メインメニュー
人間禅 関西道場


関西道場

京都府八幡市橋本東原28
090-3927-1237(法燈)
080-2516-4415
(慶雲)

連絡はお問合せをお使いください。
お問合せはこちらをクリック
 
ブログ カレンダー
« « 2019 8月 » »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google

関西ブログ - 今里静坐会報告(7月11日)

今里静坐会報告(7月11日)

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
関西支部 2019/7/16 14:22

7/11()18:30~20:00に宝厳寺(大阪市東成区神路3-17-8,千日前線新深江駅,下図一参照)で,今里静座会(宝厳寺の部)が開催されました。その内訳は,(第一部)210回今里静座会(18:30~20:00)と,(第二部)49回「大阪で夜一番遅い座禅会(20:30~22:00)の二部構成です。

 第一部Tさん・耕隠さん・Oさん・坂本法燈が出席し,お寺の和尚さんも参加されて,第二部はMさん・耕隠さん・坂本法燈が出席して開催されました。(Mさんは初参加)

第一・二部とも,最初に般若心経を唱え,座禅をそれぞれ座りました。

 その後,第一部は,人間禅師家如々庵芳賀洞然老師著「禅入門」(救済の二門19~21)を輪読しました。輪読内容は,大乗仏教は自力聖道門と他力易行門の二つの救済の門を開いている,他力易行門の教え(法然の浄土宗・親鸞の浄土真宗)とは,人間の相対性と有限性,不完全さと醜さ,総じて罪業の深さを痛烈に反省し,自己に絶望しきっている人々のために開かれた救いの門であり,一切の人間の救済を本領とする阿弥陀如来を本尊に立て,その大慈大悲によって人間は因果の鉄鎖から解放され,その善根と悪行とにかかわりなく,等しく極楽に安らかな座席を保証されている,だからただひたすらに,自己のはからいを捨てて阿弥陀如来にすがりきり,南無阿弥陀仏と唱名念仏すればそれでよいと説くのが,他力易行の浄土の法門の骨子である。これに反して,禅宗を典型とする自力聖道門の教え(その他天台宗・真言宗・法相宗・華厳宗)は,人間が自ら善根功徳を積み智慧を磨くこと,即ち自らの力によって仏に成れ,無限絶対の世界に入り得ると説くものであり,とりわけ禅宗は,絶対者を自己の外に別に立てることなく,この有限相対な自己を離れずそれに即して無限絶対なものを見出し,自己即仏であることを実地の行を通じて証悟する教えである,といったようなことでした。

 そしてこれに関連して,自力聖道門は一遍上人の唱うれば仏も我もなかりけり南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏”(念仏三昧)で代表され,他力易行門は天上天下唯我独尊”(見性成仏)によって表現されているところ,この両句を比較玩味してみれば,いずれも,我を極小まで殺し尽くすことがそのまま我を極大まで育成することになっており(これが大乗仏教の真精神である),畢竟絶対他力と絶対自力は相い一致していることが判るといわれている(耕雲庵老大師)このことは,自力聖道門の禅宗において「大死一番絶後に再蘇す」ることが最重要視されるだけでなく,他力易行門においても「自己のはからいを捨てる」ことが強く要求されることからも,明らかであるし,禅宗の大家である鈴木大拙も,「絶対の他力これを宗教という,自分のはからいをもたずに神の前に自分を絶対的に没入させること,そういうところに本当の宗教的なものがある」と述べているし,山田無文も「禅門の信心も他力の信心も理において畢竟一つであらねばならんなぜなら信心とは凡仏一如自他不二の絶対の境地だから」と述べるところである,といったようなことを話し合いました。

 第二部は、人間禅名誉総裁老師著「坐禅の効用-後期の数息観146150頁」を,輪読しました。後期の数息観の域に達してこそよくぞ人間に生まれたものであると人生の本当の意義を味わい得るという言葉が,心に深く沁みわたるが,そのためにも,一日一炷香の重要性を再認識させられるところであります。

 

 次回の今里静座会(プレジデント今里の部)(部構成に変更された)は,7/18()18:30~20:00に,プレジデント今里で開催いたします。

 奮ってのご参加をお待ちしています。

 よろしくお願いいたします。

    坂本法燈 拝
 


  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (64)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.ningenzen.jp/kansai/modules/d3blog/tb.php/538