メインメニュー
人間禅 関西道場


関西道場

京都府八幡市橋本東原28
090-3927-1237(法燈)
080-2516-4415
(慶雲)

連絡はお問合せをお使いください。
お問合せはこちらをクリック
 
ブログ カレンダー
« « 2018 9月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google

関西ブログ - 今里静坐会報告(2月22日)

今里静坐会報告(2月22日)

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
関西支部 2018/2/25 21:32
2/22(木)18:30~20:00に宝厳寺(大阪市東成区神路3-17-8,千日前線新深江駅,下図一参照)で,Uさん・Oさん・坂本法燈が出席し,お寺の和尚さんも参加されて,第163回今里静座会(宝厳寺の部)が開催されました。(太田康男さんは初参加)
 最初に般若心経を唱え,30分間の座禅を2回座った後,人間禅師家一宇庵小野円照老師著「禅入門」(賓・主について,臨済の四料揀87~93頁)を輪読しました。
輪読内容は,①茶道に「賓主互換」とか「無賓主」とかいう言葉があり(主とは主人・賓とは客(従)),茶室ではときに主が客となり客が主となって賓主こもごもにしていくから和やかな雰囲気が生まれ和を楽しむことができるのであるが,これに関連して,賓主歴然という則(臨済のもとにいた二人の首座が出会い頭に双方から同時に同じように一喝吐き,これを見た僧達が臨済に賓主(勝ち負け)があるかどうかと聞いたところ,臨済は「賓主歴然」と答えた)がある,②劇でいうなら主役とワキ役の関係であり,名優同士が舞台で演技すれば,そのときその場で主となり従となって,少しのわだかまりもなく,活き活きと組んず転ずやっていくから面白いのであり,例えば会社でいうと,建て前からは上司は部下に対して主となり厳としていなければならないが部下をたてて賓となるべきときもなければならないのである,③自・他の関係につき,あらゆる場合を引っくるめてもらさず示したのが臨済の四料揀(ある時は奪人不奪境・ある時は奪境不奪人・ある時は人境倶奪・ある時は人境倶不奪)の則であり,人とは我で境とは彼をいい,実際に人が日常行っている言行もこのどれかに当たるのであって,この四つの理を悟り悟った上で自由自在に用いねばならぬのである,また,四料揀の中の人境倶奪は禅独特の境地で推理推論によって届くところではない,といったことでした。
そしてこれに関連して,①坐禅を極めていくと自己の仏性に気付き(衆生本来仏なり),自他の畔(境目)も切れて,自他のみならず宇宙も引っくるめてぶっ続きの絶対的な唯一無二の仏性に目覚めるに至るが,同時にこれが現象界に現れると賓主・自他・生死・有無・善悪・是非など実に様々に多様化しているのである,②これを自然界についていうと,(前回の輪読部分で述べた)「一樹の春風兩般有り,南枝は暖に向ひ北枝は寒」であり,春風は一味平等に吹き,大自然には憎い可愛いといった気持ちは全くなく,そのままがありのままで自然の摂理で自然法爾であり,しかも南枝も北枝も各枝がそれぞれの立場で仏として輝いているのであって,この見地からすれば,「賓主歴然」の則も前回輪読部分で出てきた「竪起拳頭」の則も同様に体得することができるのであって,この境涯を養っていけば,自分の心を自分で自由自在に自然に使いこなせるようになっていくであろう(「随所に主となれば立処皆真なり(臨済)」)はこの境涯を云ったものである,③こういった境涯を法理としてまとめて漏らさず表現したものが臨済の四料揀であるが,この中で人境倶奪は全てのものを捨て去って自他共に空に徹するという境涯であり(「趙州無字」の則に通じる),これを深めることによって仏性を悟得することができるに至る,といったようなことを話し合って,解散しました。
 次回の今里静座会(宝厳寺の部)は,3/8(木)に宝厳寺で開催いたします(二部構成)。
 奮ってのご参加をお待ちしています。
 よろしくお願いいたします。

      坂本法燈 記
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (77)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.ningenzen.jp/kansai/modules/d3blog/tb.php/442