ちそう世こそ楽しかりけれ
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (22)

土曜静坐会報告(9月2日)

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
関西支部 2017/9/3 18:36
場 所 :関西禅道場。
静 座 : 45分2回、
参加者 :HNさん、KTさん、KIさん、KSさん、
村山さん、坂東居士、慶雲。以上7名。
聖侍:坂東、直日:慶雲。

○KさんグループのリーダーKKさんが仕事の都合で欠席されましたが、新しくHNさんを連れて来られ、グループはますます賑やかになりました。今回欠席のKKさんはお勤めの会社を近々年満退職されるとのことで、土曜静坐会だけでなく、水曜日の市民静坐会にも加われることが期待されそうである。
○9月14・15日にインタ-ンシップの学生静坐会が行われることに決まっておりましたが、  開催時期が関西支部の摂心会の終了後に急遽変更になりそうであるとのこと、地元Y市会議員から電話がありました。(正式には、追ってメールで連絡がある予定。)

2017/9/3
福原慶雲 記

「禅林世語集」(京都其中堂発行)より
○思うまいとは思うて居れど愚痴が導く花の蝶
○思えただ満つればやがて欠くる月希望の中や人の世の中
○思わせ振りかよあの時(ほとと)鳥(ぎす)姿見せずに声ばかり
○思わねば思わぬものもなかりけり思えば思うものとなりぬる(無難和尚)
○念(おも)うにし死(しに)するものにあらませば千遍(ちたび)ぞ吾は死にかえらまし(万葉集)
○表で化粧に迷うた果ては内に輪廻の火の車
○親の意見と茄子(なすび)の花は千に一つの無駄がない

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (25)