メインメニュー
人間禅 関西道場


関西道場

京都府八幡市橋本東原28
090-3927-1237(法燈)
080-2516-4415
(慶雲)

連絡はお問合せをお使いください。
お問合せはこちらをクリック
 
ブログ カレンダー
« « 2019 6月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google

関西ブログ - 市民静坐会(1月9日)報告

市民静坐会(1月9日)報告

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
関西支部 2019/1/14 9:23
  : 関西道場
  :45分 ×2回。 
参加者 : NさんBさん、真際、絶学、法燈、慶雲   以上6名    
直日:真際、 聖侍:Bさん 助警:法燈 
 
〇平成31年 最初の市民静坐会はいつも顔を出されるさんが体調を崩されて欠席されましたが、参加者6名 まずまずの市民静坐会となりました。  
〇作務(禅の修行として行う体を動かしての作業)についてはオールマイティーの大活躍をされる絶学さんは昨日も今日も道場へ出頭され、2階の隠寮の水道水漏れの修繕に取り組まれました。多謝。 
〇正月気分を振り払っての90分の気力溢れる静坐を終えて、何物にも代えがたい実感を味わいつつ、全員道場を後にしました。 
    慶雲 記 
 
禅林世語集 土屋悦堂輯 京都其中堂書林より  
〇悟りても 柳は同じ 緑かな。  
〇悟りとは 己が心を 責むるこそ 悟りの中の 悟りなりけり。 
〇悟りとは 悟りて悟る さとりなり 悟る悟りは 夢の悟りよ。  
〇悟りとは 眉毛の先の つるしもの あまり近くて 見る人もなし。  
〇悟りなば 坊主になるな 肴喰え 地獄へ行きて 鬼に負けるな。 (蜷川新右衛門)  
○さなきだに いとど危うき 露の身を 落ちよとさそう 萩の上風。(無窓国師)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (47)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.ningenzen.jp/kansai/modules/d3blog/tb.php/500