メインメニュー
人間禅 関西道場


関西道場

京都府八幡市橋本東原28
075-982-2456

連絡はお問合せをお使いください。
お問合せはこちらをクリック
ブログ カレンダー
« « 2017 5月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google

関西ブログ - 201705のエントリ

今里静坐会報告(5月25日)

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
関西支部 2017/5/27 6:58
 5/25(木)18:30~20:00に宝厳寺(大阪市東成区神路3-17-8,新深江駅,下図参照)で,TAさん・SIさん・TOさん(女性)・SZさん・田倉明眼さん・鶴井随心さん・坂本法燈が出席し,お寺和尚さんのお弟子さんとロンドンのお弟子Dさんが参加されて,第143回今里静座会が開催されました。(SZさんは初めての参加。Dさんはロンドンに亡命中のイラン人で前回に続き2回目の参加ですが,イスラム教国の祖国が仏教に対する弾圧から融和に政策方針を転換しつつあるので,帰国して禅センターを開設したいと述べられて,皆から激励されていました)
 最初に般若心経を唱え,30分間の座禅を2回座った後,人間禅師家一宇庵小野円照老師著「禅入門」(孤貧219~226頁)を輪読しました。輪読内容は,①禅における人間の究極の理想像は偉人も英雄も意識していない至極平凡な凡夫であり,②その思想の根底には孤貧とかすりきり貧乏とかいう「貧」の境涯を非常に高く評価して孤貧に徹しなければ自己完成が終わらないとする考えがある,③その理由は,禅は与えるものではなく奪うものであるため,禅の修行でなんら得るものはなく失うばかりで一切を失い尽くすならば当然孤貧に徹せざるを得ないからである,といった内容でした。これに関連して,①禅や仏教はその大前提として衆生本来仏なりで只一人の例外もなく人々は本来仏なのだと考え,そうであるからこそ,本来は完全で欠けるところのない仏を実際には曇らせている煩悩や雑念を取り除き孤貧に徹すれば,仏が本来の円満完全な光り輝く姿を顕すのだというのである,②修行で見性入理によって自他の畔を取り去って天上天下唯我独尊と絶対的な自己を悟り(能所両忘),次いで迷いだけでなくせっかくの悟りさえも捨て去って(迷悟両忘),初めて人は本当に自分の心を自由自在に使うことができるようになる(随所に主となれば立処皆真なり(臨済)),③至極平凡な凡夫が究極の理想像であるなら禅修行など不要ではないかという誤解もありうるが,一度高い山頂を極めた後と前では目に入る風景は同じであってもこれを受け止める側が大きく変わっているものであるし,また,あたかも高速で回転する独楽は一見すると止まっているようには見えるが実際には止まっている独楽とは大違いで何か(雑念)が当たっても(全く執着せず)跳ねとばしてしまうのと似ている(一見すると止まっているような急流に毬を投げ込んだときに一瞬にして流し去ってしてしまうのも同様),といったようなことを話し合いました。
 その後,有志で近所の居酒屋に懇親会に赴き(SAさんも出席),利他行に励まれるSAさんやTAさんは充実した人生を送られていることや,輪廻説もビッグバン以来138億年間万物が流転しているとする最先端の現代科学の立場とは基本的に矛盾しないことなどを話し合い,解散しました。(なお第4木曜日に随時開催の懇親会はどなたでも参加自由で歓迎します)
     坂本法燈 記
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (60)

市民静坐会報告(5月24日)

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
関西支部 2017/5/26 7:43
日 時 :5/24 (水) 14:00~15:00 
場 所 :関西坐禅道場
静 座 : 45分2回。
参加者 :Hさん、坂東居士、慶雲。以上3名。
聖侍:坂東、直日:慶雲

〇188回摂心会直前の市民静坐会は、地元常連3人のみでの静かな静坐会で  あった。お仕事を持つ人達の摂心中のスケジュール調整など工夫すべき問題も有ろうかと思われますが、出来るだけ多くの方達が参加されますよう期待します。心の垢が落ちてスッキリした気分が味わえること間違いなしです。
2017/5/25
   福原慶雲 記
「禅林世語集」(京都其中堂発行)より。
〇得手勝手渡世いとなむ片手間に 慈悲と念仏かねて忘るな。
○江戸で紫京都で浅黄 伊勢松絞りの色のよさ。
○江戸は紺 京は烏紺で 有馬絞りの程のよさ。
○遠州浜松広いようで狭い 横に車が二丁たたぬ。
○炎天の 火をふきそうな鬼瓦。
○縁は切れても思いは残る 草は焼けても根は残る。
○衿(えり)の楊子(ようじ)がもの言うならば 掘って聞きたい主の胸。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (53)

土曜静坐会報告(5月20日)

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
関西支部 2017/5/22 8:44
日 時  : 5/20(土) 18:00~22:00
場 所 : 関西禅道場。
静 座 : 45分2回。
参加者 :KHさん、KKさん、坂東居士、智常、法燈、慶雲。
以上6名。
聖侍:坂東、助警:法燈、直日:智常。

○Kさん親子お揃いで参加され、このままの勢いで1週間後に迫った摂心会に坐りに来られる見込みです。摂心会の具体的な参加要領については副支部長の智常さんから説明を受けられました通り、道場での坐禅その他の時間と勤務時間との調整・工夫の上、積極的にご参加ください。
○TAさん、TEさん、KAさんもこの摂心会には参加できる曜日・時間帯だけで結構ですのでこの機会にご参加ください。お待ちしております。
   2017/5/14 福原慶雲 記

「摂心会」について。
いよいよ5月27日(土)から6月3日(土)まで(詳細はポスター参照)当道場にて第88回関西支部摂心会が始まります。当静坐会・市民静坐会並びに各地の静坐会に参加されている皆様には、ご都合の良い時に是非ご参加ください。
 本来は、摂心期間中は門外不出とされておりますが、参加可能な時間帯だけでも、毎日ではなくても、お仕事・家事等のやりくりの上、積極的にご参加くださいお申し出ください。滅多にない貴重な機会ですので、積極的に飛び込んで下さい。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (67)

和歌山木曜静坐会報告(5月19日)

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
関西支部 2017/5/19 12:46
日 時 5月18日(木)
     16:30~18:00 作務
     18:00~18:30 初参加者への座り方説明
     18:30~19:15 静坐 20分2回
参 加  Oさん(初参加)、随心、明眼 3人
役 位  聖侍:随心 直日:明眼

 作務は、外回りの掃除と草引きを実施。静坐、茶話後解散。
この日は、お医者さんのOさんが初めてお見えになりました。(先月一度みえられたのですが急な仕事でお帰りになられての再訪です。)静坐の仕方と人間禅の概略をご説明した後、20分2回静坐。しっかりした座相で座られていました。茶話の後解散。
 Oさんは、患者さんと接する時に自分がしっかりした者でありたいという願いで座禅をしようと思われたそうです。利他(人の役に立つこと)を目指して自利(自分を磨く事)をしようとの思いです。帰る電車の中で自分の日々がそうなっているか反省しました。 合掌
   明眼 九拝
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (51)

市民静坐会報告(5月18日)

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
関西支部 2017/5/18 7:58
日 時 :5/18 (水) 14:00~15:00 
場 所 :関西坐禅道場
静 座 : 45分2回
参加者 :Hさん、坂東居士、秀香、随心、法燈、慶雲。以上6名
聖侍:坂東、助警:慶雲、直日:法燈

〇今回は秀茶会があり、賑やかな市民静坐会となりました。
静坐終了後はお茶のお稽古が始まるまでの時間を利用して、坂東居士が企画した故耕雲庵老大師の講座記録「新編碧巖集講話」の朗読会が行われました。体調の芳しくない慶雲は定刻の15時に帰宅の途に着きましたが、秀茶会の世話役もされている支部長の宮井礌石さんは車の渋滞に巻き込まれたためか、道場には未だ到着されませんでした。
   2017/5/17  福原慶雲 記

「禅林世語集」(京都其中堂発行)より

〇絵に写し木にも造りし仏(ほとけ)達(たち) 皆わが胸におわしまします。
○絵にかきし餅は喰われず世の中は 真でなければ間には合わぬぞ。
○餌を運ぶ親の情の羽音には 眼をあかぬ子も口をあくなり。(二宮尊徳)
○江(え)を隔て横に走るもさる事や それこれなしに直(じき)にうなづけ。
○栄華とは栄える花と書くなれば 咲いて乱れて後は散るなり。
○回向するとて仏の前へ 二人向かいて小鍋だて。
○枝を折る人に香るや 梅の花。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (52)
和歌山大学の清凛座禅会に行ってきました。
参加: 腹巻さん、腹巻さんのお嬢さん、男子学生(日本人)×2人、男子学生(留学生)、近所の男性、明眼 の7人
大学もキャンパス5月半ばになりかなり落ち着いた雰囲気でした。今日はいつも参加している留学生の男子学生が、友達の日本人学生を誘って参加していました。皆さんしっかり座っておられました。
   明眼拝

追伸: 腹巻さんが5月21日(日)朝8時よりの和歌山放送のラジオに紀柔館で始めた「転び方教室」の話で出演されるそうです。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (57)

今里静坐会報告(5月11日)

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
関西支部 2017/5/15 7:54
先日5/11(木)宝厳寺(大阪市東成区神路3-17-8,新深江駅,下図参照)で,(第一部)第142回今里静座会(18:30~20:00)と,(第二部)第9回「大阪で夜一番遅い座禅会」(20:30~22:00)が開催されました。第一部はSIさん・鶴井随心さん・田倉明眼さん・坂本法燈が出席し,お寺の和尚さん・お弟子さんのHさん・Dさんも参加されました(Dさんはイラン人で英語の教師をされていた数十年前に鈴木大拙の本を読み禅に興味を持って来日し,和尚さんとともに修行をし得度したが,イランで迫害されイギリスに亡命して禅の布教をしているところ,再度修行したいと最近来日したという)。第二部は20:30~22:00にSAさん・Tさん・Oさん・鶴井随心さん・田倉明眼さん・坂本法燈が出席しました(Oさんは初参加)。
 第一・二部とも,最初に般若心経を唱え,30分間の座禅を2回座りました。その後,第一部は,人間禅師家一宇庵小野円照老師著「禅入門」(居士禅について214~218頁)を輪読しました。輪読内容は,居士禅において禅を実社会に活用して大成した人は数え切れないほどあり,特に日本文化の特徴とされている「わび」「幽玄」とかいうものの根底には禅理がすえられている,といったことでした。そしてこれに関連して,①かつて北条時宗が祖元禅師に参禅して臆病心をなくする法を問ったところ,禅師は臆病心の出てくる元を断ちなさいと言われ,臆病心はどこから出てくるかと問うと,汝時宗より来ると言われ時宗を殺し尽くす(虚妄の我を殺し真箇の自己に帰る)よう示された,②日本文化のバックボーンの根底には座禅があり,その例は,剣道・柔道・弓道・棋道・華道・書道・俳諧・能楽・文学・造園・絵画・彫刻・陶芸・刀工など枚挙にいとまがない,③ともに心の置き方について述べている宮本武蔵の五輪の書と沢庵和尚の不動智神妙録では若干の違いがあり,前者は心を真ん中に置くべしといい,後者は心はどこにも置くなもし一所に定めて置くならば一所に取られて用を欠くことになると述べているところ,両者ともに非常に高い三昧の境地だけれども前者は達人の境地であり後者は更に高い名人の境地であると評価されている,といったようなことを話し合いました。
 第二部は総裁老師著「人間形成の禅-その効用・効果について-その7(我がまま・自己中心を消滅させる効果)」を輪読し,座禅により三昧が身に付いて頭頂葉がサイレントになり前頭葉が活性に保持されてくると,ちっぽけな自我が空じられてbig-mind(本来の面目・本当の自己)が感じられるようになり,天地と我と同根・万物と我と一体であると感得することができるようになる,すなわちエゴの野放し状態が改められて自と他のバランスが取り戻され我が儘な自己中心が発現しなくなる,といったようなことなどを話し合いました。
 次回の今里静座会は,5/25(木) 18:30~20:00に宝厳寺で開催いたします。(なお第4木曜日の静座会後には随時懇親会を開催しています)                                 
 坂本法燈 記
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (71)

市民静坐会報告(5月10日)

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
関西支部 2017/5/12 18:51
日 時 :5/10(水) 14:00~17:10 
場 所 :関西坐禅道場
静 座 : 45分2回。
参加者 :Hさん、坂東居士、慶雲。以上3名。
聖侍:坂東、直日:慶雲。

〇本日から始まる神戸参禅会の盛会を祈りつつ、関西道場では常連3名での市民静坐会を粛々と行いました。

〇今回は、取り立てて記することもありませんので、この機会に分かっているようで分かっていないことを書いて置きたいと思います。つまり、何でもなく坐っている関西道場やその他の人間禅の道場のことです。それは即ち、その道場での本格の禅の修行そのものの独自性というものです。
 昔から、禅の修行では、何が一番大切かと云うと、指導者(師家とか老師云う)が、正伝の嗣法の方であるかということです。これは、非常に大事なことで、若しも「悟」が贋物であったり、いい加減のものであると、一盲衆盲を曳くという、大変恐ろしい結果を招くからであり、嗣法が正しいかどうかが大変 喧しくいわれています。詳しくは、五〇年史ほか多くの資料がありますが、超簡単に述べると次の通りです。
 明治の初め、元老とか元君言われた山岡鐡舟・高橋泥舟などが国の前途を憂え、寺院の殻を破り在家禅を振興し、国家社会に有為な人材を輩出させるべく、鎌倉円覚寺の蒼龍窟今北洪川老師を東京に拝請し、その集まり「両忘会」と名付けたことにはじまります。今北洪川老師が帰寂された後は、一時途絶えましたが明治34年にその法嗣釈宗演老師によって再興が図られ、さらにその法嗣釈宗活老師が師命を受けて、従来の僧侶の禅とも違い、また個人の修養としての在家禅とも違った「居士禅」として、「財団法人両忘協会」を設立されました。
 昭和21年には、宗教法人法により、「宗教法人両忘禅協会」と改められましたが、昭和23年7月に解散、翌月「宗教法人人間禅教団」として生まれかわり、両忘庵老師の法嗣耕雲庵立田英山老師が総裁第一世に推戴されました。
昭和44年5月には、耕雲庵老師の法嗣妙峰庵老師が総裁第二世に更に52年から耕雲庵老師の法嗣磨甎庵白田劫石老師が総裁第三世、更に平成8年5月に妙峰庵老師の法嗣青嶂庵古幹老師が総裁第四世を経て、平成18年5月に青嶂庵老師の法嗣葆光庵春潭老師が現第五世総裁としての重責を担われて現在に至っております。
 以上を振り返りますと、実際にご鉗鎚を受けた老師方の生々しい情景も思い出し、本格の修禅の素晴らしさを実感し、我々の道場がまた違ったものに見えてきます。言いたいことは、我々の道場での坐禅仲間は、伝統ある学校の同窓生のようなものであり、何時・何処で出会っても最も信頼する仲間同士であることが実感できることです。
2017/5/12 福原慶雲 記
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (78)

土静坐会報告(5月6日)

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
関西支部 2017/5/8 19:03
日 時  : 5/6(土) 18:00~22:00
場 所 :関西禅道場。
静 座 : 45分2回。
参加者 :Kさん、Tさん、坂東居士、明眼、慶雲 以上5名
聖侍:坂東、助警:慶雲、直日:明眼

○ゴールデンウイークも終盤を迎え、5名での静坐会 となりました。
○絶学さんの呼びかけで、土曜静坐会を盛り上げようと参加同士の意思疎通を図るべく、静坐後の懇話会の充実を心掛けようとしている処ですが、今日は帰省した絶学さんに代り、留護当番の明眼さんが中心にて実施しました。参加者は少ないながらも活気が感じられる。
Tさんの坐禅に対する意欲も会を重ねる毎に真剣さが伝わってきます。Kさんも一番の新顔ながら、会社に勤務しながらの坐禅については当道場で本格的に取り組んでみようという積極的な意思を鮮明にされ、「耕雲塾」のご紹介をさせて戴いたところ、即決で入会されました。お世話する立場として、その意気込みにお応えできるよう、心を引き締めて静坐会の充実に向けて頑張っていきたいと思います。
2017/5/7
福原慶雲 記

「人間形成と禅」(人間禅出版部)の内容一部紹介
前回では、「人間形成と禅」の特に主張したいことは5カ条あり、そのうち
一 我儘しては いけない
一 ひとに 迷惑を かけては いけない
の2カ条について述べました。
これに続く根本的な人として守るべき3カ条として、
一 嘘をついては いけない
一 怠けては いけない
一 やりっぱなし に しては いけない
の3カ条です。
いずれも子供に対する躾ですが、同時に社会人として当然求められるものです。「うそをつかぬ」ということは人間性の根本を成すもので、これが一番むずかしいことです。よく知られている仕事の要訣とされるplan、do、seeが挙げられますが、(plan)「段取り」は置くとして、(do)「真剣」とは「怠けない」ことであり、(see)「尻拭い」とは「やりっぱなしにしない」ことです。以上の5カ条以って、われわれの守るべき「五戒」として禅の修行をする上で最も重視しております。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (73)

和歌山木曜静坐会報告(5月4日)

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
関西支部 2017/5/5 23:07
 日 時 5月4日(木)
     16:00~18:30 作務
     18:30~19:15 静坐
参 加  (作務・静坐とも)随心、明眼の2名
役 位  聖侍:随心 直日:明眼

 作務は、障子の補修と草引きを実施。一炷香静坐、後解散。
洪濤庵老師が「作務をせい。自分の家の周りを草だらけにしておいて禅をやってますなどと言うな」とよくおっしゃいます。新到の方が来られた時に、建物が古いのは仕方ありませんが、せめて荒れた所だと感じられない様に二人で作務を行っています。 合掌
   明眼 拝
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (62)