メインメニュー
人間禅 関西道場


関西道場

京都府八幡市橋本東原28
090-3927-1237(法燈)
080-2516-4415
(慶雲)

連絡はお問合せをお使いください。
お問合せはこちらをクリック
 
ブログ カレンダー
« « 2020 9月 » »
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 1 2 3
このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google

関西ブログ - 城崎俳句コンクール

城崎俳句コンクール

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
関西支部 2020/4/19 7:25
城崎俳句コンクール

 城崎の俳句コンクールで優秀賞を頂き、皆さまにお祝いのメッセージを頂きまして、ありがとうございました。
絶学さんに「こんなのがあるから応募してみようか〜」と、教えて頂いて、城崎は今までに何度も訪れたことがあるので、俳句も詠めるかな〜と応募したものでした。絶学さんも応募されて、何と二人とも入賞となり、びっくりすると同時に大変嬉しく思いました。

 これも、一重にここまでご指導して下さいました故炭﨑博先生のお蔭です。
今までの城崎の俳句の入賞作品が、ネットに上がっておりましたので、見てみると、なんと炭﨑先生の俳句も載っておりました。
2013年第十回城崎俳句コンクールの優秀賞でした。
 
子宝(こだから)湯(ゆ)山手に花の鬼子母神(きしぼじん)  博
 
講評:「子宝湯」と「鬼子母神」が見事に組み合わされている。「花の鬼子母神」の「花」が一句を生かしている。
 
今回、絶学さんと私の優秀賞の句は、
 
 一の湯の足湯に休む夏の蝶  絶学
 
           講評:歩き疲れた者にとって足湯はありがたい砂漠のオアシスのような場である。一の湯の前にある足湯で、腰をおろし足を湯に浸していた。ふと見ると、近くに大きなアゲハチョウが羽を休めていたのである。別に蜜をとるのではなく。羽を揃えて静かに休んでいる蝶を見ていると、不思議な連帯感のようなものを覚えたのである。この景色を句としてとどめた感性に賛同する。同時に、蝶を基軸に足湯に集う和やかな空気が広がるようである。
 
御所の湯の天蓋溢るる緑かな  寿典
 
講評:階段を登りながら何となく貴族の雰囲気を味わうのも一興である。ちょうど新緑の頃、湯に入り、天井を眺めて圧倒された。滴る緑の圧倒的な質量感。なにも湯ばかりではない、心身を癒してくれるのは。そう思い広々とした天井をぐるりと眺め、再び熱い湯に身を委ねたのである。爽快爽快。
 
選者: 中西健治先生 元立命館大学文学部教授
 
炭﨑先生のご逝去からもうすぐ半年となります。
私達は、守破離の守の段階でしたのに、先生は逝ってしまわれて、戸惑うばかりでした。
しかし、先生の教えを守りつつ、さらに精進して、細道会をますます盛り上げて行く所存です。
皆さま、よろしくお願い致します。
                                    寿典
 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (123)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.ningenzen.jp/kansai/modules/d3blog/tb.php/571