メインメニュー
人間禅 関西道場


関西道場

京都府八幡市橋本東原28
090-3927-1237(法燈)
080-2516-4415
(慶雲)

連絡はお問合せをお使いください。
お問合せはこちらをクリック
 
ブログ カレンダー
« « 2020 4月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2
このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google

関西ブログ - 今里静座会報告(1月9日)

今里静座会報告(1月9日)

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
関西支部 2020/1/14 21:10
1/9()18:30~20:00に宝厳寺(大阪市東成区神路3-17-8,千日前線新深江駅,下図一参照)で,今里静座会(宝厳寺の部)が開催されました。その内訳は,(第一部)226回今里静座会(18:30~20:00)と,(第二部)54回「大阪で夜一番遅い座禅会(20:30~22:00)の二部構成です。
 第一部は、耕隠さん・法燈が出席し、第二部は、耕隠さん・Sさん・MWさん・MSさん・法燈が出席して開催されました。(MSさんは初参加)

第一・二部とも,最初に般若心経を唱え,30分の座禅をそれぞれ2回座りました。
 その後,第一部は,人間禅師家如々庵芳賀洞然老師著「禅入門」(悟後の修行85~94)を輪読しました。輪読内容は,長い間の精進努力がみのって、父母未生以前における本来の面目即ち真実の自己を徹見したときの歓喜は大きく法悦は深く、禅の修行の目的である自力による救済・安心立命は一応達成されたが、それは禅の山に第一歩を踏みいれたに過ぎない。禅の奥の院に到達し、本当の安心立命の実境涯をえ、禅者の洒々落々たる大自在の境涯にいたるためには、さらにさらに修行を継続していかねばならない(悟後の修行)悟りに二つはないと悟後の修行を否定する向きもあるようであるが、凡庸なわれわれの場合においては、さらに坐禅の行にはげんで、着実に一歩一歩と自らの実境涯を高めて禅の奥の院にせまる以外に道はない。大悟十八回小悟その数を知らずともいわれるように、梯子禅と罵倒されようと悟後の修行の階梯を一歩一歩と登りつめていくほうがはるかに確実でわれわれに向いている。悟後の修行の大綱を、以下有名な禅書「十牛図」、即ち、父母未生以前における本来の面目=仏性ないし真実の自己を一頭の牛になぞらえ、この牛をさがしにかかる初発心の段階から究極の活仏の段階まで、言い換えれば禅の修行の全過程を十段階にわけ、それぞれの段階を図と序と偈頌とをもって説いたもの、によって説明する。撥草尋牛(初発心つまり西も東も分からず尋ねまわっている)段階、権為見跡(牛の居場所くらいはおよそ見当がついてくる見性以前の迷いの)段階、従声見牛(初関をパスして真実の自己とはこいつだ!これが仏性だ!と理の上で気がついたが、実際に仏(自覚覚他・覚行円満=完成された人間)の境涯に到りえたわけではなく、実際には仏性は依然として本能欲望の雲におおわれがちである、見性入理の)段階、この理仏を事仏にまで育てあげていくことが悟後の修行である、得牛加鞭(悟後の修行の最初の段階で、牛は煩悩妄想がきわめて旺盛であるから、手綱をしっかと握って大いに鞭をくれて野性を矯め飼いならさなければならず、修行で最も骨の折れる重要な)段階、換主人公の則=惺々著、といったようなことでした。
 そしてこれに関連して、頓悟と漸悟の違いがあるとされるが、釈迦、空海や道元のような天才でない私たちには、十牛図による漸悟を地道に歩むのが王道である。初関の透過は、従声見牛の段階とされており、図柄でも牛の尻を描いてあるだけで牛の全体を得ていないことを暗示してあるように、境涯的には、成仏したとはいっても真実の自己は煩悩妄想にさえぎられて依然として迷える凡夫の境涯にさまよっているのが実情であり、見性入理(自己即仏であることを理として自覚したにとどまる)という低次の見性にすぎないものであって、自覚覚他・覚行円満という、自ら円かに悟り他を悟らしめ悟りと実行とが一致する実境涯をえた完成された人間(事仏)とは相当離れており、実境涯を伴わない理仏の段階であるとされているのを見て、若干安心した(自己の経験に照らして見性入理で深く入れたという実感が余り感じられなかった故に)換主人公の則=惺々著とは、真実の自己が一切の他者(真実の自己以外の一切のもの)に対して常に主体性を確立しておれという意味のようで、人間禅における最も重要な聖典とされる「寶鏡三昧」の最後で「只よく相続するを主中の主と名づく」とされているように、正念の相続が修行における主中の主である、といったようなことを話し合いました。
 第二部は、人間禅名誉総裁老師著「坐禅の効用・一日一炷香のすすめ176184頁」を,輪読しました。禅修行において、公案参究によって道眼を開き、数息観の行取によって道力を付けることは、車の両輪であり、両者相まって人間形成が完成すると言われている。一日一炷香を欠かしたら法が絶えるという決意をもって、修行に励むようにという教えの有難さは、私自身も実感しているところであります。NHKTVを見ていると(サイエンスゼロ,ためしてガッテン),ハーバード大の研究で座禅やマインドフルネスなどの瞑想を2ヶ月間行うことによって海馬が活性化して5%増大し脳幹・小脳も増大したとの報告,自閉症・不安神経症・認知症・ストレス不安等にも効果がある,うつ病の非再発率が高まる(向うつ薬よりも高率),遺伝子の働きが変わるといった報告もあるそうです、といったようなことを話し合いました。


     坂本法燈 記

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (81)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.ningenzen.jp/kansai/modules/d3blog/tb.php/563